ダウンタイムで発生する実際のコスト

ダウンタイムとは?

ビジネスの運用は、重要な役割を担うアプリケーションで支えられています。そのアプリケーションが停止したらどうなるでしょうか。ビジネスに対する影響はどれほどになるでしょうか。 世界には様々な種類の業界がありますが、全ての業界に共通する見解があります。それは、計画外ダウンタイムのコストは計り知れないということです。では、ダウンタイムのコストはどのように算出されるのでしょうか? それは個々のビジネスによって異なります。

損失の数量化

ダウンタイムのコストは、生産量、データ、信頼、時には人命の喪失で表されます。 ダウンタイムのコストを測定する一般的な方法は、金額への換算です。 システムが停止している間、毎秒、毎分、毎時、毎日、あるいはそれよりも長い期間で発生する経済的な損失はいくらになるのでしょうか。なかなか見当がつかないかもしれません。Aberdeen Group によれば、ダウンタイムのコストは、2014 年から 2016 年までの間に 1 時間当たり平均 26 万ドル上昇しています。

驚くべきことに、定量化できる指標でダウンタイムのコストを管理している企業はほとんどありません。これはほとんどの企業がシステムが実際に停止するまでそのコストを把握していないことを意味していますが、システムが停止してからではコストの発生を防ぐには遅すぎます。

未然の予防がカギ

ダウンタイムのコストを測定する目的は、ダウンタイムの防止にあります。 企業でどのくらいの損失が発生するかを把握できると、どんな種類の予防策を講じる必要があるかが分かるようになります。計画外ダウンタイムが 1 分発生すると莫大な額の損害が発生するということであれば、フォールト トレラント ソリューションを検討する時かもしれません。

ストラタスのアプローチ

お客様の検討にお役立いただくため、ストラタスはオンラインで利用できる ダウンタイム コスト計算ツールをご用意しました。このツールを使えば、お客様のようなプロフェッショナルが企業のダウンタイムによる財務的な影響を完全に把握できます。ぜひご利用ください。ダウンタイムをすばやくお手軽に防止できるはずです。