IIoT 変革の時代

メーカーから電力会社まで、産業分野のさまざまな企業に変革をもたらす可能性を秘めたスマート製造業において、生産バリュー チェーン全体から大量のデータを収集、分析し、そのデータを活用してリアルタイムかつ予測的にプロセスを最適化する能力が主な原動力のひとつとなっています。

今日のデータの世界では、アナリティクスや IIoT でリアルタイムにデータ処理を行うことが不可欠です。つまり、意思決定や最適な運用を行うには、エッジにおいて 100% の可用性が絶対に必要なのです。そのためには、事後ではなく、最初から対応しておく必要があります。自律型システムとして人的介在なしで問題を特定して修正できなければなりません。加えて、全ての「モノ」が相互に接続し、連携するようになると、標準化の必要性が増してきます。

ほとんどの事業会社にとって IIoT への道のりは、進化の過程をたどる旅のようなものです。ビッグデータを活用する次世代のインテリジェント オートメーションの扉を開ける前に、最先端の基盤を構築することが求められます。つまり、既存の運用技術の詳細を十分に把握するということです。

最新型のインフラを導入すれば、信頼性や管理性の面ですぐに大きな効果が得られ、将来の変化にも対応できる堅牢なプラットフォームが構築され、企業の IIoT 戦略の基盤ができることになります。

システムの複雑性を排除すると同時にシンプルな運用を実現する連続可用性ソリューションは、スマート マニュファクチャリングにとって必要条件だった」と ARC アドバイザリー グループのバイス プレジデント、クレイグ・レズニック氏は言います。「工業系の企業は、進化しながら伸縮する人員が最小限のトレーニングと経験で連続可用性の業務上のメリットを最大限に活用できる収束自律環境で、IIoT、ビッグデータ、アナリティクス、エッジ、クラウドなどのテクノロジーをシームレスにデプロイできるナレッジベースのソリューションを必要としています。」

クレイグ・レズニックバイス プレジデント、ARC アドバイザリー グループ

ストラタスは、IIoT の活用を求める企業に複雑性を排除した実績がある可用性ソリューションを提供します。ストラタスは、相互接続された環境全体でのフォールト トレラントな可用性、シンプルな運用、パフォーマンス分析を活かし、計画外ダウンタイムを発生させず、将来の変化にも柔軟に対応可能な自律型のクリティカル インフラを提供し、莫大な損害や評判の失墜を防ぎます。

「接続された企業を目指す顧客ジャーニーの支援において、ロックウェル・オートメーションの PartnerNetwork が不可欠ですが、ストラタスは 2006 年以降エンコンパス プロダクト紹介プログラムで積極的に活動しています」とロックウェル・オートメーションのエンコンパス プロダクト紹介プログラムのマネージャ、ポーラ・ボグナー氏は言います。「IIoT を目指すイノベーションは、メーカーが今日直面するニーズの変化に対応するための大きな 1 歩となります。ストラタスの IIoT 向け Always-On インフラストラクチャーなどの仮想化ソリューションは、柔軟な接続と信頼性の高い情報共有により工場から企業までスケーラビリティを提供できます」

ポーラ・ボグナーロックウェル・オートメーション、Encompass 製品紹介プログラム担当マネージャ

ストラタスは上下水道事業、ガス、ライフ サイエンス、食品/飲料業界で最高レベルの可用性を提供する際の『頼りになる』パートナーです」とオートマ・テック社の社長、トム・シラー氏は言います。「これらの顧客は 24 時間 365 日稼働する必要があり、1 分間のダウンタイムも許されません。ストラタスのシステムは信頼性が高く、顧客の多くは同じシステムを 5 年から 10 年続けて運用しています。この点、および仮想環境の複雑性を減らすことは、産業オートメーションが IIoT に向けて進化するにつれ、ますます重要性を帯びるようになります。

トム・シラーオートマ・テック、社長

IIoT 関連情報