eアラートの設定

everRun

eアラートの設定

電子メールアラート(eアラート)の設定により、管理者の注意が必要なイベントをシステムが検出した場合に、everRun システムがシステム管理者に電子メールを送信できるようになります。

前提条件:eアラートが正しく機能するためには、メールサーバーの設定が必要です。メールサーバーの設定(下記)を参照してください。

eアラートを有効にするには

  1. 左側のナビゲーションパネルにある「環境設定」をクリックして、環境設定ページを開きます。
  2. 「通知」で「eアラート」をクリックします。
  3. [アラートの有効化]ボックスをクリックします。以下の設定を指定または選択するボックスが表示されます。
    • eアラートの言語 - プルダウンメニューから言語を選択します。
    • 受信者リスト(必須) - すべてのeアラート受信者のメールアドレスを入力してください。
  1. [保存]をクリックします(または[リセット]をクリックすると、以前に保存した値に戻ります)。

注:eアラートの設定を有効または更新したときに、テストアラートを生成して、アラートの受信を確認することができます。

メールサーバーの設定

everRun システムが電子メールを送信できるようにするためのメールサーバーの設定

メールサーバーを設定するには

  1. 左側のナビゲーションパネルにある「環境設定」をクリックして、環境設定ページを開きます。
  2. 「システム」で「メールサーバー」をクリックします。
  3. 「メールサーバーの有効化」ボックスをクリックします。以下の設定を指定または選択するボックスが表示されます。
    • SMTPサーバー(必須) - 電子メールの送信に使用するSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サーバーの名前を入力してください。
    • ポート番号(オプション) - eアラートの送信時に使用するポート番号を入力してください。ポート番号が指定されていない場合は、デフォルトのSMTPポート25が使用されます。
    • 送信者の電子メールアドレス - 有効な送信者の電子メールアドレスを指定して、eアラートの配信を有効にします。SMTPサーバーが受け付ける電子メールアドレスであれば、どのようなものでも構いません。
    • 暗号化接続(オプション) - SMTPサーバーが必要とする暗号化プロトコルをプルダウンメニューから選択します。
      • 暗号化しない場合は「なし」。デフォルトでは、ポート番号25が使用されます。
      • TLSは、TLS(Transport Layer Security)プロトコルを意味します。TLSでは、デフォルトではポート番号に25が使用されていますが、Stratus はポート番号に587を指定することをお勧めします。
      • SSLは、SSL(Secure Sockets Layer)プロトコルを意味します。SSLでは、デフォルトではポート番号に25が使用されていますが、Stratusはポート番号に465を指定することをお勧めします。
    • 認証の有効化(オプション) - SMTPサーバーがメール送信に認証を必要とする場合は、このボックスをクリックします。次に、SMTPアカウントのユーザ名とパスワードを入力します。パスワードを入力しない場合は、前回のパスワードが引き続き要求されます。前のパスワードが空で、新しいパスワードを入力しなかった場合、パスワードは空のままです。
  1. [保存]をクリックします(または[リセット]をクリックすると、以前に保存した値に戻ります)。

サポート&サービス

設定に問題がある場合は、サポートセンターにお問い合わせください。

  • 日本国内フリーダイヤル: 0120-128121
  • 国際電話+ 1 602-852-3200

または、電子メール(jp_fts_support@stratus.com)でご依頼ください。