生産性と収益性の向上

今日の食品・飲料メーカー工場では、オートメーションの運用管理において、極めて厳しい基準を満たし、それを維持していかなければなりません。また、価格を抑え、食品の安全を維持しつつ、栄養、味、そして信頼性を向上させなければならないというプレッシャーを常に抱えています。効率性の向上、コスト削減、品質確保のバランスを図ることが成功に至るカギです。

https://www.youtube.com/watch?v=ceNO6YHCrf8

トモエ乳業株式会社の Stratus ftServer 導入事例

生産ラインに連続可用性をもたらすシステム

「always-on = 常に止まらない」の可用性は不可欠

コストを減らし、無駄を省き、価格を抑えながらこれらの基準を満たすオートメーションは優れたソリューションになります。しかし、これらの施設で問題が発生すると、壊滅的な打撃を被る可能性があります。ダウンタイムは効率を低下させるだけでなく、最悪の場合、消費者の健康に被害を及ぼす品質への影響や、ブランドの信頼性を毀損する結果につながりかねません。多くの食品・飲料メーカーは複数のサイトで SCADA や Historian などのクリティカル アプリケーションを従来型のサーバで実行しており、これらの問題を解決できずにいました。このアプローチではダウンタイムの問題は解消されず、スケーラビリティもありません。システムに障害が発生すると、たとえ短時間であっても、業績に影響が及びます。

食品・飲料業界に特化した障害防止ソリューション

現在はダウンタイムを防止するシステムのおかげで、食品・飲料製造システムの円滑な運用が可能となっています。ストラタスは食品・飲料業界で「always-on」を完全に実現する、信頼性の高い実績ある新型ソリューションです。運用がシンプルでコスト効率が高く、今日の食品・飲料メーカーに求められている可用性を提供します。

ストラタスのテクノロジーはデータセンターやエッジで計画外ダウンタイムの発生をプロアクティブに防止し、弊社のサービスであらゆる問題に事前に対処してしまうため、顧客が問題に気づくことはありません。ストラタスは、シンプルに運用できる連続可用性システムを求めていた Fortune 500 のグローバル企業や世界中の様々な業界の中小企業に、35 年以上にわたりご利用いただいています。

飲料・ 食品 関連情報

All
Edge
IIoT
アプリケーション可用性
ダウンタイムのコスト
フォールト トレラント
仮想化
高可用性