ミッション クリティカルな業務をクラウドで簡単にサポート

過去 10 年にわたり、コンピューティングの大部分はクラウド アーキテクチャ向けに開発され、移行されてきました。パブリック クラウド プロバイダーがマインドシェアとワークロードを大量に集めている一方で、クラウド コンピューティングそのものが、アプリケーションを開発、実装、管理する新しい方法としてのアーキテクチャのトレンドとなっています。そのため、パブリック クラウドで実装するのか、独自のハイブリッド クラウド アーキテクチャを管理するのかに関わらず、ビジネス クリティカルなアプリケーションを支え続けなければならないという状況は変わりません。

クラウド コンピューティングの可用性の実現は意外と難しい

多くのビジネス クリティカルなアプリケーションがクラウドで運用される一方、全体的なアプローチにおいてはいくつかの欠点があります。たとえば、現在のクラウドは、一般に市販のクラスタリング ソリューションや VM 移行ソリューションを使用しています。これらの機能はアプリケーションの損失を十分に保護しておらず、管理も複雑になりがちです。このような可用性アプローチでは、アプリケーション サービス チェーン全体ではなく、個別の仮想化されたアプリケーションを中心に対処するため、追加のコーディングや設定が必要になることもあります。

さらに、クラウドはコモディティ化したハードウェアおよびソフトウェアで設計されているため、監視活動のほとんどはクラウド監視ソフトウェアに任せっきりになっています。つまり、問題が発生した場合はシステム停止から管理ソフトウェアが問題を検知し是正プロセスを開始するまで相当なタイム ラグが生じることを意味しています。

このような欠点はミッション クリティカルな業務にとっては望ましくないため、一般にはアプリケーションを修正または再構築してこれらの課題に対処しています。これには専門的な開発作業が必要で、場合によってはアプリケーションを特定のクラウド構築環境用に作成することが求められます。この状況では、構築にかかるコストが、節約できる費用をすぐに上回ってしまいます。

クラウドの問題を効率よく解決する方法

ストラタスはまったく異なるアプローチを採用しています。ストラタスのサーバは特殊なソフトウェアや構成を用いることなく最高レベルの可用性を提供します。ストラタスの ftServer システムはハードウェア層を冗長化していながら、VMware や KVM など全ての代表的なハイブリッド クラウド ハイパーバイザに対応しているため、これが可能なのです。さらに、ftServer はハイブリッド クラウド管理ツールでは通常のサーバ プラットフォームのように扱われます。

要するに、ハイブリッド クラウド環境でシンプルなプラグ アンド プレイ方式によりビジネス クリティカルな機能を余分な工数なしで追加できる、ということです。

主なメリット

クラウド対応ハイパーバイザ

  • Red Hat Enterprise Linux および KVM のサポート
  • VSphere および ESX のサポート

アプリケーション透過性

  • 変更なしでアプリケーションをフォールト トレラントに
  • ハイブリッド クラウド マネージャからの導入でフォールト トレラントに

シンプルな管理

  • 他の Intel ベースのサーバと同様に管理
  • その他のハイブリッド クラウド管理ツールでも管理可能

特長や機能の詳細については、こちらをご覧ください。