大量取引とマルチチャネル金融サービス業務の可用性とパフォーマンス

今日の金融サービス業界では、グローバルに 24 時間 365 日安定してアクセスでき、可能な限り最高速度で取引できることが求められており、システムのダウンタイムやレイテンシーを許容している時間はまったくありません。ナノ秒単位での処理が要求される取引アプリケーションから、リアルタイム取引の処理が要求されるクレジット/デビット カードの承認まで、どのようなシステムでもごくわずかなダウンタイムがあれば競合他社に追い越され、収益に悪影響を及ぼすことになります。

マイクロ秒で瞬時に行われる取引、グローバルなオンラインバンキング処理、クレジットカード認証と不正検出などが常に行われている目まぐるしい今日の世界において、システムダウンは決して許されません。

リテール バンキング、コーポレート バンキング、資本市場の全てにおいて、アプリケーションの「always-on = 常に止まらない」可用性を保証

ダウンタイムの防止、最小限の処理レイテンシー、安定の高パフォーマンスこそが、世界中の金融サービス企業でストラタスが採用されている理由です。

ストラタスの連続可用性ソリューションで可能なこと:

  • 標準オペレーティング システムで動作する処理、トランザクション、管理用のアプリケーションを、「always-on」の可用性で保護
  • 潜在的な問題を検出し、問題が発生する前にプロアクティブに対応することにより、ダウンタイムから回復するのではなく、ダウンタイム自体を防止
  • ネットワーク I/O レイテンシー、帯域幅、およびメッセージ レートを改善し、処理を高速化

アプリケーションやネットワークに変更を加えることなく、CPU 使用率を低減します。

金融サービス 関連情報

All
Edge
IIoT
アプリケーション可用性
ダウンタイムのコスト
フォールト トレラント
仮想化
高可用性