ストラタス、エッジ コンピューティング 戦略を発表

簡素化されたエッジ インフラを求める 90% の産業ユーザーの高まるニーズに対応し、ftServer の更新版と今後の製品の予告を発表

サチューセッツ州メイナードおよびカリフォルニア州サンタクララ発 - 2017年11月29日- 産業界の90%以上の企業がリモート管理が可能なシンプルなエッジインフラを望んでいる中、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの継続的な可用性ソリューションの世界的リーダーであるストラタス・テクノロジーは本日、カリフォルニア州サンタクララで11月29日~30日に開催されるIoT Tech Expoにおいて、エッジ コンピューティング 製品の戦略と方向性を発表しました。この戦略には、ストラタスの主力製品であるftServer の最新バージョンと、堅牢で展開しやすいフォームファクタで強化されたリモート管理サービスを提供するコンバージドエッジシステムのプレビューが含まれています。これらの製品は、インダストリアル・オートメーション(IA)やインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)アプリケーションを展開する分散型企業のユーザーに最適であり、データセンター、工場フロア、ネットワークエッジのいずれにおいても、ミッションクリティカルなエッジアプリケーションの継続的な可用性とリモート管理を簡素化し、顧客の時間とコストを節約します。

ストラタスは、一連の高可用性エッジ コンピュート・ソリューションを提供することで、ARC Advisory Group による新しい世界市場レポートが示すように、エッジ におけるよりインテリジェントなシステムに対するニーズの高まりに対応しています。この調査では、調査対象となったIAユーザーの91%が、より優れたシステムと接続性をエッジ 、リアルタイムの意思決定を改善することができると回答しています。しかし、90%以上が、エッジ コンピューティング が拡大するにつれて、組織はリモートで管理できる簡素化されたエッジ インフラストラクチャを必要とするとも回答しています。ftServerこれに対応するため、ストラタスは、インテリジェントで自己監視・自己診断が可能なエッジ サーバーのバージョン 9 をリリースしました。また、2018年には、OTエンドユーザーの要件を考慮して設計された、多機能で仮想化された集中型エッジ システムの新ファミリーを発表する予定です。ftServer と今後発表される OT システムの組み合わせにより、IA、IIoT、IoT アプリケーションを展開する顧客に理想的なエッジ ソリューションの包括的なセットが提供されます。この一連のエッジ ソリューションとストラタスの多層化に関する全体的なビジョンエッジ コンピューティング は、OTエンドユーザーがIIoTの導入をエッジ とクラウドベースの技術の組み合わせで構成することを確認したARCの調査結果に合致しています。実際、調査回答者の約60%は、今後のエッジ への投資とクラウドへの小規模な投資をバランスよく行うことで、ハイブリッドアプローチをとる予定であると回答しています。

キーメッセージ

  • ストラタスのエッジ ソリューションは、まず ftServerは、分散型企業におけるデジタルトランスフォーメーション構想に最適なシステムです。インテリジェントで自己監視、自己診断、自己修復を行うコンピュータシステムであるftServer は、リモートでのハイブリッド展開や、耐障害性がビジネスクリティカルなプロセス製造業の顧客に最適です。最新バージョンのftServer は、VMwareのサポートに加え、パフォーマンスの向上、可用性の強化、管理性の改善を実現しています。これらの改善により、顧客とパートナーは、価値実現までの時間を短縮し、収益を最大化し、効率を向上させることができます。
  • ストラタスの新しいコンバージドエッジ システムは、単独でもftServer と組み合わせても展開可能で、現在、主要な顧客やパートナーとともにテストを行っており、デモを見ることができます。また、ストラタスは、IoT Tech Expoのブース#270において、近日発売予定のエッジ コンピューティング ソリューションのプロトタイプをプレビューする予定です。具体的な使用例としては、リアルタイム分析、監視制御およびデータ収集(SCADA)モニタリングなどが実演される予定です。
  • ARC Market Report によると、エッジ コンピューティング に対する需要は実際にあり、拡大しています。より多くのデータ集約的な計算ワークロードがエッジ に押し出される中、リアルタイムのリモート管理と簡素化されたエッジ インフラが成功に不可欠となっています。ARC Market Reportの詳細については、こちらをご覧ください。

引用します。

ストラタステクノロジー CEO デイブ・ローレロ
「自動化および接続されたアプリケーションが増えれば増えるほど、真のIIoTビジネス価値を推進するために、高い信頼性と継続的な可用性、操作性のシンプルなエッジ インフラを持つことが顧客にとってより重要になります。特にプラントオペレーターは、特定の専門知識や人材を必要とする複雑なエッジ 技術の導入、実装、管理は望んでいません。インフラは自己管理可能であればあるほど好ましく、各プラントで専用のリソースを確保する必要性を低減します。私たちは、ディスクリート製造だけでなく連続プロセス製造の両方にわたるIAとIIoTの顧客とパートナーのニーズに耳を傾け、まさにそれを実現しています。"

ARC Advisory Group アナリスト兼バイスプレジデント Craig Resnick 氏
「生産性の向上や計画外のダウンタイムの削減を目的とした資産パフォーマンス管理の改善などの運用上の問題により、エンドユーザーはエッジ コンピューティング を導入するようになるでしょう。また、自己管理されたエッジ コンピューティング のインフラをいち早く利用する企業は、機械やプロセスの内部に長い間滞留していたデータをよりよく解き放つことができるようになることでしょう。また、生産の非効率性、製造条件に対する製品品質の比較、安全、生産、環境に関する潜在的な問題の特定をより迅速に行うことができるようになります。このエッジ インフラストラクチャをリモートで管理することで、オペレーターとオフサイトの専門家を即座に結びつけ、ダウンタイムの発生をより迅速に解決、あるいは回避することができます。その結果、オペレーション担当者とIT担当者は、それぞれの専門分野から離れ、それぞれの役割を果たすことができるようになります。

Additional Resources:

ストラタステクノロジーについて

ストラタスは、ビジネスに不可欠なアプリケーションを24時間365日稼働させるための複雑さを解消します。ストラタスのテクノロジーは、データセンターとエッジ の両方で計画外のダウンタイムを未然に防ぎ、当社のサービスによって、お客様が必要とする前にあらゆる問題に対処できるようにします。フォーチュン500に選ばれているグローバル企業や、世界中のさまざまな業種の中小企業は、35年以上にわたって、運用が簡単で継続的に利用できるストラタスに信頼を寄せています。詳細については、www.stratus.comをご覧いただくか、Twitter の@StratusAlwaysOnをフォローしてください。

プレス連絡先

ストラタス
サリー・コモロ
sally.comollo@stratus.com
+1 978-461-7101
+1 781-366-5580 (携帯電話)