スマートビルがもたらす信頼性へのニーズの高まり

ビルのインフラに対する環境とセキュリティへの要求がますます複雑化する中、ビルの管理方法を見直す機会が生まれています。今日のビルやキャンパスは、アクセス、環境、ビデオ監視、エネルギー効率など、幅広い制御システムをサポートしています。これらのソリューションは通常、異なるプラットフォーム上でストーブパイプ式に展開されており、この統合の欠如が複雑さ、高コスト、効率性の低下を招いています。

次の時代のスマートビルディングでは、状況が急速に変化しており、それを可能にする3つの技術があります。

IoT (Internet of Things) デバイス - 過去には、カメラ、バッジリーダー、サーモスタットなどのエンドポイントデバイスは、ビル内で独自に開発された高価なものでした。一貫性のある通信規格の採用と相まって、低コストのデバイスが導入されたことで、より多くのデバイスが導入され、システム間の統合が進んでいます。

仮想 - 仮想化とビル技術の統合を妨げてきたものの一つは、各ソリューションに独自のインフラを持たせる必要があったことです。デバイスがIoTベースになった現在では、仮想化によって建物のインフラストラクチャを簡素化し、コストを下げる機会を提供しています。

アナリティクス - 増加するエンドデバイスのデータを分析することで、ビジネスプロセスを変更して効率性を高め、コストを管理することができます。

これら3つの進歩によりスマートビルディングが実現していますが、スマートビルディング技術の真の核となるのは、IoTデバイスのデータを収集し、そのデータをアナリティクスに変換する制御アプリケーションです。さらに、これらの制御アプリケーションは、IoTエンドポイントデバイスを管理し、重要な場所での監査やコンプライアンスを可能にする役割も担っているかもしれません。

強力な基盤インフラの必要性

他のビジネスクリティカルなアプリケーションと同様に、ビルの自動化と制御アプリケーションには、いくつかの特別なニーズがあり、一般的には、最大の効果を発揮するために、強力な基盤となる技術インフラストラクチャが必要です。この基盤には、次のような機能が必要です。

標準ベースの仮想化 - スマートビルのビジョンを実現するためには、複数のベンダーや技術が必要になると予想されます。これは、基盤となるインフラストラクチャが、さまざまなアプリケーションを幅広くサポートし、仮想化に対応している必要があることを意味します。

継続的な可用性 - これらの技術は重要であり、サーバーリソースの共有セットに統合されるため、計画外のダウンタイムはオプションではありません。計画外のダウンタイムのリスクを軽減する方法は数多くありますが、可用性の高い、または耐障害性の高いソリューションは、専門的な開発やスキルを必要とせずに簡単に導入でき、障害発生時のサービスが容易でなければなりません。

全体的なソリューション指向の視点 - スマートビルを運用する上で最も困難な課題の1つは、運用上の問題を理解し、解決することです。仮想化によってシステムの複雑さが大幅に軽減される一方で、デバイスの数や場合によっては仮想サーバーの数は増加します。つまり、スマートビル全体(デバイス、アプリケーション、ハードウェア)をエンド・ツー・エンドで見ることで、問題が発生する前に問題を特定し、防止するという課題を減らすことができます。

ストラタスのアプローチ

ストラタスは、Tyco Integrated Security、Johnson Controls、Rapiscan Systemsなどの大手企業に実績のある選択肢です。スマートビル向けの当社のコスト効率の高い高可用性ソリューションは、他のソリューションのような複雑さを伴わずに、カメラやアクセスコントロールデバイスなどの様々なデバイスを監視・管理する機能を備え、完全に接続されたスマートビルを実現することで、継続的な可用性を実現します。

スマートビルとセキュリティリソース

リソースセンター