ビルディング オートメーション システムの連続稼動を支える安心のソリューション

建物の効率を改善してコストを抑え、環境保全の必要性が高まる中、ビルディング オートメーション システムが注目されています。結果として、様々なシステムが洗練されており、さらに、冷暖房、照明、警報システム、アクセス制御などの機能をシステムに統合することにより全体の効率を上げるための需要が高まっています。これらのシステムの制御が緊密に連携するようになると、システムはよりクリティカルになり、ダウンタイムを発生させない連続可用性がますます求められることになります。たとえ短時間のダウンタイムであっても、ビルディング オートメーション システムがオフラインになると、システムが停止した時間よりもずっと長くビジネスが中断することになり、企業全体の損失につながります。

ビルディング オートメーションに関連したシステムを担当するプロパティ マネージャ、ファシリティ マネージャ、メンテナンス スーパーバイザは、24 時間 365 日の連続稼動を担保しなければならないというプレッシャーを抱えています。連続可用性を提供するプラットフォームは絶対条件になりつつあり、限られた予算では、連続可用性ソリューションでアプリケーションをカスタマイズせず、既存の制御システムとシームレスに統合できることが重要です。また、市販のハードウェアおよびソフトウェア システムが使用可能で、将来的な拡張を見据えた高い柔軟性があること、そして問題を未然に防ぐための自動監視および診断の機能が完備されていることも必要です。懸念があればすぐに対応してくれるエキスパートに問い合わせができるという点も欠かせません。

ストラタスは連続可用性ソリューションの提供において確かな実績を上げています。高コスト パフォーマンスで導入しやすいだけでなく、市販のハードウェアを使用してカスタマイズなしで全てのアプリケーションを実行できる点が高く評価されています。

システム インテグレータ、インストーラ、HVAC スペシャリスト、アプリケーション プロバイダは、あらゆる状況で稼動し続ける堅牢なソリューションをお客様に確実に提供する必要があります。プロジェクトには比較的単純なものから、極めて複雑で入り組んだものまであります。統合ビルディング オートメーションはますますクリティカルなシステムとみなされるようになっており、絶対に障害を発生させないようにするため、さらに複雑さを増してコストが桁違いに跳ね上がり、サポート要件も増えています。これにより、競合他社としのぎを削る環境でビジネス チャンスを獲得しにくくなってしまうだけでなく、予測できない複雑なメンテナンスにより全体の収益性が低下する可能性があります。連続可用性を保証するシンプルでコスト効率の高いソリューションの導入は、全体的なソリューションを最適化する上での鍵となります。

ストラタスの連続可用性ソリューションは、コスト効率が高く、導入しやすい上、市販のハードウェアを使用しており、カスタマイズなしで全てのアプリケーションを実行することができます。これにより、プロジェクトの獲得や、期日と予算を厳守した納品などにおいて、大きな効果を期待できます。

コンサルタントは、ビルディング オートメーション システムをどのように導入するのがベストかをクライアントに説明し、コンペによる業者選定用の文書を作成するなど重要な役割を担います。クライアントの要件が 24 時間 365 日連続稼動するということであれば、連続可用性を担保する適正な仕様は、ソリューションの中のほんの一部とはいえ重要な部分となります。

このセクションでは、コンサルタントの皆様を対象とし、連続可用性の意義、効果的なソリューションに必要な要件とベスト プラクティスについて説明しています。

ストラタスのアプローチ

ストラタスのソリューションは、Tyco Integrated Security、Johnson Controls、Rapiscan Systems などの大手企業で採用されています。コスト効率の高いストラタスのソリューションは、他のソリューションにありがちな複雑性を排除しつつ連続可用性を提供し、各種システムを監視、管理し、完全に接続されたビルディング オートメーション システムを実現します。

スマート ビルディングおよびセキュリティ 関連情報

All
高可用性
アプリケーション可用性
フォールト トレラント
仮想化
IIoT
ダウンタイムのコスト
Edge
Resource Type
  • Case Studies ()
  • パンフレット ()
  • White Papers ()
  • Video ()