ネットワーク機能仮想化(NFV)は、仮想化とクラウド技術が企業のサーバーの世界を変革したのと同じように、ネットワークの世界に効率性、コスト削減、柔軟性をもたらしています。

しかし、通信事業者にとって、信頼性と可用性は譲れないものです。通信業界では、5ナイン(99.999%)のネットワーク可用性がベンチマークとなっています。通信会社の評判は、確実に通話を接続し、データを転送できるかどうかにかかっています。ネットワークがダウンすると、ほんの数秒でも何百万人もの人が影響を受ける可能性があります。システム障害は、通信事業者の収益の損失につながるだけでなく、その評判に深刻なダメージを与え、場合によっては人命が危険にさらされる可能性があります。ストラタスの電気通信向け高可用性ソリューションは、最良の選択肢です。

プライベートでハイブリッドな OpenStack ベースのソリューションであるストラタスの通信事業者および通信インフラ向けクラウドソリューションは、ソフトウェアで定義された、完全に自動化された、選択可能なレベルのクラウドワークロードに対する回復力を提供します。従来のフォールトトレランスのアプローチでは、リソースの重複やトリプリケートが必要となり、利用率がそれぞれ 50% または 33% に制限され、結果的にコストが高くなるのとは異なり、当社のソフトウェア定義可用性 (SDA) は、当社独自の StatePoint™ テクノロジーに基づく仮想化された復元力を使用して、リソースの利用率を 80% から 90% まで劇的に向上させることを可能にします。

ストラタスの通信事業者向けクラウドソリューションは、ネットワーク機能仮想化、ソフトウェア定義ネットワーク、IPマルチメディアサブシステム、LTE、WiFiを含む新しいコンバージドIPネットワーク向けに必要とされています。ネットワーク機能だけでなく、通信事業者が競争力のあるクラウド提案やビッグデータ分析を提供するためのプラットフォームを提供し、貴重な新たな収益源を切り開く可能性があります。

テレコミュニケーション ストラタステクノロジー

 主なメリット

以下の方法でCAPEXとOPEXを最小化します。

  • 従来のフォールトトレラントアーキテクチャでは50%以下だったリソース利用率を、インテリジェントなソフトウェアベースのフォールトトレランスでは80%以上にまで高めました。それに要するリソースコストはわずかなものでした。
  • COTS(Commercial-Off-The-Shelf)ハードウェアおよびオープンソースソフトウェア(KVMおよびOpenStack)
  • ヒューマンエラーや複雑さを軽減する自動展開と管理
  • 展開を数日から数分に短縮するビジネスセルフサービス

完全にステートフルな回復力と可用性を備えた透過的なサービス継続性により、コードを変更することなくアプリケーションを利用可能にします。

サポートする1つのクラウドソリューションでROIを最適化。

  • 選択可能な可用性レベルを持つすべてのアプリケーションの展開と管理
  • NFV、SDN、IMS、その他のアプリケーションのオープンで標準ベースのマルチベンダーサポート

ストラタスのクラウドソリューションは、可用性サービスとワークロードサービスの2つの製品で構成されています。以下の図を参照してください。

アベイラビリティサービスは、ミッションクリティカルなワークロードのためのステートフルな継続的可用性と、比較的重要性の低いワークロードのための他の可用性レベルのオプションを実現することを可能にします。透過的な可用性サービスのための拡張機能を追加したKVMハイパーバイザを活用しています。

ワークロードサービスは、OpenStackベースのクラウド内のすべてのワークロードタイプに対して、高速、簡単、効率的なデプロイと管理を可能にします。Heatやその他の標準的なOpenStackサービスを活用したインテリジェントでダイナミックなワークロード管理を提供し、アプリケーションごとに選択可能なレベルの回復力と可用性を備えた、すべての仮想化アプリケーションとクラウドアプリケーションの迅速なデプロイと管理を実現します。

通信リソース

リソースセンター