石油ガスを確実に輸送するための効率的かつコスト効率の高いソリューション

グローバルな石油・ガス業界は、現在の緊縮経済のサイクルの影響を受けており、価格への圧力が生じているとともに規制強化にも直面しています。業界への監視が強まる中、課題となっているのは、持続可能な方法で効率化を図ってコストを制御するということです。オートメーション システムは、様々な最適化によって迅速な投資回収ができる、鍵となる部分です。ただし、採取会社、パイプライン輸送会社、地元のガス会社のいずれであっても、運用システムに障害が発生すると、安全面の脅威、コンプライアンス違反、不正会計、その他多くのリスクにさらされることになります。障害が発生した際のこの種の業務中断は、経済的、社会的、さらには安全面にも大きな影響を及ぼします。

https://www.youtube.com/watch?v=j9VX0B4HCVk

ストラタスのソリューションによって得られたものを 3 つあげるとしたら、信頼性、柔軟な構成、そしてサステナビリティです

スティーブ・アダムスコロンビア・パイプライン・グループ、オートメーション電気主任技術者

 動画をご覧ください

従来型のサーバでは問題を解決できません

石油・ガス プロセス制御システムの監視および運用は、運用の効率性とコスト効率性を維持しなければならない最もクリティカルな部分です。システムに障害が発生すると、計画外ダウンタイムが短時間であっても多くの問題を引き起こし、経済的影響、規制面の影響、さらには人命に関わる脅威が生じるおそれがあります。多くの石油・ガス会社は複数のサイトで SCADA や Historian などのクリティカル アプリケーションを従来型のサーバで実行しており、これらの問題を解決できずにいました。このアプローチではダウンタイムの問題は解消されず、スケーラビリティもありません。

これを解決してきた実績のあるソリューションが、連続稼動する仮想化プラットフォームです。仮想化環境では、1 つのプラットフォームで多くのアプリケーションを実行できます。仮想化環境を使用した場合、1 対 1 のサーバ アプリケーション比から 1 対 多のサーバ アプリケーション比に移行し、インフラ コストを削減できます。ただし、1 つのプラットフォームで稼動するアプリケーションが増えれば増えるほど、そのプラットフォームの重要性が高まります。そのようなわけで、仮想化だけでは十分ではありません。仮想化プラットフォームはダウンタイムから完全に保護されている必要があります。

石油ガス業界に特化した可用性ソリューション

ストラタスは、石油・ガス業界で 「always-on = 常に止まらない」石油・ガスパイプライン システムを完全に実現する、信頼性の高い実績ある新型ソリューションです。運用がシンプルでコスト効率が高く、今日の石油・ガス会社に求められている可用性を提供します。

シンプルな導入、連続可用性の提供実績、保守のしやすさ、および運用システムのニーズに合わせたライフスパンという総合的なアプローチを特徴とするストラタスのソリューションは、データ損失を防ぐとともに、IT 専門家がオンサイトに常駐する必要性のないリモート仮想化アプリケーションを提供します。

仮想化の専門知識、運用システムの知識、ワンダーウェア、GE デジタル、ロックウェル・オートメーションなどの大手プロバイダとの強力なパートナーシップを活かせるだけでなく、IIoT (Industrial Internet of Things: 産業分野のモノのインターネット) により勢いを増している新しい機能 (アナリティクスなど) の重要性の高まりを認識しているため、コスト効率の高いシステムの構築、効率性の向上、今日の経済環境が要求するリターンが可能となります。

石油ガス 関連情報

All
Edge
IIoT
アプリケーション可用性
ダウンタイムのコスト
フォールト トレラント
仮想化
高可用性