仮想化とは

仮想化とは、通常ハードウェアに結び付けられたプロセスを仮想インスタンスに移行させることを指します。

仮想化されたアプリケーションに最大の信頼性を確保

仮想化が主流になるにつれて、仮想マシンのワークロードがビジネスにとって非常に重要な割合を占めるようになっています。現在企業は、Tier-1 アプリケーションを仮想化し、クラウド インフラの設計を IT 戦略に含めようとしています。

IT インフラを仮想化するというこの動きは、次のような社会の傾向によってますます広がりを見せています。

職場の自動化 – 物流管理システムビルディング オートメーションおよびセキュリティ システムなど、従来人間によって行われていた繰り返しのプロセスを抱える産業は、自動化プロセスを導入して効率性を向上させています。自動化を導入する企業や産業が増えるとともに、サーバの可用性の重要性も増しています。

セルフサービス型のアプリケーション – オンライン ショッピングは消費者に急速に浸透しました。 2012 年における米国の e コマースの売上は 2890 億ドルに上り、2016 年には 3619 億ドルに達すると予測されていました。 サーバーを用意すると、人間の介入なしに、何百人あるいは何千人もの消費者がセルフサービス式のアプリケーションを使用できるため、ビジネスに対するメリットは大きなものとなります。ただし、これらのサーバーがダウンすると、ビジネスが停止し、顧客の満足度が低下し、バイヤーは他のサイトへと移動してしまいます。

モバイル デバイスのためのユビキタス接続 – 社員が社外で仕事をするために、また、消費者が必要な情報にアクセスするために、外出先でのデータへのアクセスやコンピューティングなどが必要となります。

社員や消費者がテクノロジーに慣れ、企業が全てのプロセスを最大限に活用するために仮想化を採用すると、いずれかのサーバーで可用性の問題が生じた場合のリスクが発生します。つまり、サーバーのダウンタイムを防止すれば、会社と消費者の時間とお金を節約できることになります。 たとえ短時間のダウンタイムでも、その回復は「always-on」の世界ではコストが高つくことになってしまいます。 仮想化を採用すると、これまでとは比べものにならないほど安定した信頼性が必要になってきます。

十分なスタッフを抱える大企業のデータ センターでも、IT に関する専門知識があまりない中小企業でも、または エッジ コンピューティングに最適な可用性ソリューションをお探しの場合でも、ストラタスではお客様の特定の要件に応える幅広い仮想化ソリューションを用意しています。 ストラタスのソリューションでは、エンタープライズ サーバーからクラウドまで、アプリケーションの変更や特殊な専門知識を必要とすることなく、「always-on」のインフラを短期間で構築できます。ストラタスは、継続的な監視サービスと、「always-on」のハードウェアとソフトウェア、仮想化テクノロジーを統合して、お客様の仮想化に必要な信頼性を実現します。

仮想化リソース

仮想化

Dogfish Head Craft Brewery

Downtime is a costly expense no matter the process, but when it comes to producing a beverage that is distributed across almost all 50 US states, unexpected downtime can have......

IIoT

Dogfish Head Craft Brewery Video Case Study

When Dogfish Head Craft Brewery noticed that the older system they were running on was starting to fail and wouldn’t allow the implementation of new equipment, Liz Stairs, their Process......

IIoT

Malisko with ztC Edge Video Case Study

Malisko Engineering, industry leaders since 1994 in the process worlds that include pharmaceutical and life sciences, process control, specialty chemicals, food and beverage, and many others, utilizes Stratus ftServer. When......

IIoT

Stratus ztC Edge Comparison

The Edge is not a computing environment where clean rooms and IT help are abundantly available. While many companies are looking for ways to modernize automation and expand operations, most......

IIoT

New Kent Video Case Study

New Kent County is responsible for the oversight of water, waste water and reclaimed water for New Kent County. Working closely with E-Merge Systems they built a new SCADA system......

仮想化

Beijing Mentougou District Hospital

Beijing Mentougou District Hospital, the regional medical center in western Beijing, achieves continuous availability of its critical HIS applications with the Stratus ftServer system. Check out these similar case studies......

仮想化

Hangzhou Jiuxi Water Plant

Hangzhou Jiuxi Water Plant, a modern Chinese water treatment facility leveraging the most advanced technology and equipment to support filtration methods, protects its critical SCADA applications against downtime and data......

IIoT

KAYE Instruments Video Case Study

KAYE Instruments Lab Watch Applications is a standard for providing very high accuracy measurement systems used to validate biopharmaceutical processes. The importance of uptime and data integrity led KAYE to......

可用性

ftServer® V-Series 6624 system

The Stratus ftServer V-Series 6624 System delivers continuous availability with high performance in an operationally simple solution for VOS Applications....

可用性

ftServer Vシリーズ2608システム

StratusftServer V-Series 2608 Systemは、VOSアプリケーションの継続的な可用性を実現するために、操作性の高いシンプルなソリューションで高いパフォーマンスを発揮します。....