ztC EdgeとFogHornを組み合わせることで、ミッションクリティカルな環境でシステムダウンが発生してはならない場所においても、高度な冗長化と高いシステムの可用性を実現しながら、現場のリアルタイムデータ解析を実施することができます。


IIoTエッジインテリジェンスを実現する、世界で最もコンパクトで先進的かつ機能豊富なソフトウェアプラットフォームです。FogHornを使用することでコストのかかるマシンの障害やダウンタイムを直接防いだり、産業プロセスの全体的な効率化や安全性をリアルタイムで実現します。その実現のために幅広いハードウェアに対応したリアルタイム分析と機械学習、またAIとの統合環境を提供します。

FogHornは、効率的で拡張性の高いエッジ解析プラットフォームを提供し、産業機械や様々なセンサーからのデータを現場でリアルタイムで処理することができます。
世に現存する「エッジ」ソリューションのほとんどは、センサデータをローカルストレージに取り込み、オフライン分析用のローカルロジックもしくはクラウド環境にてバッチ処理しています。基本的には、「ストアアンドフォワード」または基本的なフィルタリング機能と初歩的な条件演算のみの提供となります。

FogHornソリューションは、小型化された分析エンジンと機械学習(ML)機能も含む複雑なイベント処理(CEP)エンジンで構成され、データを受信した瞬間現場にてデータを貯めずにすぐに処理・解析を行うことが可能です。障害状態を学習・定義し、多数の受信データ上の興味深い複雑な事象を検出を簡易に実現するための、強力かつ表現力豊かなドメイン固有言語(DSL)を提供しています。

小さなフットプリント

FogHornプラットフォームは、CEPエンジン、リアルタイム解析、機械学習など、非常に小さなフットプリントに多くのパワーを搭載しています。また、FogHornのLightningプラットフォームは、産業界で最も幅広い産業機器やプロセッサにシームレスに動作するため、制約の厳しいデバイスの小規模な計算やローカル処理にこのパラダイムシフトを取り入れることができます。

OT(オペレーター)フレンドリー

FogHornテクノロジは、必要なプロセス最適化を効果的に表現する必要のあるOT担当者向けに特別に設計されています。これにより、長年の経験から得たの経験知を取得して組み込むことができ、意味のある分析とそれに基づく機械操作に変換できます。FogHornの簡単なドラッグ&ドロップGUIベースのユーティリティにより、デバイスプログラミングスキルのないOTオペレータでも直感的に扱うことが可能になります。

オンプレミスのフルサポートと特定クラウドベンダへの非依存性

FogHorn Lightning™ ソフトウェアプラットフォームは、完全にエッジ単独で実行することも、プライベートクラウドまたはパブリッククラウド環境に接続し実行することもできます。これにより、ITインフラストラクチャ、セキュリティポリシー、およびコストの点で、最適な展開モデルを現場にあわせて選択することができます。

エッジでの機械学習

FogHorn Lightning ソフトウェアプラットフォームは、エッジにおける機械学習も提供します。これは独自のドメインMLモデルの実行サポートはもちろんのことプリセットの業界標準のアルゴリズムからも選ぶことができ、ライブデータストリームへの機械学習のシームレスなプラグインを容易にします。

FogHorn x ztC Edge

FogHorn Systems™ について

FogHorn (https://www.foghorn.io/) は、産業用/商業用 IoT アプリケーション・ソリューション向け「エッジ・インテ リジェンス」ソフトウェア開発のリーディング・カンパニーです。FogHorn の Lightning ソフトウェア・プラットフォー ムは、高度分析と機械学習のオンプレミス・エッジ環境での活用を可能にし、このプラットフォームによって、高度な監視と診断、マシン・パフォーマンスの最適化、プロアクティブな保守と運用のインテリジェンスなどの新しいタイプのアプリケーションが実現します。FogHorn のテクノロジは、製造、電力、水道、石油・ガス、再生可能 エネルギー、鉱業、輸送、医療、小売などの分野の OEM、システム・インテグレータ、エンドユーザだけでなく、 スマートグリッド、スマートシティ、スマートビルディング、コネクテッドカーなどのアプリケーションにも最適です。

*FogHorn、FogHorn ロゴ、FogHorn SystemsおよびLightning は、FogHorn Systems, Inc. の商標登録または商標です。