ztC Edge Systems

Stratus RedundantLinux Release 2.3.0.0 (最新バージョン)

User Documentation

Stratus Redundant Linux Software Upgrade Kit

Stratus Redundant Linux Software Upgrade Instructions

Hardware Documentation

1各言語のドキュメントはメジャー(X.0.0.0)およびマイナー(X.Y.0.0)リリース毎に翻訳されています。

 

Drivers and Tools

Drivers and Tools

クォーラム サービス
クォーラム サービスは、HA または FT で保護された仮想マシン(VM)を実行している 2 つのztC Edge サーバ(物理マシンまたは PM)とは別のサーバ上に作成された、Windows オペレーティングシステムベースのサービスです。クォーラム サーバは、ztC Edge 環境において、特定の障害に対するデータインテグリティの保証および自動再起動機能を提供します。ストラタスは、自動ローカルサイトリカバリ(ALSR)の運用にクォーラム サーバを使用することを強く推奨します。ztC Edge のペアは、0、1、または 2 台のクォーラム サーバーで構成することができます。詳細については、「クォーラム サーバー」を参照してください。

Download the Quorum Service for ztC Edge systems.

ztC Edge SNMP MIB
SNMP(Simple Network Management Protocol)は、アラームの受信、トラップの送信、およびシステムの状態を監視するための標準プロトコルです。SNMPは、階層的に構成された管理情報ベース(MIB)に格納されているシステム定義の情報を利用します。
MIB は、ネットワーク管理システムで監視可能なオブジェクトのデータベースです。Stratus RedundantLinux (SRL) ソフトウェアを実行しているztC Edge システムでは、SNMP を実行している場合、MIB をダウンロードする必要があります。これらのダウンロードにより、SNMP ネットワーク管理ソフトウェアがztC Edge システムの SNMP アラームを解読することができます。
詳細については、ztC Edge の「SNMP」 セクションを参照してください。

ztC Edge MIBのダウンロード

ztC Edge VirtIOドライバーのアップデート
VirtIOドライバーは、VM作成時にゲストに自動的にインストールされます。ただし、システムソフトウェアをアップグレードした後や、P2Vクライアントを使ってVMや物理マシン(PM)をztC Edge システムに移行した後は、VirtIOドライバーをアップデートする必要があります。詳細は「VirtIO ドライバーの更新 (Windows-based VMs )」を参照してください。

最新のVirtIO Driverをダウンロードします。
VirtIO Driverのmd5sumをダウンロードします。

ztC Edge P2V Client for Virtual or Physical Machine Migration
PMまたはVMをネットワーク経由で直接ztC Edge システムに移行するには、移行元のPMまたはVM上でP2Vクライアント(virt-p2v)を起動し、クライアントを使用して、移行元側からのセキュアなネットワーク転送の設定、開始、監視を行います。ztC Edge システムでは、移行が完了するまで設定は必要ありませんが、新しいVMに関連するボリュームが表示され始めると、ztC Edge コンソールの「Volumes」ページで移行が進行していることを確認できます。詳細は、「仮想マシンの作成と移行」を参照してください。

P2Vクライアント(virt-p2v)をダウンロードします。
P2Vクライアント(virt-p2v)のダウンロードmd5sum.


everRun

ドキュメント

Product Downloads

インストール
ソフトウェアのインストール

アップグレード
everRun ソフトウェアのアップグレード

1各言語のドキュメントはメジャー(X.0.0.0)およびマイナー(X.Y.0.0)リリース毎に翻訳されています。

Drivers and Tools

Drivers and Tools

クォーラム サービス
クォーラム サービスは、HA または FT で保護された仮想マシン(VM)を実行している 2 つのeverRun サーバ(物理マシンまたは PM)とは別のサーバ上に作成された、Windows オペレーティングシステムベースのサービスです。クォーラム サーバは、everRun 環境において、データの整合性の保証と特定の障害に対する自動再起動機能を提供します。ストラタスは、特にSplitSiteの運用において、クォーラム サーバーの使用を強く推奨します。everRun PM のペアは、0、1、または 2 台のクォーラム サーバーで構成することができます。詳細については、「クォーラム サーバー」を参照してください。

Download the everRun Quorum Service.

Quick EMUlator (QEMU) Guest Agent
Install the Quick EMUlator (QEMU) guest agent in your Windows-based guest operating system if you want to create application-consistent snapshots of your virtual machine (VM). For details refer to Installing the QEMU Guest.

Download the QEMU Guest Agent.

everRun コマンドラインインターフェース(AVCLI)について
everRun コマンドラインインターフェース(AVCLIと表記)を使って、リモートコンソールからシステムを制御することができます。詳細は、everRun 「コマンドライン・インターフェース・リファレンス」をご参照ください。

Windows avcliクライアントをダウンロードします。
RHEL(64ビット)のavcliクライアントをダウンロードします。
Ubuntu 18.04(64ビット)用のavcliクライアントをダウンロードします。

everRun SNMP MIB
SNMP(Simple Network Management Protocol)は、アラームの受信、トラップの送信、およびシステムの状態を監視するための標準プロトコルです。SNMPは、階層的に構成された管理情報ベース(MIB)に格納されているシステム定義の情報を利用します。
MIBは、ネットワーク管理システムで監視可能なオブジェクトのデータベースです。everRun のソフトウェアでは、SNMP を実行する場合、MIB をダウンロードする必要があります。これらのダウンロードにより、SNMPネットワーク管理ソフトウェアが、everRun システムのSNMPアラームを解読できるようになります。
詳細については、everRun の「SNMP」の項を参照してください。

everRun MIBをダウンロードしてください。

everRun VirtIOドライバーのアップデート
VirtIOドライバーは、VM作成時にゲストに自動的にインストールされます。ただし、システムソフトウェアをアップグレードした後や、P2Vクライアントを使ってVMや物理マシン(PM)をeverRun システムに移行した後は、VirtIOドライバーをアップデートする必要があります。詳細は「VirtIO ドライバーの更新 (Windows-based VMs )」を参照してください。

最新のVirtIO Driverをダウンロードします。
VirtIO Driverのmd5sumをダウンロードします。

everRun Avance またはeverRun MX VM移行用VirtIOドライバー
Windows ベースの VM の場合、Avance またはeverRun MX システムから VM をエクスポートする前に、ゲスト OS に VirtIO ドライバーをインストールする必要があります。VirtIO ドライバーをインストールしないと、インポートされた VM がeverRun システムで起動中にクラッシュします。詳細については、「仮想マシンの作成と移行」を参照してください。移行が完了したら、上記で提供されている最新のVirtIOドライバーにアップデートすることをお勧めします。

VM移行用のVirtIO Driverの実行ファイルをダウンロードします。
VirtIO Driverのmd5sumをダウンロードします。

everRun P2V Client for Virtual or Physical Machine Migration
PMまたはVMをネットワーク経由で直接everRun システムに移行するには、移行元のPMまたはVM上でP2Vクライアント(virt-p2v)を起動し、クライアントを使用して、移行元側からのセキュアなネットワーク転送の設定、開始、監視を行います。everRun システムでは、移行が完了するまで設定は必要ありませんが、新しいVMに関連するボリュームが表示され始めると、everRun Availability ConsoleのVolumesページで移行が進行していることを確認することができます。詳細については、「仮想マシンの作成と移行」を参照してください。

P2Vクライアント(virt-p2v)をダウンロードします。
P2Vクライアント(virt-p2v)のダウンロードmd5sum.


Sightline Assure

everRun Monitor Powered by Sightline Assure

Sightline Assure for ftServer

Sightline Assure のドキュメント

everRun MX

ドキュメント

Product Downloads

Avance

Avance リリース 4.0.0.12

Avance R4.0.0.12 includes support for accessing DOM0, read accessing DOM0 for details.

Review the R4.0 Release Notes prior to install or upgrade for a list of issues addressed by the current release.

ドキュメント

Product Downloads


Drivers and Tools

Stratus Java Certificate
In order to use the Avance UI without seeing warnings about unsigned Java applications, Stratus is providing a certificate for customers to download.  Please visit the following link to download the certificate file which works with Avance r4.0.0:  stratus_cert

The stratus.cer certificate can be installed by using the Java Control Panel (under Programs->Java->Configure Java in Windows).

  1. Go to the security tab, and look for “Manage Certificates…”
  2. Then pull down “Signer CA” as a “Certificate type”.  Note: make sure you select “Signer CA” rather than the default “Trusted Certificates”
  3. Click on the “Import” button.
  4. In the “Files of type:” field, pull down “All Files”.  Note: make sure you update the “Files of type:” field because the default file extensions (.csr and .p12) don’t include .cer.
  5. Select the stratus.cer file from wherever you downloaded it, and click the “open” box in the file menu. This will install the certificate.
  6. Close the windows from the Java Control Panel.
  7. Be sure to restart your browser to have the new certificate take effect.

XenConvert 2.1
Avance users must install XenConvert 2.1 to migrate a VM to Avance from either a Physical server or a Virtual Machine that is on a non-Avance platform. You must install the 32 bit or 64 bit version of this tool on the source machine using the downloadable installers provided here. For details on physical to virtual or virtual to virtual conversion see the Avance P2V, V2V and VM Cloning guide or the Avance Online Help.

Avance Command Line Interface (CLI) Client Downloads for all releases
The Avance Command Line Interface (AVCLI) provides a text-based interface for managing an Avance unit and its associated VMs. The CLI enables the user to write scripts and perform other tasks that can otherwise be done via the Avance Management Console. The CLI enables these tasks to be run from the command line of a Windows, RHEL, or Ubuntu client. Instructions for installing the AVCLI application can be found here.

Avance MIB
A Management Information Base (MIB) is a database of objects that can be monitored by a network management system. With Avance, you will need to download the MIBs if you are running SNMP. These downloads allow your SNMP network management software to decipher SNMP alarms for Avance.

Windows 2000 PV Drivers
Drivers for Windows Server 2000 (required). These drivers enhance the performance of the server instance by implementing optimized Xen specific network, storage, and system drivers.

The PV drivers included in R2.1.3.10 and later releases do not support Windows 2000. Please install these older PV drivers on Windows 2000 VMS.

Avance Linux Kernel RPM Downloads for Avance R2.1.2, R2.1, R2.0.1, R2.0.0 and R1.6.1
Linux kernel RPMs are required for all Linux Virtual Machines. Without the kernel RPMs, network connection will not stay connected during Virtual Machine migrations.

For Linux distributions other than RHEL/Centos 4u4, you will need to install the appropriate kernel RPM from the list below. These RPMs include a minimal set of patches which Avance requires for proper operation.

To apply the kernel RPM to a running Linux VM, click on the file name and save the source or binary packages for the release of Linux you installed. Then install the kernel RPM and restart the VM by typing the following commands:

# rpm -ivh -force kernel_file_name.rpm

# reboot

To install the kernel RPM at the same time you install a Linux VM, add the kernel RPM to a repository and to a kickstart file. Add a command in the following format to the post section of the kickstart file:

rpm -i https://'サーバー名'/'kernel_file_name.rpm'

Note: The ‹server_name› is the full URL path for the repository server

Avance RPM Downloads: