ストラタスの統合 everRunディザスターリカバリーソフトウェアのアドオン機能は、データセンターとエッジで前例のない保護を提供し、何が起こってもコンプライアンスと事業継続性を維持しながらビジネスを継続することができます。 everRun ですべてのアプリケーションをデプロイして、ディザスタリカバリ保護の恩恵を受けましょう。

スナップショット技術のメリット

ディザスターリカバリーは、スナップショット技術により、以下のようなメリットを実現しています。

  • お金と時間を節約する

    災害復旧ソフトウェアはeverRun に組み込まれているので、災害復旧ソリューションを別途購入したり、時間とリソースをかけて導入する必要はありません。

  • 今まで以上に速く起きて走る

    ダウンタイムは収益の損失につながり、収益に影響を与えます。システム間DRでは、ファイルの復元方法よりも優れたRPOと迅速なRTOを実現し、災害による収益への影響を最小限に抑えることができます。

  • コントロールを取得

    事前に決められた時点からアプリケーションを再起動してデータを管理し、事業継続計画を実行できるようにします。

  • シンプルな使用方法

    集中化された使いやすいインターフェイスであるStratus One View Consoleから、すべてのDRソースとターゲットを管理します。 これは、特にニューワークのエッジで使用されるアプリケーションに役立ちます。

  • 迅速かつ一貫性のある復元

    インゲストエージェントを必要とせずに、OS、アプリケーション、データを一貫して迅速にリストアします。 アプリケーションの一貫性のあるスナップショットのためのWindows ボリュームシャドウコピーサービスをサポートします。

災害復旧

どのように機能するか

本番環境/プライマリ環境では、everRun をフォールトトレラントまたは高可用性モードで実行する。DR ロケーションは、everRun をディザスタリカバリモードで実行します。どの仮想マシン (VM) を DR モードで実行するかを決定し、Stratus One View Console にある簡単なユーザーインターフェイスを使用して指定することができます。

ディザスターリカバリーは、スナップショット技術によって実現されます。ビルトインのスナップショットメカニズムは、実行中の VM のポイントインタイムバックアップコピーを容易にするように設計されています。スナップショットは、更新をテストしたり、後で使用するために VM の状態を保存するために使用することができます(例えば、以前のバージョンや状態にリカバリするため)。

ユーザーはDRで保護するVMを選択し、そのVMのスナップショットを作成します。その後、スナップショットがDRの場所にあるシングルノードに送信されます。それ以降のスナップショットは、前のスナップショットからの相対的な増分デルタとなり、新しいデータと変更されたデータのみがDRインスタンスにレプリケートされます。災害が発生し、管理者がプライマリサイトやシステムを簡単に復活させることができないことを確認した場合、DRインスタンスへのフェイルオーバーを数分で実行することができます。

データの損失は、構成されたRPOよりも少なくなります。DRインスタンスは、保持されているスナップショットのいずれかから開始することができます。 プライマリサイトまたはシステムが復旧すると、管理者はデータ損失なしでアプリケーションを移行し、アプリケーションの可用性が短時間中断されるだけでアプリケーションを取り戻すことができます。また、管理者は、プライマリサイトのメンテナンス作業の準備をする際に、データを失うことなくDRインスタンスに移行することができます。この移行には、アプリケーションの可用性を短時間中断する必要があります。

データとネットワークのスループットのRPOを計算するには 電卓をダウンロードしてください。

ダウンロード