上下水道事業において懸念される環境

上下水道事業会社は、人手不足、規制監視の強化、インフラの経年劣化を含む、多くの課題に取り組んでいます。さらに、これらの課題は緊縮予算、水質汚染やクリーンな上水供給などの問題に対する関心の高まりの影に隠れてしまっています。経年劣化した制御システムを最新型のオートメーション インフラに更新することで、すばやい投資回収を実現できるとともに、巨額の投資を行わずに将来のアプリケーション導入に備えられるようになります。

https://www.youtube.com/watch?v=vgioage5_SA

水をつけっぱなしにするのは公衆衛生と安全上の問題です。私たちはダウンタイムを許容することはできません。クラスタ化されたフェイルオーバーサーバーを ftServers に置き換えることで、多くの費用を節約し、全体の運用を簡素化することができました。振り返ったことはありません

ケン・オズボーンSCADAスーパーバイザー Pinellas County Utilities

ピネラス郡のビデオ事例を見る

システム オートメーションにまつわる独自の課題

上下水道事業の専門家が直面している主な課題は、クリティカル オートメーション システムの障害によって引き起こされる計画外ダウンタイムを排除し、問題が発生した場合は、すばやく正確に診断するということです。手動による運用など時間と費用がかかるプロセスに戻ることは問題外としても、最も困難な課題のひとつに SCADA、HMI、および Historian の制御システムの障害への対応が挙げられます。問題は、原因不明のアプリケーション遅延から、長時間検出されないことが多い明白なアプリケーション障害、そして PC やサーバ ハードウェアの障害まで広範囲にわたります。今日の環境では、データが消失した場合に Historian のタイムラインを再構築して正確なレコードを提供することは規制フレームワークの重要な部分となっています。

複雑性とリスクを減らしつつ連続可用性を維持

世界中の多くの上下水道組織にとって、ストラタスは、上記の課題を克服しながらインフラの近代化を目指す上で、重要なソリューションパートナーとなっています。

ストラタスは、上下水道施設にとって、コスト効率が高く、今日の上下水道会社が求める効率性を実現する完全な常時接続システムを提供するための、最新で実績のあるシンプルな選択肢です。

仮想化の専門知識、運用システムの知識、Wonderware、GE Digital、Rockwell Automationなどの大手プロバイダーとの強力なパートナーシップ、そしてインダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)によって推進される新たな機能(分析など)の重要性が高まっていることへの理解を組み合わせることで、費用対効果の高い導入、効率性の向上、そして今日の経済環境で求められるリターンを実現します。

上下水道資源

リソースセンター