Stratus ztC Edge

クリティカルなエッジ ICS 向けのゼロタッチ コンピューティング

生産高の増加、質の向上、廃棄物の削減への期待は毎年高まっています。この目標の達成を困難にしている要因として挙げられるのが、予算の制約です。

旧いモデルのスタンドアロン コンピューターをアップデートし、産業用制御アプリケーションを仮想化することは、信頼性と効率性を高める一つの方法です。しかし、全ての企業がこれを行うための時間的余裕や専門的リソース/スキルを持っているわけではありません。

主なメリット

業務効率の向上: ztC Edge は、事前にロードされた仮想化ホスト、VM とデータの自動保護機能、自動で同期するホットスワップ可能なノードなどの特長があるため、重要なアプリケーションのデプロイ、管理、保守を素早く簡単に開始でき、時間と労力の節約につながります。

セキュリティーの強化: USB ポートの制限、セキュアコミュニケーションをデフォルトで設定可能、トラステッド ブート、Active Directory の統合、構成が容易なホスト ベースのファイアウォールに対応し、セキュリティ
ー専門スタッフでなくても ztC Edge システムを安全に保つことができます。

ダウンタイムの低減: ztC Edge の自律的な監視機能と自律的な保護機能により、計画外ダウンタイムを低減できます。仮想化ホスト ソフトウェアはシステムが稼働中でも更新できるため (システム再起動は不要)、お客様サイトでの計画停止も減らせます。

柔軟性の強化: ztC Edge は堅牢で小型、産業用に適したフォーム ファクターのため、制御室、制御パネル、あるいは工場現場でも従来の環境と同じように問題なく動作でき、お客様の選択の幅が広がります。また、自動化された機能を備えているため、リソースの限られた無人ステーションや、分散型の遠隔サイトでの使用に最適です。

ソリューション概要 (全文)