ftServer ジェネレーション11

性能、柔軟性、投資対効果を向上

新しいftServer 2910, 4910, 6910 モデル
VMware、Windows、およびLinux 対応

仮想化されたビジネスクリティカルなワークロードのために特別に設計された最新のシステムは ftServer最新のシステムは、高速なアプリケーション・パフォーマンス、柔軟性、そして投資保護を提供します。

主な特長と強化された機能

アプリケーションのパフォーマンスが最大50%向上

最新のAUL(Automated Uptime Layer)を使用した社内ベンチマークによると、前世代のftServer モデルからアップグレードした場合、アプリケーションのパフォーマンスが15~50%向上し、JAVAアプリケーションではより大きな向上が期待できます**。

ftServer プラットフォームのカスタマイズ

ftServer では、より信頼性が高く、パフォーマンスに優れたNVMeストレージや、大容量のSASストレージが利用できるようになったため、お客様は特定のワークロード要件に合わせて、ftServer システムのサイズをより適切に設定することができます。

投資の将来性

最新のインテルCascade Lakeテクノロジーと、最新のMicrosoftWindows Server、VMware vSphere、Red Hat EnterpriseLinux のオペレーティング環境をサポートすることで、お客様はインフラのライフサイクルを延長し、最大限に活用することができます。

ftServer は、物理的なサーバーインフラを統合し、仮想化されたWindows やLinux のアプリケーションの可用性を確保するための理想的なプラットフォームです。特に、石油・ガス、運輸、ビルオートメーション、小売などの業界では、データセンターからエッジまでを網羅するフォールト・トレラント・プラットフォームの導入・管理が容易であることが大きな変化をもたらしています。ftServer Generation 11 for VMware、Windows 、Linux にアップグレードすることで、Time to Valueの短縮、収益の最大化、業務効率の向上を図ることができます。

アプリケーションのパフォーマンスは、さまざまな要因に左右されます。実際のパフォーマンスは異なる可能性があります。