2018年のニュースルーム

Global

プレスリリース・ニュース 2022年2021年2020年2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年

グローバル プレスリリース(機械翻訳版)

2018年12月4日(木
ストラタス、革新的なエッジ コンピューティング プラットフォームで Processing Breakthrough Products Awardを受賞
ストラタスのztC Edge™️が、産業環境における計画外ダウンタイムの削減とビジネスクリティカルなアプリケーションの確保を実現したことが評価され、受賞に至ったものです。

2018年8月1日(木
ストラタスは、最高収益責任者としてジェイソン・ディートリッヒを迎え入れる。
シニアセールスおよびオペレーションエグゼクティブが、産業用エッジ コンピューティング における当社の次の成長段階を推進する。

2018年5月30日(木
ストラタス、産業用 ztCエッジ システムの出荷を開始 エッジ 直ちに利用可能なゼロタッチ
エッジ ソリューションは、産業環境におけるスマートでセルフモニタリング可能な仮想化エッジ コンピューティング に対する需要に対応します。

2018年5月23日
ストラタスがAVEVAの2017年テクノロジーパートナープロダクトオブザイヤーを受賞
ストラタスのftServer は、ミッションクリティカルなアプリケーションのダウンタイムを排除する能力を備えたパートナーの主要な HMI および SCADA ソリューションとして高く評価されました。

2018年2月12日(木
ストラタス、ネットワークでのコンピュートに対するニーズの高まりに対応する初の仮想化産業用プラットフォームを発表 エッジ 新しいゼロタッチ
エッジ サーバは、産業環境におけるスマートな自己監視エッジ コンピューティング の需要に対応します。

地域別ニュース

2018年12月31日
2018年のダウンストリームトレンド。振り返り
リグゾーン、マシュー・V・ベアジー著
このRigzoneの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、2018年に石油・ガス業界が経験した下流の動向について語っています。具体的には、ビジネスケースとテクノロジーソリューションの両方が実証されるようになるにつれて、IIoTプロジェクトがどのように普及してきたかをフライヤー氏は説明しています。

2018年12月29日
2018年のベストインタビュー!
By マディ・ホワイト, The Manufacturer
メーカーの編集チームは、定期的に産業界のビジネスオーナー、意思決定者、専門家と話し合い、彼らの成功を促進し、彼らが将来の機会をどこで見ているかを議論し、彼らを夜も眠らせない理由を明らかにしています。

2018年12月27日
2019年の18のテック予測
By Christina DesMarais, Inc.
このInc.の記事では、ストラタステクノロジーの業界ソリューション担当シニアディレクターであるJohn Fryer氏が、2019年にテクノロジー業界に訪れる変化についての予測をまとめています。具体的には、Fryer氏は、2019年は、ビジネスリーダーがこれまで試行錯誤してきたIoTやIIoTプロジェクトのすべてのツケが回ってくる年になると予測しており、その結果、運用技術チームに課題が生じるとしています。

2018年12月20日(木
のブリーディングエッジ エッジ ロックウェル・オートメーションのState of the Industry、Barry Dellecese氏特集

ロックウェル・オートメーションのこのState of the Industryポッドキャストでは、ストラタスの製品管理ディレクターBarry Delleceseが、産業生産の世界でエッジ コンピューティング がますます重要になる理由についての見解を述べ、特にエッジ コンピューティング アプリケーションが制御室や従来のIPCアプリケーションとどう異なるかを強調しています。

2018年12月18日(木
エッジ コンピューティング 製造業に関連するものとして
ジョン・フライヤー(Manufacturing Tomorrow)著
このManufacturing TomorrowのQ&Aでは、John Fryerが今日の製造業でエッジ コンピューティング がどのように使用されているか、また、新たな技術(5Gなど)が今後の業界におけるエッジ コンピューティング 機能にどのような影響を与えるかについて回答しています。

2018年12月18日(木
導入に不可欠な考慮事項エッジ コンピューティング
By ジェイソン・アンダーセン、InTech Magazine
このInTech Magazineの記事で、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当VPであるジェイソン・アンダーセンは、エッジ コンピューティング がどのように新しい物流上の課題をもたらすかを論じ、メーカーにIIoT成功のための信頼できる青写真を確立する方法を提供しています(エッジ )。

2018年12月5日(木
産業用プラットフォームにリアルを与える方法 エッジ パネル構築&システムインテグレーション担当 ペイジ・ウエスト氏談

Paige Westは、StratusのVP Business Line ManagementであるJason Andersenにインタビューし、産業用IoT分析の成長について、エッジ 、この成長に伴い、重要なオペレーションを実行するアプリケーションの可用性を確保する簡単な方法が必要になる理由について、エッジ.

2018年12月3日(木
ネットワークの安全性確保エッジ
アドバンスドマニュファクチャリング社 ジェイソン・アンダーセン氏
このAdvanced Manufacturingのバイラインでは、Jason Andersenがセキュリティのためのエッジ コンピューティング の利点を説明します。特に、エッジ が、マルウェア攻撃や不適切に機能するデバイスなど、システムパフォーマンスの異常を特定し対応するためにOTおよびITチームをどのように支援できるかを強調します。

2018年11月30日(木
でのセキュリティへの対応 エッジ IoTアジェンダ、ジェイソン・アンダーセンによる

このIoT Agendaの記事では、Stratus Technologiesのビジネスライン管理担当VPであるJason Andersenが、データを保護するためのセキュリティ戦略を実装するための重要な洞察を、エッジ.

2018年11月30日(木
における効果的なデータセキュリティ戦略の構築 エッジ インフォメーションマネジメント社 ジェイソン・アンダーセン氏

このInformation Managementのバイナリーでは、Jason Andersenが、エッジ のソリューションを導入した企業に対して、データとビジネスの両方を保護するために適切なセキュリティと運用戦略を導入する方法についてアドバイスしています。

2018年11月29日(木
IIoTです。産業オートメーションと競争優位の原動力
ジョン・フライヤー(Automation.com)著
このAutomation.comの記事で、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーは、IIoTのメリットについて説明し、今日の産業界は変革期を迎えているとしています(エッジ )。さらにこの記事では、製造業者が業界の次のサクセスストーリーとなり、自社の真のROIを促進するためには、新しいIIoT技術を完全に取り入れる必要があることを説明しています。

2018年11月16日(木
AI-as-a-Service。ディスクリート製造のためのWin-Winビジネスモデル
Manufacturing.net、ジェイソン・アンダーセンによる
このManufacturing.netのバイラインでは、Jason Andersenがディスクリート製造におけるAI-as-a-Serviceの利点を説明し、特にネットワークのエッジ 、自動デバイスを接続することで企業が生産を最適化し、重要インフラをスムーズに稼働させるのに役立つことを強調します。

2018年11月8日(木
リアルタイム分析のためのエッジ の配備
オートメーションワールド、ジェイソン・アンダーセン著
このAutomation Worldの記事で、Stratusのビジネスライン管理担当VPであるJason Andersenは、産業および製造企業が業務へのエッジ コンピューティング の取り込みを検討すべき理由について、これらの企業がエッジ 展開を行う前に熟考する具体的な質問について概説しています。

2018年11月6日
このステップバイステップガイドを使ってIIoTプロジェクトを構築する
ジェイソン・アンダーセン著、eWEEK
このeWEEKの記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長であるJason Andersen氏が、レガシー環境で次世代の自動化機能を実現するための重要な成功要因について語っている。

2018年11月6日
IIoTと制御プロジェクトを成功させるためにハイブリッドOTが必要な理由
ジョン・フライヤー氏(制御工学
このControl Engineeringの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、IIoTイニシアチブと制御プロジェクトを成功させるためにITとOTを統合する方法についてのアドバイスを提供し、「ハイブリッドOT」専門家の重要性とそのユニークなスキルセットについて説明しています。

2018年11月5日(木
エッジ 【Q&A】データ保護への新しいアプローチ
イアン・バーカー著、BetaNews
ストラタスのビジネスライン管理担当VPであるジェイソン・アンダーセンは、このBetaNewsのQ&Aで、エッジ コンピューティング 、データ保護に新たなアプローチが必要であることを論じています。この記事では、エッジ コンピューティング が脅威の状況をどのように変えたか、また、エッジ におけるデータの保護について企業がどのように異なる考え方を始めるべきかについて、ジェイソンの考えを紹介しています。

2018年10月31日発売
エッジ コンピューティング IIoTの実装を可能にする
ジョン・フライヤー著、Manufacturing.net
このManufacturing.netのバイラインでは、John Fryerがエッジ コンピューティング 、IIoT実装のための基礎知識を概説し、IIoTの課題へのアプローチ方法についてアドバイスを提供し、エッジ コンピューティング 、従来の上位システムに対して提供できる利点を共有しています。

2018年10月31日
フォールトトレラントサーバー市場は堅調な拡大が見込まれる
By Shashii Pawar, 市場調査を探す
長年にわたり、ミッションクリティカルなアプリケーションを稼働させ続けることは、どのような組織においてもIT部門の最も重要な役割の1つです。高度な製品は効果的な高可用性ソリューションを提供していますが、フェイルオーバーはアプリケーションの処理を中断させる可能性があります。

2018年10月29日
近代的な運用インフラが産業オートメーションに不可欠な理由
アイティーウェブ
このウェビナーは、ストラタステクノロジーのインダストリー・ソリューション担当シニア・ディレクターであるジョン・フライヤー氏が主催し、自動化組織がこの新しいデジタルの世界に備えるために取ることができるステップを検証し、将来のIIOTおよびインダストリー4.0アプリケーションの基礎を築きながら、既存のオペレーションを効率化して短期的なコスト削減を実現するために、どのように増分投資を行うことができるかを示します。

2018年10月24日
IT/OT格差は縮小しているが、まだ橋渡しをしなければならない
スマート産業スタッフ別
このスマートインダストリーのインタビューでは、ジョン・フライヤー氏が今後開催予定のウェビナー「OT/IT コンバージェンス」をプレビューしています。OT、IT、インターネットの間のギャップを確実に埋める」。彼は、OT と IT を統合する際の課題、新しい OT/IT イニシアチブを計画するためのヒント、デジタルトランスフォーメーションの将来についての見解を述べています。

2018年10月11日(木
エッジ コンピューティング:新しいデータ保護アプローチのための触媒
ジェイソン・アンダーセン(Automation.com)著
このAutomation.comの記事では、ストラタスのビジネスライン管理担当副社長であるジェイソン・アンダーセンが、エッジ の技術がセキュリティとデータ保護に対する新しいアプローチを必要とする理由について述べています。

2018年10月5日
石油・ガスにおけるIIoTへの挑戦についてのテックエキスパート
リグゾーン、ヴァレリー・ジョーンズ
このRigzone Q&Aでは、ストラタスのインダストリアルソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、石油・ガス業界におけるインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)の採用と展開、関連する課題や成功事例について語っています。

2018年10月1日(木
エッジ vs. Cloud-ではなく、両方です。
ベス・スタックポール(Automation World)著
このAutomation Worldの記事で、Stratusの戦略およびビジネスライン管理担当副社長のJason Andersenは、エッジ とクラウドのデプロイメントの最適な使用例を見分ける方法についてアドバイスしています。

2018年9月30日
トルコ最大の地熱発電所でデジタルネットワークを完全移行
2018年9月号
新しいコントローラ、ソフトウェア、ネットワークアーキテクチャは、より強固なサイバーセキュリティ、高性能、診断の容易さ、データ取得の大幅な強化を実現します。

2018年9月23日(木
エッジ を最前線に押し上げる要因
ジョン・フライヤー著、RFIDジャーナル
このRFID Journalの記事で、ストラタスの産業ソリューション担当シニアディレクター、ジョン・フライヤーは、エッジ コンピューティング を主流に押し上げた要因と、企業がそれを活用してビジネス運営方法を大幅に改善する方法について論じています。

2018年9月17日(木
廃水ポンプにおけるIIoT &エッジ コンピューティング のメリット
ジョン・フライヤー(Pumps & Sytems)著
このPumps & Systemsの記事では、ストラタスの産業ソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、上下水道処理の専門家がIIoTとエッジ コンピューティング を活用してポンプシステムの効率と信頼性を高める方法について解説しています。

2018年9月12日(木
で複雑さをカットエッジ
By Dave Laurello, Network World
このNetwork Worldの記事で、Stratus CEOのDave Laurelloは、OT担当者がエッジ 、実装と保守を行い、複雑さを軽減できるため、IT担当者がどのように安心できるかを論じている。また、IT/OTネットワーク・インフラストラクチャ全体を損なうことなく、これを実現する方法についても述べています。

2018年8月30日(木
データセンターの知識
ジョン・フライヤーによる、あなたの定義エッジ
このData Center Knowledgeの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、エッジ コンピューティング のさまざまな定義と、エッジ が業界を超えてどのように活用されるかについての洞察を提供しています。また、ジョンは、エッジ のネットワークがデータ処理とストレージ、接続性、セキュリティにどのように利用できるかを紹介しています。

2018年8月30日(木
エッジ 石油・ガス事業者に余分なコンピューティングパワーを与える技術
Matthew Veazey, Rigzone 著
このRigzoneのQ&Aでは、ストラタスの産業ソリューション担当シニアディレクター、ジョン・フライヤーが、エッジ コンピューティング の利点と、石油・ガス会社が生産の最適化と作業員の生産性の向上にどのように活用できるかを解説しています。

2018年8月17日(金)発売
ヒッチハイカーズ・ガイド・トゥ エッジ コンピューティング マット・キンボール(Forbes)著

エッジ コンピューティング 業界に関するこのフォーブスの記事には、ストラタスについて "エッジ のエコシステムにおける最も興味深いプレイヤーの1人" として言及されています。ストラタスのエッジ コンピューティング 市場への進出、同社のztCエッジ プラットフォーム、パートナーシップ・エコシステムに関する情報を取り上げています。

2018年8月15日(木
エッジ 複雑さへの誤解を克服するために
デイブ・ローレロ著、スマートインダストリー
2018年のSmart Industryカンファレンスに先立ち、ストラタスのCEOであるDave Laurelloは、Smart Industry Q&Aで、エッジ アプリケーションの複雑さ、エッジ-戦略の開発、機械故障の新しい見方について考えを述べています。

2018年8月14日
新技術による高齢化問題への対応
InTech Magazine、Jason Andersen著
7月・8月号
このInTech Magazineの記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長であるジェイソン・アンダーセンが、新しいテクノロジーが産業界の労働力の高齢化問題にどのように対処できるかについて、ヒューストンのシップチャネルの例を挙げながら説明しています。

2018年8月14日(木
エッジ コンピューティング vs. フォグコンピューティング。何が違うのか?
カヤ・イスマイル著、CMSWire
エッジ コンピューティング とフォグコンピューティングの長所と短所に関する洞察を提供するこのCMSWireの記事には、ストラタスのビジネスライン管理担当VPであるJason Andersenの解説が含まれています。Jasonは、エッジ コンピューティング の技術がいかにコストを低く抑えるか、そしてフォグコンピューティングがいかにエッジの能力を向上させるかについて述べています。

2018年8月14日(木
アナリティクスプロジェクトにおけるクラウドとエッジ の適切なバランスを判断する方法
IoTアジェンダ、ジェイソン・アンダーセン著
IoT Agendaの記事で、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当VPであるJason Andersenは、IIoT分析プロジェクトに適したクラウドとエッジ のバランスを決定するための3つの重要な考慮事項を紹介しています。

2018年8月9日(木
オペレーションが直面するIIoTのトップチャレンジ
ジョン・フライヤー著、オートメーション・ワールド
このAutomation Worldの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクター、ジョン・フライヤーが、IIoTやエッジ コンピューティング モデルのより複雑な環境やインフラのサポートを求められるOT専門家が直面する課題について述べています。

2018年8月7日(木
コールドサプライチェーンにおけるエッジ コンピューティング のメリット
ジョン・フライヤー(Refrigerated & Frozen Foods)著
このRefrigerated & Frozen Foodsの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、IIoTが食品業界をどのように変革しているかについて論じています。彼は、メーカーが食品の安全性、品質、完全性を向上させ、生産効率を高めるために、エッジ の技術を採用する方法について、具体的な洞察を示しています。

2018年8月1日(木
クラウドと適切なバランスを見極める エッジ コンピューティング ジョン・フライヤー(Manufacturing Business Technology)著

ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーは、クラウドとエッジ コンピューティング の組み合わせが、真のROIを実現する最も成功したIIoTフレームワークとなることを論じています。この記事では、リアルタイム分析、コスト、セキュリティ要件に基づいて、クラウドとエッジ コンピューティング のニーズを評価する方法についての洞察を示しています。

2018年7月31日
高齢化社会の課題に自動化でどう対処するか【Q&A
イアン・バーカー、ベータニュースによって
このベータニュースのQ&Aでは、ストラタスのシニアディレクターであるインダストリーソリューション担当のジョン・フライヤーが、労働力の高齢化がいかにスキルギャップを生み出しているか、また、企業が新しいテクノロジーを採用することで、どのように人材確保の課題を克服することができるのかについて議論しています。

2018年7月30日
新たなテクノロジー。今日の高齢化する労働力へのソリューション
ジョン・フライヤー氏によるIoT進化論
このIoT Evolutionの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、労働力の高齢化が業界全体にスキルギャップを生み出していることを論じています。彼は、リソースの時間とコストを削減しながら、新しいテクノロジーが生産性を維持するためにどのように役立つかについての洞察を提供しています。

2018年7月23日(木
エッジ はクラウドのように当たり前になりつつあるのだろうか?
SDxCentral、Sue Marek によるものです。
編集長Sue MarekによるこのSDxCentralの記事は、特定のエッジ コンピューティング の定義に関する様々な業界のソートリーダーからの洞察とコメントを通じて、「エッジ とは何か」という問いに答えようとするものである。この記事には、重要なデータをサポートし、さらなる保護を必要とする IoT アプリケーションにとって、エッジ が最も重要であるという Stratus の Jason Anderson からの引用が含まれています。

2018年7月11日
新しいツールで予防メンテナンスのオプションを提供
食品工学、ウェインラボによる
この食品工学の記事では、編集者のWayne Labsが、今日のコンピュータ化された保守管理システムが、サービス記録、交換部品、故障の記録を維持することで、予防保全をどのように支援するかを論じています。記事には、システムの故障から顧客がどのように学び、将来の問題を回避するためにより良い方法を実装することができるかについて、ジェイソン・アンダーソン氏の引用が含まれています。

2018年6月29日
IIoTデータ保護は新しい考え方を求めている
IoTアジェンダ、ジェイソン・アンダーセン著
この IoT Agenda の記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長である Jason Andersen 氏が、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)がデータ保護についての新しい考え方をもたらすことを強調しています。

2018年6月28日(木
IIoTを取り入れることで エッジ ジェフ・ラインク著、Industrial Equipment News

編集者のJeff Reinkeは、Industrial Equipment News Q&Aで、Stratus Technologiesの産業ソリューション担当シニアディレクターであるJohn Fryerに、産業用モノのインターネット(IIoT)機能をエッジ コンピューティング 戦略で活用するためのベストプラクティスについてインタビューしています。

2018年6月20日(木
クラウドに過負荷をかけていませんか?
ジェイソン・アンダーセン著、インダストリー・ウィーク
このIndustry Weekのバイラインでは、ストラタスのビジネスライン管理担当副社長、ジェイソン・アンダーセンが、メーカーのニーズに対してクラウドコンピューティングが適切な場合、および一部のリアルタイムコンピューティングとアプリケーションをエッジ に移行することが理にかなっている場合について論じています.

2018年6月20日
Stratus社、産業用エッジ向けztC エッジ システムの出荷を開始
デザイン、製品、アプリケーション
ストラタステクノロジーは、Stratus(ストラタス)の提供と出荷を発表します。 ztC エッジは、産業用エッジ環境向けに特別に設計された、ゼロタッチで完全に仮想化された自己保護型のコンピューティングプラットフォームです。

2018年6月14日(木
エッジ コンピューティング は高価でなければならないのか?
デビッド・グリーンフィールド著、Automation World
このAutomation Worldの記事特長 ztCエッジ の一般提供に関する今月のニュースには、AutomaTech/FacilityConneXのCEO、Tom Schillerの解説が掲載されています。この記事では、この製品の主な特長である特長 を取り上げ、そのシンプルさと簡単なセットアップが、IT サポートをほとんど必要としないことから、産業用制御環境におけるエッジ コンピューティング の問題をいかに解決しているかを強調しています。

2018年6月1日
Scott Bader社の工場のITインフラは、仮想化ソリューションを利用して近代化されています。
オートメーション
世界的な大手化学会社の仮想化と、ストラタスのソリューションがどのようにして実現したかをお読みください。オートメーション誌6月号の42ページに掲載されています。

2018年6月1日(木
堅牢なセルフモニタリングプラットフォームがターゲットエッジ コンピューティング 市場
ドライブズ&コントロールズ
Drives & Control誌6月号の58ページで、ストラタスの最新技術についてお読みください。

2018年5月30日(木
IIoTの未来に、エッジ とフォグコンピューティングの両方が必要な理由
ジェイソン・アンダーセン著、RT Insights
このRT Insightsの記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当VPであるジェイソン・アンダーセンが、企業がIIoTの将来に備えるために、エッジ とフォグコンピューティングの両方の必要性について、またこれらの技術が施設、スマートシティ、自律走行車などのアプリケーションでどのように我々の将来に影響を与えることができるのかについて述べています。

2018年5月29日
XaaSはいつ産業界のオペレーションに適しているのか?
エンタープライズIoTインサイト、ジェイソン・アンダーセン著
このEnterprise IoT Insightsの記事では、ストラタスのビジネスライン管理担当副社長であるジェイソン・アンダーセンが、anything-as-a-service (XaaS)トレンドの側面について議論し、この技術への移行を検討している産業界の組織が考慮すべき点を提示しています。

2018年5月28日(木
IIoTとエッジ コンピューティング がデータを前面に押し出している理由【Q&A
イアン・バーカー著、BetaNews
このBetaNewsのQ&Aでは、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当VPであるジェイソン・アンダーセンが、IIoT(Industrial Internet of Things)やエッジ コンピューティング の台頭によってデータへの注目が高まっている理由と、一部の企業でその活用方法について述べています。

2018年5月25日
ハイブリッドIT/OTプロフェッショナルの台頭
ネットワークコンピューティング、ジェイソン・アンダーセン著
この Network Computing の記事では、ストラタスのビジネスライン管理担当副社長である Jason Andersen 氏が、ハイブリッド OT プロフェッショナルの役割と、企業はどのようにしてこれらの人材をすぐに採用すべきかについて論じています。また、特に業界全体で IT/OT コンバージェンスが増加している中で、なぜこの役割が重要なのかについての彼の解説も含まれています。

2018年5月22日
アズ・ア・サービス」のトレンドを考慮する際にメーカーが尋ねるべき質問
Jason Andersen, Automation.com
この Automation.com の記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長である Jason Andersen 氏が、今日の産業変革を踏まえた製造業にとっての anything-as-a-Service (XaaS) の価値について、意思決定プロセスの中で対処すべき質問も含めて論じています。

2018年5月21日
IIoTを成功させるために、以下の質問を自分に投げかけてみてください。
IoTアジェンダ、ジェイソン・アンダーセン著
この IoT Agenda の記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長である Jason Andersen 氏が、産業用モノのインターネット(IIoT)プロジェクトを成功させるために企業が問うべき 4 つの質問に焦点を当てています。

2018年5月16日
リスクを管理しながら産業用IoTゲートウェイのメリットを得る方法
IoTエボリューション、ジェイソン・アンダーセン著
この IoT Evolution の記事では、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当副社長である Jason Andersen 氏が、産業用 IoT ゲートウェイ・システムがどのように適切であるかについて述べていますが、本番環境でのビジネス・クリティカルな使用には、新たなレベルのリスクをもたらす可能性があります。この記事には、このリスクを管理する方法についての彼の洞察も含まれています。

2018年5月16日
メンション。世界の耐障害性サーバー市場2018-2025年レポート
アンソニー・ギプソン、ビッツレーダーによる
Questaleの市場調査レポート「世界のフォールトトレラントサーバー」は、最新の業界データと業界の将来動向を掲載しており、収益の成長と収益性を牽引する製品とエンドユーザーを特定することができます。

2018年5月13日(木
フォグコンピューティングがエッジ をさらにスマートにする方法
ジェイソン・アンダーセン著、RFID Journal
このRFID Journalの記事で、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当副社長、ジェイソン・アンダーセンは、フォグコンピューティングの役割と、それが大規模で分散したモノのインターネット(IoT)インフラストラクチャのためにエッジ をどのようにスマートにするのかについて述べています。

2018年5月8日(金)
人工知能。なぜそれがあなたの心に必要なのか
オートメーションワールド、ジェイソン・アンダーセン著
このAutomation Worldの記事では、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長ジェイソン・アンダーセン氏が、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)によってもたらされる大量のデータを考慮して、人工知能(AI)が産業界の企業が考えるべき重要な理由について述べています。

2018年5月4日
産業用IoT(モノのインターネット)導入の課題【Q&A
イアン・バーカー、ベータニュースによって
このベータニュースのQ&Aでは、ストラタスのビジネスラインマネジメント担当副社長ジェイソン・アンダーセンが、産業用モノのインターネット(IIoT)の導入を検討している産業用企業が次世代の自動化システムに移行しようとする際に直面する障壁について論じています。

2018年5月1日(木
IIoTのコスト。クラウドとエッジ 戦略にどのような影響を与えるか?
ジョン・フライヤー(IoT Evolution)著
このIoT Evolutionの記事では、ストラタスのインダストリーソリューション担当シニアディレクターであるジョン・フライヤーが、Industrial Internet of Things(IIoT)のコスト動向がクラウドとエッジ の戦略にどのような影響を与えるかについて、両者の適切なバランスを見つけることがIIoTフレームワークの成功のカギとなる理由を強調しながら論じています。

2018年3月29日(木
神話の破滅。IIoTにおけるクラウド vs.エッジ
IoTアジェンダ、ジェイソン・アンダーセン著
IoT Agendaの記事で、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当VPであるJason Andersenは、クラウドとエッジ コンピューティング の適切なバランスを見つけることが、Industrial Internet of Thingsデプロイメントの成功に不可欠となる理由について述べています。

2018年3月27日(木
障壁を乗り越える。への進化的アプローチ エッジ コンピューティング ネットワークワールド、Dave Laurello 著

このNetwork Worldの記事で、ストラタスCEOのDave Laurelloは、混乱を最小限に抑えながらエッジ-ベースの産業制御技術の利点を享受するために、製造およびプロセス企業が取るべきステップバイステップのアプローチについて論じています。

2018年3月15日(木
IIoTエボリューションのエッジ にて
IoT Evolution、ジェイソン・アンダーセン著
このIoT Evolutionの記事では、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当副社長であるジェイソン・アンダーセンが、IIoT導入の増加に伴って産業界の企業が見ている変化、特に、作成されるデータとその管理でエッジ コンピューティング が果たす役割に大きな注目が集まっていることについて論じています。

2018年3月9日
水道事業者が企業の複雑さを軽減
オートメーションワールド、グラント・ゲルケ
この Automation World の記事特長 では、Stratus のインダストリーソリューション担当シニアディレクターである John Fryer 氏のコメントを含め、Pinellas County Utilities のケーススタディを紹介しています。この記事では、ピネラス郡がftServer を使用していること、およびストラタスのテクノロジーから得られたメリットについて説明しています。

2018年2月26日(木
の価値を定義する エッジ コンピューティング コントロール・エンジニアリング ジェイソン・アンダーセン 記

このControl Engineeringの記事では、ストラタスのビジネスライン・マネジメント担当副社長、ジェイソン・アンダーセンが、生産ダウンタイムの排除、リアルタイムでのデータ分析・対処・保護能力、オペレーションの簡素化など、エッジ コンピューティング の展開を成功させるために産業界企業が検討すべき3つの重要な要素について説明しています。

2018年2月22日(木
ストラタスは産業界でやっていけるかエッジ?
マット・キンボール著、フォーブス
このForbesの特集記事では、先週発表された新しいztCエッジ システムによるストラタスのエッジ コンピューティング 市場への移行について論じています。この記事は、この動きが会社によってよく考えられたものであり、この分野におけるOT/データセンターの大手企業と並んでStratusを位置づけるものであるとして、好意的に受け止められています。

2018年2月20日(木
エッジ コンピューティング 産業用制御システム向け
オートメーション・ワールド、デイブ・グリーンフィールド著
このAutomation Worldの記事特長 ストラタスのビジネスライン管理担当副社長であるJason Andersenが、ztCエッジ 、ストラタスの新しいエッジ コンピューティング プラットフォームの発売について解説しています。この記事では、本製品の主要な特長 について、そのシンプルさと簡単なセットアップが、IT サポートをほとんど必要としないことから、産業用制御環境におけるエッジ コンピューティング の問題をいかに解決しているかを強調している。

2018年2月12日(木
新しいエッジ コンピューティング プラットフォームは、業界がIIoTデータを処理するのに役立ちます
イアン・バーカー(BetaNews)著
このBetaNewsの記事で、編集者のイアン・バーカーは、ストラタスが産業界の顧客がコンピューティングリソースをエッジ の近くに移動するのを支援する方法の証明として、ztCエッジ の発売を論じています。

2018年2月12日(木
エッジ 、最前線に移動した理由
Dave Laurello 著、Network World
Stratus CEOのDave Laurelloが執筆したこのNetwork Worldの記事では、増加するテクノロジーのトレンドであるエッジ コンピューティング について論じています。エッジ コンピューティング のさまざまな実例が紹介されており、製造・プロセス企業がインテリジェンスをエッジ に押し出すことで多大な可能性を見出せる方法についてのDaveの見識も紹介されています。

2018年1月11日(木
のファースト・チーム・オノレにストラタスが選出されました。 エッジ コンピューティング オートメーション・ワールド誌

Automation World 誌の読者は、第8回 Automation World's Leadership in Automation 賞プログラムにおいて、さまざまな自動化技術について好ましいサプライヤーを選びました。ストラタスは、その栄えある受賞者の一社に選ばれました。

2018年1月11日
醸造所がIIoTを活用してお気に入りのビールを生産する
IoTジャーナル、ジェイソン・アンダーセン著
このIoT Journalの記事では、StratusのJason Andersen氏が、ビール会社がIndustrial Internet of Thingsを活用してオペレーションと効率を最適化し、実用的な情報をリアルタイムで提供し、予測不可能な消費者主導の今日の市場でビール会社が競争力を発揮できるようにする方法について論じています。

2018年1月8日(金)
インダストリアル・インターネット・オブ・シングスが食品加工にどのような影響を与えているか
食品工学、ウェインラボによる
everRun 編集者ウェイン・ラボによるこの食品工学の記事では、食肉加工業界でストラタスの顧客であるダンビア社のITサービス・デリバリー・マネージャーからの引用を含め、IIoTの利点について詳しく説明しています。

2018年1月2日
IIoTを取り入れて労働者の安全性の問題をなくす
炭化水素処理、ジョン・フライヤー著
この炭化水素処理の記事では、ストラタスのジョン・フライヤーが、炭化水素処理業界におけるIIoTの台頭と、それによって作業員の安全性の問題がどのように改善されるのか、あるいは解消されるのかについて論じています。