クラウドコンピューティングの説明

クラウドコンピューティングとは、ハードドライブやローカルサーバーではなく、インターネットを介して処理され、アクセスされるデータのことを指します。

クラウドでミッションクリティカルなワークロードを簡単にサポート

過去10年間で、膨大な量のコンピューティングがクラウドコンピューティングアーキテクチャのために作成されたり、移行されたりしてきました。パブリッククラウドプロバイダーが多くのマインドシェアとワークロードを集めていますが、クラウドコンピューティング自体は、アプリケーションの作成、デプロイ、管理の新しい方法を示すアーキテクチャの動きです。そのため、パブリッククラウドでデプロイするにせよ、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャを管理するにせよ、ビジネスクリティカルなアプリケーションをサポートする必要性も残っています。

クラウド・コンピューティングで高可用性を実現するのは意外と難しい

多くのビジネス・クリティカルなアプリケーションがクラウドで実行されていますが、全体的なアプローチにはいくつかの固有の欠陥があります。例えば、今日のクラウドは一般的に、既製品のクラスタリングや VM 移行ソリューションを利用しています。特長 これらのソリューションでは、トランザクションの損失からアプリケーションを適切に保護することはできず、管理がより複雑になる可能性があります。また、これらの可用性アプローチは、アプリケーションのサービスチェーン全体ではなく、個別のアプ リケーション VM にのみ焦点を当てている傾向があります。これには、追加のコーディングや設定が必要になる場合があります。

さらに、クラウドはコモディティ化されたハードウェアとソフトウェアを中心に設計されています。監視活動のほとんどはクラウド管理ソフトウェアに委ねられています。これは、問題が発生した場合、障害が発生してから管理ソフトウェアが問題に気付いて改善プロセスを開始するまでに大きなタイムラグがあることを意味します。

これらの欠陥はミッションクリティカルなワークロードには望ましくないため、多くの人がこれらの課題を克服するためにアプリケーションを書き換えたり、構築したりしています。これには多くの場合、専門的な開発努力が必要であり、場合によっては、これらのアプリケーションを特定のクラウド展開に合わせて記述しなければなりません。このシナリオでは、この方法でデプロイするためのコストは、コスト削減を容易に上回ります。

クラウドでこの問題を解決する良い方法がある

ストラタスのアプローチは異なります。当社のサーバーは、特別なソフトウェアや構成を必要とせずに、クラウドコンピューティングの高可用性レベルを提供します。これは、当社のftServer システムがハードウェア層で冗長化されているにもかかわらず、VMware や KVM などの主要なハイブリッドクラウドハイパーバイザーをすべてサポートしているからです。さらに、ftServer は、他のコモディティサーバープラットフォームと同じようにハイブリッドクラウド管理ツールに表示されます。

率直に言って、ハイブリッド・クラウドにビジネス・クリティカルなレベルの機能を追加するためのシンプルなプラグアンドプレイの方法です。

主なメリット

クラウド対応のハイパーバイザー

  • Red Hat EnterpriseLinux と KVM のサポート
  • VSphereのサポートとESX

アプリケーションの透明性

  • アプリケーションを変更することなくフォールトトレラントにすることができます。
  • Hybrid Cloud Managerからのデプロイ時にフォールトトレラントを実現

管理が簡単

  • 他のインテルベースのサーバーであるかのようなプレゼンテーション
  • 他のハイブリッドクラウド管理ツールで管理可能

クラウドコンピューティングにおける高可用性特長 と機能性についてはこちらをご覧ください。