石油ガス (ミッドストリーム)

デジタル化によってミッドストリームの課題をビジネス チャンスに変える

信頼性の高いデータを
妥協なしにエッジで実現することが可能です

石油ガス業界のミッドストリーム部門は、需要圧力、環境問題、盗難やサイバーセキュリティの脅威に対処する一方で、オペレーションの継続性、安全性、信頼性、コンプライアンスの確保にも取り組んでいます。デジタル化戦略は、この目標に適ったものであることが必要です。デジタル戦略を綿密に実行すると、資産の信頼性、業務効率、セキュリティ、製品品質、作業の安全性の点で、ミッドストリーム部門のビジネスパフォーマンスが大幅に向上します。

ストラタスは、シンプルで保護された自律的なエッジ コンピューティング プラットフォームを提供することで、ミッドストリームセグメントのインフラストラクチャの信頼性と可用性を向上させ、運用効率を向上させ、あらゆる環境でデータへの継続的なアクセスを保証します。

ストラタスの製品は、重要な成功要因としてデータを位置付けている企業にとって欠かすことのできない強い味方となります。

Request a quote

デジタル化のメリット

高度な分析、ビッグ データ、人工知能を活用することで、中流部門全体に価値がもたらされ、効率性が高まります。
データを活用して、エッジからエンタープライズ、クラウドに至るまでの情報を収集することで、分断し孤立した資産が統合されます。
OT と IT の統合によって、資産が適切に管理されるようになります。

石油ガス分野の製品イノベーションにより、2つのアワードを獲得

カスタマーサクセスストーリー:ftServer Columbia Pipeline Groupにおけるシステムアップタイムの確保

コロンビア パイプライン グループでは、さまざまな業界に天然ガスを輸送するインフラストラクチャの可用性を確保する目的でストラタスのソリューションを利用しています。これには、病院や製造業、家庭などが含まれます。オペレーターに HMI 機能を提供する ftServer は、コンプレッサー ステーションごと(50〜100 マイル間隔)に 1 台設置されています。これにより、オペレーターは職務を遂行し、システム全体のアップタイムを確保して施設を継続的に稼働させることができます。

ケース スタディの動画を見る

ミッドストリーム部門が直面している課題

スケーラビリティ、拡張性、標準化

連続可用性

安全性とセキュリティ

資産の整合性とリソースの管理

インフラストラクチャの老朽化

計画外ダウンタイム

Buckeye Partners社のデジタルトランスフォーメーション

Buckeye Partners社のAngel Matos氏は、最近開催されたROKLiveイベントで「Digital Transformation of Terminal and Pipeline Operations」のプレゼンテーションを行いました。Buckeye Partners社のデジタルトランスフォーメーションの目的は、新しいアプリケーションの導入と管理を容易にし、業務効率を高めることでした。バックアイ社は、環境問題からPCの故障が頻発していたため、在庫管理と発券に特化したTOPTECH Systems社のTMS6ソフトウェアのサポートをストラタスに依頼しました。

フル動画を見る

概要ビデオ

石油ガス業界向けエッジ コンピューティング プラットフォーム

デジタル化とは、収益の増加と価値創出機会の特定のために、SCADA、HMI、エッジ コンピューティング、データ、分析、人工知能などの先端デジタル テクノロジーとその改善を役立てることです。信頼性の向上とダウンタイムの短縮を実現できるかどうかは、これらのアプリケーションを展開するプラットフォームにかかっています。ここで力を発揮するのがストラタスです。

ストラタスがミッドストリーム部門にもたらすメリット

シンプル

管理のしやすさ - ストラタス製プラットフォームへのソリューションの導入は、複数のインスタンスがある場合は特に、アプリケーションのイメージをインストールするのと同様に簡単に行えます。現場での IT サポートは不要です。このことは、ソリューションの置かれた物理的な場所が過酷な遠隔地にある場合に特に重要となります。
コミッショニング時間の短縮 - ミッドストリーム部門向けアプリケーションが完成し、テストされ、実行の準備ができたら、ストラタスのエッジ コンピューティング プラットフォームを環境内に簡単かつ迅速にインストールできます。FAT と SAT は、一般的な産業用コンピューターやサーバーを使用する場合よりも、ストラタス製プラットフォームを使用してより短時間で完了できます。

保護

産業用グレードで本質的に安全 - エッジに設置される中流ソリューションは、遠隔地や過酷な場所に設置されています。このような場所では、故障しない信頼性の高いプラットフォームが必要となります。StratusztC Edge は、壁または DIN レールに取り付け可能なコンパクトなファンレス構成を採用しており、定格は -40 ~ 60℃、湿度 10 ~ 95%、振動数は 5 ~ 500 Hz です。衝撃:50G、11ms(IEC 60068-2-27)、クラス I ディビジョン 2(CID2)認定。
セキュリティの強化 - ミッドストリーム部門にとって重大な懸念事項は、サイバーセキュリティと知的財産の盗難です。ストラタスは、ホストベースのファイアウォールを使用してブラックリストまたはホワイトリスクを作成し、USB ポートを制限してマルウェアの拡散を防ぎます。

自律型

可視性の向上 - SSD、アプリケーションとゲスト OS、OPC UA サポートの監視により、これらの診断情報をアプリケーションにシームレスに組み込むことが可能です。
システムの健全性とサポート – 24 時間 365 日の健全性の監視、しきい値の設定とアラートの受信、ログの確認、予測的な障害分析の実行、パッチの自動更新と管理によって、ソリューション全体の信頼性を高めることができます。
遠隔管理とリモート サービス – ストラタスは、マルチノード導入からマルチサイト導入まで、コスト パフォーマンスと効率性に優れた方法でミッドストリーム部門の資産管理を支援します。ストラタス製プラットフォームは、ストラタスで管理するあらゆる資産のインベントリを作成し、プラットフォームをすべて検出して、各ノードのステータス、健全性、構成、内容を判定します。自律型の監視環境は、ソフトウェアのパッチと更新を特定してリリースし、個々の機械装置をバックアップしてリストアし、障害発生と障害からの復旧を予測します。

ストラタスパートナーからの信頼

インフラストラクチャの信頼性と可用性の向上をご希望ですか?

エッジ コンピューティング プロフェッショナルにご相談ください

Stratus ztC Edge プラットフォームの詳細情報

訪問ztC Edge

Stratus ftServer プラットフォームの詳細情報

訪問ftServer