新しい調査によると、コスト削減と運用の効率化を組み合わせてIIoTを推進

2017年7月17日 - IIoTアベイラビリティの専門家であるストラタステクノロジーが本日発表した主要な新しい調査によると、コスト削減と運用効率がIIoT導入の主要な推進要因となっています。調査「Internet of Thingsによるデジタル産業の変革」によると、ヨーロッパの産業企業の72%がIIoTの進展の最大の推進要因としてコスト削減と運用効率を挙げていることが明らかになりました。英国、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、オーストリア、北欧、ベネルクス地域の企業のIT、ビジネスライン、デジタルビジネス、IIoTの責任者250人以上を対象に、電話調査を実施しました。

「IIoTの導入によるコスト削減と業務効率の向上を支えているのは、ダウンタイムの削減です。 これは、プラント資産のパフォーマンスとオペレーターが利用できる制御レベルの可視性が向上することで可能になります」と、ビジネスに不可欠なアプリケーションを24時間365日稼働させることを専門とするグローバル企業、ストラタステクノロジー EMEAのVP兼GM、Thierry Serorは述べています。

"どのような産業企業でも、関連するコストを削減するためには、プラントが可能な限り稼働していることが不可欠です。したがって、ダウンタイムの削減、特にIIoTのITインフラへの依存に関連した新たなダウンタイムの原因を減らすことは極めて重要です。IIoT技術によって大幅に改善できる運転効率は、生産プロセスを新たなレベルで可視化することを可能にし、運転のメンテナンスニーズをリアルタイムで把握することを可能にします。このような改善のためには、制御システムがいつでも利用可能であることが必要であり、簡単に言えば、ITサーバーの稼働時間は企業の全体的な設備効果(OEE)の一部として考慮されるべきです"

企業がダウンタイムの金銭的、生産性、データの整合性のコストを意識するようになり、オペレーションの中心にある継続的な制御システムの可用性の必要性を認識するようになるにつれ、ITインフラストラクチャの可用性はビジネス上重要な要件となってきています。ティエリー・セロール氏によると、多くの産業企業が克服すべき課題は、運用技術(OT)と情報技術(IT)の機能的な調整と連携であるという。

"重要なITインフラの継続的な可用性の状態に到達するには、IT部門とOT部門が密接に連携してIIoT戦略に取り組み、導入と保守の両方のコストと複雑さを軽減する運用のシンプルさのレベルでソリューションを選択する必要があります。"

継続的な可用性を実現するために必要なオンサイトのIT専門知識を最小限に抑えたソリューションは、総所有コストと、仮想化や制御システムの「エッジ」に近い操作など、より接続性の高い企業のメリットを活用するためのリスクの両方を低減させます。Thierry Serorによると、ストラタスのハードウェアおよびソフトウェアの継続的可用性ソリューションの産業界における採用が急速に進んでいるのは、このような背景があるためです。

"ストラタスは35年以上にわたり産業界のお客様にサービスを提供しており、当社のソリューションは、世界有数の銀行や企業の多くから、ビジネスクリティカルなアプリケーションの「常時稼働」を保証するために信頼されています。 当社はOTとITの両方のバックグラウンドを持っているため、当社の技術、そして当社のビジネス全体の提供とサービスアプローチは、お客様がIIoTの継続的な可用性のニーズに到達できるように設計されています。

調査結果によると、回答者の72%がIIoTへの支出を増やす予定であり、この分野への支出を30%以上増やす意向を持っている企業もあるという。自動車およびディスクリート企業の60%以上がすでにIIoTイニシアチブに関与しており、プロセスメーカーの半数強(56%)がIIoTイニシアチブを開始しています。

ティエリー・セロールは次のように述べています。"この結果は、ほとんどの企業が、急速に発展する現代の産業界において企業が持続可能な状態を維持するのに役立つIIoTの原則を採用するために必要な投資にコミットしていることを明確に示しています。これらの調査結果は、欧州の産業界の企業がIIoTジャーニーを加速させようとする強い意志を示していることを歓迎します」と述べています。興味深いことに、当初はコスト削減と業務効率化が優先目標ですが、生産の柔軟性の向上、研究開発の改善、デジタル的に強化されたサプライチェーン管理など、IIoTのより深い付加価値効果が、旅の先にある企業にとって明らかになりつつあります。

ティエリー・セロール氏によると、様々な業界で事業を展開する従業員500人以上の企業を代表する調査回答者の投資意向の急激な増加は、パイロットプロジェクトが成功した時期と関連しており、IIoTの採用は今後数年間で非常に急速に拡大すると予想していますが、成長の痛みがないわけではないとのことです。

"製造業は、何十年も前からあるレガシーなシステムやプロセスを改善すると同時に、バリューチェーンを向上させるための新しい方法を探しています。現在、多くの業務では、IIoTを最大限に活用するために必要な接続性、インフラ、スキル、ビジネスプロセスが不足しています。IIoTへの移行をシームレスに促進できる適切なシステムインテグレータやベンダーを選択することは、企業がIIoTパイロットの成功に基づいて構築しようとするときに最も重要です。これらのインフラの弱点に対処することが、2017年の課題の最重要課題です。

ストラタステクノロジーについて

ストラタスは、ビジネスに不可欠なアプリケーションを24時間365日稼働させるための複雑さを解消します。ストラタスのテクノロジーは、データセンターとエッジ の両方で計画外のダウンタイムを未然に防ぎ、当社のサービスによって、お客様が必要とする前にあらゆる問題に対処できるようにします。フォーチュン500に選ばれているグローバル企業や、世界中のさまざまな業種の中小企業は、35年以上にわたって、運用が簡単で継続的に利用できるストラタスに信頼を寄せています。詳細については、www.stratus.comをご覧いただくか、Twitter の@StratusAlwaysOn をフォローしてください。

ストラタスおよびストラタスのロゴは、ストラタステクノロジー Bermuda Ltd.の商標または登録商標です。その他すべてのマークは、それぞれの所有者に帰属します。

メディア連絡先

ケイデンス・イノベーション・マーケティング
トム・スペンサー
コールマン通り80番地
ロンドン EC2R 5BJ
電話:0207 043 8847
電子メール: tom@thecadenceteam.com