機械装置 OEM メーカー向けのソリューション

進化するスマート製造には次世代の設備が必要

製造業の企業は、急激に高まる生産性向上の必要性に直面しています。しかも、コストを抑えなければなりません。  彼らに必要なのは、実績のあるシステム コンポーネントを装備し、スマート製造用として最適化されたスマート工場でビジネスの成果を得ることです。  それを達成するために、彼らはよりスマートで革新的なソリューションをサプライヤー、つまり OEM メーカー側に求めています。  しかし、設備をよりスマートにするには、単にコンピュータのハードウェアとソフトウェアを追加するだけでは不十分です。  厳しい条件下で厳格なパフォーマンス要件を満たす組み込み型コンピューティング システムを安定稼働させることが必要です。これによって重要なデータと情報の可視化と連続可用性が実現するのです。  これ以上複雑にすることなく、このレベルの可用性と信頼性を既存のシステムに導入するには、どのようにしたらよいでしょうか。

Stratus ztC Edge サーバの出番です。  OT 環境向けに専用設計された ztC Edge は、汎用性に優れ、完全に統合された自律型保護機能を備えた仮想製造業向けコンピューティング プラットフォームで、製造業の生産性を高め、IT の負担を減らし、ダウンタイム リスクを低減させるのに役立ちます。堅牢な 2 つのノード、統合された冗長機能、内蔵仮想化機能、自動復旧、クラウドベースのシステム健全性管理サービスを備えた ztC Edge は、仮想化された産業分野の IoT と制御アプリケーションを、短時間で実現します。ztC Edge は、統合が簡単、管理が簡単、そして修理が簡単です。製造機械のコンピューティング ニーズに Stratus ztC Edge を使用することにより、設計から、開発、デリバリ、運用、品質、セキュリティ、サポートにいたるまで、製品ライフサイクルのあらゆる段階でコストを下げながら、市場投入までの時間を短縮します。

効率の向上

あらかじめ実装された仮想化機能、およびアプリケーションとデータの自律型保護機能を備えた ztC Edge では、製造機械のコンピューティング システムの近代化を簡単に短時間で行えます。ホットスワップ可能な冗長ノードは顧客が簡単に交換できるため、サプライヤーの時間と労力を節約できます。

IT の負担を軽減

ztC Edge には自律的な監視機能と自己保護機能が備えられているため、無人ステーションや、IT リソースの限られた遠隔地での使用に最適です。自己管理型であるため、IT は他の優先事項や付加価値活動に注力する時間を増やすことができます。

ダウンタイム リスクの低減

ztC Edge 仮想化ホスト ソフトウェアは稼働中のシステムで更新できるため (システム再起動は不要)、計画停止を減らすことができます。自律的な監視および自己保護の機能により、計画外ダウンタイムも低減できます。