上下水道事業において懸念される環境

上下水道事業会社は、人手不足、規制監視の強化、インフラの経年劣化を含む、多くの課題に取り組んでいます。さらに、これらの課題は緊縮予算、水質汚染やクリーンな上水供給などの問題に対する関心の高まりの影に隠れてしまっています。経年劣化した制御システムを最新型のオートメーション インフラに更新することで、すばやい投資回収を実現できるとともに、巨額の投資を行わずに将来のアプリケーション導入に備えられるようになります。

水の提供は公共衛生と安全に関わる問題です。ダウンタイムは許されません。フェイルオーバを要するクラスタ サーバを ftServer にリプレースしたことで、大幅なコスト削減になり、運用全体が簡素化されました。元のシステムに戻りたいと思ったことは一度もありません

ケン・オズボーンピネラス・カウンティ・ユーティリティズ、SCADA スーパーバイザ

システム オートメーションにまつわる独自の課題

上下水道事業の専門家が直面している主な課題は、クリティカル オートメーション システムの障害によって引き起こされる計画外ダウンタイムを排除し、問題が発生した場合は、すばやく正確に診断するということです。手動による運用など時間と費用がかかるプロセスに戻ることは問題外としても、最も困難な課題のひとつに SCADA、HMI、および Historian の制御システムの障害への対応が挙げられます。問題は、原因不明のアプリケーション遅延から、長時間検出されないことが多い明白なアプリケーション障害、そして PC やサーバ ハードウェアの障害まで広範囲にわたります。今日の環境では、データが消失した場合に Historian のタイムラインを再構築して正確なレコードを提供することは規制フレームワークの重要な部分となっています。

複雑性とリスクを減らしつつ連続可用性を維持

上記の課題に対応しつつインフラの近代化を模索する世界の多くの上下水道事業者にとって、ストラタスは重要なソリューション パートナーとなってきました。

ストラタスは、シンプルに運用可能な実績ある最新ソリューションで、高いコスト効率と、上下水道処理施設が求める効率性を備えた「always-on = 常に止まらない」システムを完全に実現します。

仮想化の専門知識、運用システムの知識、ワンダーウェア、GE デジタル、ロックウェル・オートメーションなどの大手プロバイダとの強力なパートナーシップを活かせるだけでなく、IIoT (Industrial Internet of Things: 産業分野のモノのインターネット) により勢いを増している新しい機能 (アナリティクスなど) の重要性の高まりを認識しているため、コスト効率の高いシステムの構築、効率性の向上、今日の経済環境が要求するリターンが可能となります。

水道 / 下水道 関連情報

All
IIoT
アプリケーション可用性
エッジ
ダウンタイムのコスト
フォールト トレラント
仮想化
高可用性
IIoT

エッジからの特報 – ARC インダストリーフォーラム – オーランド 2017 年

シュナイダーエレクトリックのピーター・マーティン博士は、それを「まっさらな瞬間」と呼んでいます。つまり、すべてを白紙に戻してやり直す時期だということです。そして博士はおそらく正しいでしょう。産業オートメーション分野を少なくとも 30 年規定していたモデルと象徴が、試練のときを迎えているのです。...

Continuous Uptime in Water Treatment

水処理システムでの計画外ダウンタイムはどこまでが許容範囲ですか?

今回は、産業オートメーション (IA) のある特定分野の方々のご意見や声を聞くために実施された Twitter 投票に関連するシリーズ第 2 弾です。ここで言及される IA 業界には、石油ガス、食品・飲料、および上下水処理が含まれます。前回述べたとおり、各業界における将来を見据えた組織戦略の理解に関して 32,000 人以上から回答が得られました。...

Disney's Critical Water System

上海ディズニーの美しく重要な水システムの安全をストラタスが担保

魔法のような体験を求めて年間 2,500 万人の入場者が訪れ、安心して楽しめるこのテーマ パークで水質汚染が発生したら、人々の健康にどのような影響がおよぶか想像してみてください。そのため、アジア最大かつ最新のディズニー テーマ パーク、上海ディズニーリゾートでは万全の対策をとり、給水監視制御システムをストラタスの連続可用性ソリューション上で実行しています。...

Virtualization

上下水道の制御システムを近代化するための基盤とは

インフラストラクチャーのアップグレードは時間もコストもかかるプロジェクトですが、近代的なテクノロジーとオートメーションシステムによって大きな改善をもたらすことができます。 SCADAシステム資産は改善の中核をなすものであり、アップグレードによる恩恵を最大限得るためには、予定外のダウンタイムやデータ損失から保護されなければなりません。...