Linux 向けの新モデル ftServer 2810、4810、6810 が登場

仮想化されたビジネス クリティカルなワークロードに特化して設計された最新の Linux 向け ftServer が提供するソリューションでは、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、計画停止が軽減され、さらに管理しやすくなっています。ftServer は物理サーバー インフラを統合するための最適なプラットフォームで、仮想化された Windows および Linux アプリケーションの確実な可用性を実現します。Linux (Gen 9) 向け ftServer にアップグレードすれば、利益を生み出すまでの時間を短縮し、収益を最大限に伸ばし、業務効率を高めることができます。

高可用性を確保できて保守に手がかからないので、ftServer に勝るものはありません

シッダリンガ・マーシー氏JSW Steel Limited、アプリケーション マネージャー

主な特徴と強化された機能

Intel Xeon E5-26XX v4 チップセット
ソケットあたり最大 14 コア/28 スレッドで、大量のデータや計算を処理するほとんどのアプリケーションのニーズを満たし、アプリケーションのパフォーマンスを 34% 向上させます。

大容量の高速メモリ
最大 1 TB/2133 MHz のメモリで、拡張性とパフォーマンスが改善されます。

さらに素早く起動
起動時間が10 ~ 20% 短いため、計画停止がさらに軽減されます。

新しいシンプレクス アラート
定期的なリマインダによって、保守を怠ったことが原因の計画外ダウンタイムを最小限にすることができます。

ダウンロード可能な新しい AUL (Automated Uptime Layer)
セキュア ftp サーバーでの提供が開始され、ftServer システムのインストールやアップグレードがさらに簡単になりました。

ftServer 関連情報

All
Application Availability
High Availability
IIoT
エッジ
ダウンタイムのコスト
フォールト トレラント
仮想化