限られた人員で重要なインフラの可用性を維持

企業の成長につれ、IT インフラが拡大するとともに、潜在的に障害をもたらすポイントも増加しますが、ネットワークの終端ほど恐ろしいものはありません。多くの企業にとって、機械の 24 時間無人運用であれ、拡大するユーザーのネットワークであれ、ネットワークの終端つまり「エッジ」で最も重要な処理が行われており、そのニーズはますます増大しています。ほとんどの場合、計画通りにすべての業務が実行されることを確認する役割を担う IT インフラ担当スタッフはごくわずかしかいません。このいわゆるエッジ コンピューティングにより、製造、輸配送および通信などの分野で多くの課題が突きつけられています。その中でも最大のものは、重要業務を実行するためにアプリケーション(およびサーバー)を常に利用できる状態にしておくという課題です。

エッジ コンピューティングが必要とする処理能力

IT インフラ全体で検討すべき可用性のレベルはさまざまですが、エッジ コンピューティングでは、最高水準の高可用性ソリューションと、フォールト トレラント ソリューションの導入が最善の結果を得られる唯一の方法です。エッジ コンピューティングでは複数レベルの処理が必要になります。企業の業務の多くはデータセンターに近接しているため、つまり直接接続しているために機能し、柔軟性が保たれています。一方で、終端で実行しているアプリケーションは必ずしもデータセンターの計算能力や信頼性を活用できるわけではなく、期待される業務効率の実現に必要なデータ一貫性の確保、情報の分析、提案の通知ができるわけでもありません。エッジ コンピューティングを支えるソリューションでは、単に業務遂行のための処理能力を有するだけでなく、処理全体の改善に向けたデータ分析ができることが大切です。正しいエッジ コンピューティングの導入計画によって、ネットワーク間のデータ移転を少なく抑え、障害のボトルネックを減らし、インフラの負荷分散が可能になるので、ネットワークのエッジにおいてより強力な処理能力を発揮できるようになります。

エッジ コンピューティングの IT 簡素化

さらに、通常、エッジ コンピューティングで処理する業務の管理を担当するスタッフは(もしいればの話ですが)必ずしもシステム障害を修復するのに必要な専門スキルを持ち合わせていません。そのため、クリティカルなアプリケーションが稼動するサーバを冗長化することで、ビジネス継続性を担保する必要があります。ほとんどの企業はある程度の障害復旧計画を導入していますが、エッジ コンピューティングの復旧は考慮されていないかもしれません。

ストラタスが実現するエッジ コンピューティング アプリケーションの可用性

ストラタスは可用性分野におけるリーディング カンパニーです。他に先駆けて常時稼動(Always-On)を実現するソリューションを開発してきました。

ストラタスの最新ソリューション、ztC Edge はエッジのために特に開発されました。このソリューションは仮想化され、完全に統合された、自己保護型の産業用コンピューティング システムで、30 分未満で設定を完了できます。このエッジ サーバーは完全に仮想化され、自己モニタリング機能を搭載しており、生産現場でも使える堅牢さを備えながら、デプロイ、メンテナンスにほとんど、あるいは全く IT リソースを必要としません。最大 3 つの仮想マシンを管理でき、そのそれぞれで異なる産業用または IIoT アプリケーションを実行できるほか、クラウド ベースの自己モニタリング サービスを備えているため、ビジネス クリティカルな産業アプリケーションの可用性を、シームレスかつコスト効果よく実現できます。