ケーススタディ

セキュリティシステムのダウンタイムが起きないときマッカラン国際空港

急速に成長しているラスベガスの空港では、Stratus® everRun® ソフトウェアを利用して、手荷物処理とセキュリティシステムのダウンタイムを防止しています。

マッカラン国際空港は、ネバダ州パラダイスに位置し、ラスベガス・バレーにある主要な商業空港です。卓越した顧客サービス、空港施設、セキュリティを提供することに専念しているマッカランは、世界で25番目に利用者の多い空港であり、北米では9番目に利用者の多い空港であり、毎年4,290万人以上の乗客にサービスを提供しています。マッカランとクラーク郡空港システム内の4つの一般航空施設はネバダ州クラーク郡が所有しており、年間280億ドルの経済生産高、80億ドルの労働収入、201,000人以上の雇用を提供し、地域経済に大きな影響を与えています。マッカラン国際空港がセキュリティシステムのダウンタイム防止ソリューションにeverRun を選んだ理由については、続きをお読みください。

フルケーススタディ