ストラタス・テクノロジーズの新しい調査によると、IT アプリケーションの 4 分の 3 は典型的な計画外ダウンタイムのインシデントに耐えられません。

IT の意思決定者は、予定外のダウンタイムによる数百万ドルの損失を回避するために、耐障害性の高いソリューションに注目しています。

マサチューセッツ州メイナード、2016年12月13日 - ストラタス・テクノロジーズ(Stratus Technologies, Inc.は本日、継続的可用性ソリューションのリーディングプロバイダであるストラタス・テクノロジーズ(Stratus Technologies, Inc.は、「高可用性と耐障害性の高いインフラストラクチャに関する考察調査」の結果を明らかにしました。ストラタスが委託を受け、業界調査会社Enterprise Strategy Group(ESG)が実施したこの調査は、アプリケーションのダウンタイム、リカバリ時間の目標、仮想化の利用、高可用性とフォールトトレラントな可用性ソリューションなどのトピックについて、北米および西ヨーロッパの250人以上のIT意思決定者の視点を調査したものです。

調査の結果、大多数の本番サーバーやサービスは、平均的な計画外ダウンタイムのインシデントの長さに耐えられるように設計されていないことが明らかになり、87分という報告がありました。重要なビジネスアプリケーションを使用している組織にとって、計画外のダウンタイムが 1 分ごとに発生すると、収益の損失からサービスレベル契約 (SLA) の不履行、ブランドの評判の低下まで、企業に深刻な影響を及ぼす可能性があります。53%のアプリケーションが15分以上のダウンタイムに対応できないにもかかわらず、ダウンタイム・インシデントの80%が15分以上続くと報告されていることを考えると、このことはさらに問題となります。

さらに、回答者の71%が、自社ではダウンタイムのコストに関連した定量化された指標を用いてダウンタイムを追跡していないことを認めています。これは、大多数の企業が実際にインシデントが発生するまでダウンタイムのコストを把握していないことを意味していますが、その時には準備ができていないということです。このようなリスクへの曝露は、CIOやCOOにとって継続的な関心事であり、より多くのIT意思決定者がフォールトトレラントや高可用性ソリューションの導入を検討している主な理由となっています。実際、回答者の38%が、今後24ヶ月以内に常時稼働型インフラストラクチャで保護された本番プラットフォームの数を増やす予定であると回答しています。

"予定外のダウンタイムは、今日の IT システムにおける巨大な脆弱性であり続けており、驚くべきことに、大多数の企業はダウンタイムのコストを定量化して追跡することすらできていません。ストラタステクノロジーズのビジネスラインマネジメント担当バイスプレジデントであるジェイソン・アンダーセン氏は次のように述べています。"高可用性と耐障害性を備えたインフラストラクチャは、このようなリスクを確実に排除するものです。産業用モノのインターネット技術を含むエッジベースのシステムの採用が進むにつれ、ダウンタイムに関連するコストとリスクは今後も上昇傾向にあると考えています。

重要な発見

ITアプリケーションの大半は、平均的なダウンタイム・インシデントに耐えられません。

  • 72%のアプリケーションは60分以上のダウンタイムを想定しておらず、平均的なダウンタイムの長さである87分を大きく下回っています。
  • 53%のアプリケーションは15分以上のダウンタイムを想定していないが、80%のダウンタイムインシデントは15分以上続く

ITの意思決定者は、ダウンタイムのコストを知るには手遅れになるまで準備する必要がありますが、そのコストのために耐障害性の高いインフラストラクチャを検討する企業も増えています。

  • 回答者の71%がダウンタイムを追跡しておらず、組織にとってのコストを定量的に測定していません。
  • 47%が、フォールトトレラントまたは高可用性ソリューションの採用を検討する際に、ダウンタイムのビジネスへの影響が主なコストの正当化理由であると回答しています。
  • 回答者の38%が、今後24ヶ月以内に耐障害性の高いインフラストラクチャでカバーされている生産プラットフォームの割合が増加すると予想しています。

仮想化された環境でアプリケーションの可用性を確保するには、まだまだ課題が山積しています。

  • 回答者の84%が、仮想化環境でアプリケーションの可用性を確保する際に、1つ以上の課題を経験している
  • 約50%のIT意思決定者は、今後2年間に可用性技術の対象となる仮想マシンの数を増やすことを予想していません。

調査範囲と人口統計

  • 北米および西ヨーロッパのITまたはOTプラットフォーム向け高可用性ソリューションの購入または管理に携わる250人のIT意思決定者からのオンライン調査の回答
  • ストラタスの顧客2名を含む北米のIT意思決定者7名との綿密な電話インタビュー
  • 回答者の業種は、金融、製造、政府、ヘルスケア、小売など多岐にわたっています。
  • 回答者は、職責、企業規模、業種、自社の事業継続・仮想化環境への精通度に応じて自分自身を識別しています。
  • 調査は、エンタープライズ戦略グループが2016年6月~9月に実施した

Additional Resources

調査結果からストラタスの認識を強調したブログ記事を読む

ストラタステクノロジーについて

ストラタス・テクノロジーは、今日の常時稼働の世界でアプリケーションを継続的に稼働させるためのインフラストラクチャベースのソリューションを提供するリーディング・プロバイダです。ストラタスは、企業のサーバーからクラウドまで、アプリケーションに変更を加えることなく、常時稼働のインフラストラクチャを迅速に展開することを可能にします。ストラタスの柔軟なソリューション(ソフトウェア、プラットフォーム、サービス)は、ダウンタイムが発生する前にダウンタイムを防止し、重要な業務のパフォーマンスを継続的に確保します。詳細については、www.stratus.com をご覧いただくか、Twitter の @StratusAlwaysOn をフォローしてください。

Stratus および Stratus ロゴは、Stratus Technologies Bermuda Ltd. の商標または登録商標です。その他のすべてのマークは、それぞれの所有者に帰属します。

メディア連絡先

サリー・ベイト
コーポレート&マーケティング・コミュニケーション ディレクター
+1 978-461-7518
sally.bate@stratus.com