限られた人員で重要なインフラの可用性を維持

企業の成長に伴い IT インフラが拡大し、障害発生のリスクがも増えていきますが、ネットワークの端ほどクリティカルな局所はありません。 24 時間無人でシステム運用し、大量のデータ処理に向けてユーザ ネットワークを拡大しても、最も重要な処理が行われているのがネットワークの端、つまり「エッジ」です。 ほとんどの場合、インフラのこの部分には、計画通りに全ての業務が実行されていることを確認する IT 専任者はごくわずかしかいません。 いわゆるエッジ コンピューティングでは、製造、輸配送およびテレコムなどの分野にて多くの課題が突きつけられています。 最大の課題となるのが、重要業務を実行するためにアプリケーション (およびサーバ) を常に利用できる状態にしておくという点です。

エッジ コンピューティングが必要とする処理能力

IT インフラ全体で検討すべき多様なレベルの可用性がありますが、エッジ コンピューティングでは、最高水準の高可用性ソリューションと、フォールト トレラント ソリューションの導入が最善の結果を得られる唯一の方法です。 エッジ コンピューティングでは複数レベルの処理が必要になります。 通常多くの業務がデータセンター付近で行われ、つまり直接接続して柔軟性が保たれています。一方で、エッジで実行されているアプリケーションは必ずしもデータセンターの処理能力や信頼性を活用できるわけではないので、期待される業務効率の実現に向けて必要なデータの保全性の確保、情報の分析、提案の提供ができるとは限りません。 エッジ コンピューティングを支えるソリューションでは、単に業務遂行のための処理能力を有するだけでなく、処理全体の改善に向けたデータ分析ができることが大切です。 正しいエッジ コンピューティングの導入計画によって、ネットワーク間のデータ移転を少なく抑え、障害のボトルネックを減らし、インフラの負荷分散が可能になるので、ネットワークのエッジにおいてより強力な処理能力を発揮できるようになります。

エッジ コンピューティングの業務をシンプルに

通常、エッジ コンピューティングでの処理業務を担当するスタッフは必ずしもシステム障害を修復するのに必要な専門スキルを持っているとは限りません。 そのため、クリティカルなアプリケーションが稼動するサーバを冗長化することで、ビジネス継続性を担保する必要があります。 ほとんどの企業はある程度の障害復旧計画を導入していますが、エッジ コンピューティングの復旧は考慮されていないかもしれません。

ストラタスが実現するエッジ コンピューティング アプリケーションの可用性

ストラタスは可用性分野におけるリーディング カンパニーです。 他社に先駆けて常時稼動 (always-on) を実現したソリューションを開発してきました。 ストラタスの ftServer® システムは、重要なビジネス アプリケーションとサービスにおけるダウンタイムとデータ損失を未然に防ぎます。 一般的な高可用性/仮想化ソフトウェア ソリューションの構築管理につきものの複雑性や高いコスト発生を回避できます。 ストラタスの everRun は IA サーバに対応したダウンタイムを未然に防止するソフトウェア FT 製品です。 メインフレームと同様の可用性で Windows と Linux 環境におけるアプリケーションの稼動を維持し、ビジネス継続性とデータの保全性を担保します。Enterprise はフォールトトレランスを提供し、Express は高可用性を提供します。 無停止サーバを必要とし、独自の最強ソリューションをお求めのお客様へ、ストラタスはエッジ コンピューティングの可用性を実現させます。