ダウンタイムのコストを説明

ミッションクリティカルなシステムが故障している間に失われた収益を定量化できるものをダウンタイムコストといいます。

システムダウンタイムのコスト

ダウンタイムの意味とは?

ビジネスの運営に不可欠と考えられるアプリケーションを導入したことがありますか?これらのアプリケーションがダウンした場合、どのような影響がありますか? 様々な業界のあらゆる分野で、すべての企業が共通して言えることは、計画外のダウンタイムのコストは相当なものであるということです。しかし、ダウンタイムのコストはどのように測定されるのでしょうか? それは個々のビジネスによって異なります。

損失の定量化

ダウンタイムのコストは、生産、データ、信頼性、さらには命の損失によって表されます。 ダウンタイムのコストを表す最も一般的な方法は、ドルで表されます。 あなたのビジネスは、システムがダウンしているときに、1分、1時間、1日、またはそれ以上ごとにどのくらいのお金を失っているのでしょうか?よくわかりませんか?Aberdeen Groupによると、ダウンタイムのコストは2014年から2016年の間に平均して1時間あたり26万ドル増加しました。

驚くべきことに、多くの企業はダウンタイム・コストを定量化可能な指標で追跡していません。つまり、ほとんどの企業は、障害が発生するまでダウンタイムのコストを知ることができません。その時には、そのようなインシデントを防ぐには手遅れです。

予防が鍵

ダウンタイムを防ぐことは、それを測定するための大きなモチベーションになります。企業がどれだけの損失を被っているかを知ることで、どのような予防策を取る必要があるのかを知ることができます。計画外のダウンタイムが1分でも発生した場合、企業は莫大な金額を失うことになり、それは耐障害性の高いソリューションを探し始めることになります。

ストラタスのアプローチ

これらの点を考慮して、ストラタスはオンラインの Stratus Cost-of-Downtime Calculator を開発しました。このツールは、ダウンタイムが組織に与える経済的な影響を把握するのに役立ちます。ダウンタイムをどれだけ早く防ぐことができるかを簡単に判断するのに役立ちます。