フォールト トレラント ソリューション

基本概念

フォールト トレラント ソリューションは、そもそもダウンタイムが起きないように防止する設計になっていることで連続可用性を提供すると言われています。

仮想化に伴う課題

クリティカルなアプリケーションを仮想化する場合、サーバ資産を保護する必要があることを理解しておかなければなりません。なぜなら、1 台の仮想化プラットフォームに全てを移動するということは、プラットフォームに障害が発生したら全てを失うということを意味しているからです。これを防止するには様々な施策が考えられますが、アプリケーションごとに 1 台のサーバという複雑な環境を捨てて、1 台の仮想化環境に集約したのにもかかわらず障害復旧メカニズムを複雑にしてしまっては意味がありません。

解決方法

この複雑性を回避する鍵となる方法がフォールト トレラント プラットフォームです。仮想化環境のシンプルな運用と高信頼性を実現して、計画外ダウンタイムをなくし、データ損失を防止します。多くの自動化環境において欠かせない要素であり、IIoT アナリティクスでも重要な役割を果たします。

少なくともファイブ ナイン (99.999%) 以上の可用性を提供するフォールト トレラント ソフトウェアおよびハードウェア ソリューションにすることで、計画外ダウンタイムは年間 2.5 ~ 5.25 分に抑えられます。フォールト トレラント ハードウェアおよびソフトウェア ソリューションの両方が極めて高いレベルの可用性を提供する一方で、トレードオフの関係が存在します。フォールト トレラント サーバは最小限のシステム オーバーヘッドで優れたレベルのパフォーマンスを発揮できますが、フォールト トレラント ソフトウェアはすでに企業に設置されている業界標準サーバで動作します。

復旧は防止とは異なる

ディザスタリカバリをフォールト トレランスと混同してはなりません。ディザスタ リカバリは壊滅的な障害が発生した場合に備えて地理的にシステムを冗長化しておくことを指しますが、ダウンタイムやデータ損失を完全に防ぐわけではありません。実際には、フォールト トレランスとディザスタ リカバリは互いに補い合う関係にあり、同時に導入されることも少なくありません。

ストラタスのアプローチ

ストラタスはフォールト トレランスおよび高可用性ソリューションを過去 30 年にわたって完成させてきました。 ストラタスは、コンピューティングに必要な最高水準の可用性を独自のハードウェアで提供するというアプローチからスタートしました。 そして、分散コンピューティングの普及に合わせて、事業をハードウェアおよびソフトウェア ソリューション スイートに拡大し、フォールト トレランスから高可用性まで、広範囲にわたるレベルの可用性を提供するようになりました。これらのソリューションでは既存のアプリケーションを変更する必要がなく、IT 部門の手を煩わせることなくすばやく簡単に構築できるので、エッジ コンピューティングに最適です。また、お客様のニーズに合わせて、様々なソリューションをご用意しています。