メインコンテンツへスキップ
検索

このブログでは、十分な数の osl_server_processes が起動されているかどうかを判断する方法について説明します。

OSLを使用するアプリケーションのパフォーマンスを左右するのは、OSLサーバの数です!OSLサーバの数は、OSLを使用するアプリケーションのパフォーマンスを左右する大きな要因です。

十分な数の osl_server プロセスが実行されているとはどういうことでしょうか?これは、トランザクションが別のモジュールやシステムから到着したときに、そのトランザクションを処理するためにアイドル状態で利用可能な osl_server が常に存在することを意味します。これは、すべての osl_server プロセスがトランザクションを処理している時があってはならないことを意味します。

osl_serverプロセスはlast in first outの方法でスケジュールされているので、トランザクションを完了した最後のosl_serverプロセスが次にスケジュールされたものになります。つまり、最も早いtime_last_runは、すべてのサーバが同時にビジー状態であった最後の時間です。時間が最後の1日か2日の間にあった場合は、おそらくもっと多くのサーバが必要になるでしょう。システムが起動した時の時間であれば、おそらく必要ありません。中間の時間は、その時間がどれくらい前のものか、OSLのスローダウンに耐えられるかどうかに基づいて判断する必要があります。図1に、いくつかの osl_server プロセスの time_last_run を表示するために必要なコマンドを示します。

as: process -process_name osl_server1; match time_last_run; dump_pte
非実行中のプロセスを使用しています。
現在のプロセスは 52, ptep 8D82E500,seer.System (osl_server1) です。
8D82E500 での PTE atseer.System (osl_server1)
TIME_LAST_RUN.          00000000 01834C2E (09-07-20 15:36:51.31266)
as: process -process_name osl_server2; match time_last_run; dump_pte
非実行中のプロセスを使用しています。
現在のプロセスは 53, ptep 8D872000,seer.System (osl_server2) です。
8D872000 での PTE atseer.System (osl_server2)
time_last_run.          00000002 462972DC (09-07-22 08:54:17.46376)
as: process -process_name osl_server3; match time_last_run; dump_pte
非実行中のプロセスを使用しています。
現在のプロセスは 54, ptep 8D874000, Overseer.System (osl_server3) です。
8D874000 での PTE atseer.System (osl_server3)
time_last_run.          00000000 0183947E (09-07-20 15:36:51.59513)
.. . .
as: プロセス -process_name osl_server6; match time_last_run; dump_pte
非実行中のプロセスを使用しています。
現在のプロセスは 57, ptep 8D87B440,seer.System (osl_server6) です。
8D87B440 での PTE at Overseer.System (osl_server6)
time_last_run.          00000000 01DBF96A (09-07-20 15:38:19.98936)
として。
図 1 - time_last_run の表示

この投稿の最後にあるマクロ osl_server_times.cm は、時間_last_run 時間のソートされたリストを保持する osl_server_times.また、このファイルをターミナルウィンドウに表示する。osl_server プロセスが osl_serverN という名前であることを前提としています。そうでない場合は、自分のベースとなる名前を指定することができます。これはすべてのプロセスが共通のベース名を持っていることを前提としています。最初に表示される時間は、すべてのサーバが同時に実行された最後の時間です。 ログイン時間は、プロセスがいつ起動されたかを示しています。

例 1 は 6 つの osl_server プロセスが実行されているモジュールを示しています。6 つのプロセスはすべてシステムが起動されてから使用されていますが、最後の実行時間からすると、おそらく起動中のリカバリーに関係していると思われます。システムが起動してから 2 日間で使用されたのは 2 つのプロセスだけです。システムが起動して新しいトランザクションを処理できるようになるまでの時間に問題がない限り、私はこのモジュールにこれ以上のプロセスを追加しません。

osl_server_times.cm は %phx_vos#m16 で実行されました。

      time_last_run CPUログイン時間プロセス
                                                       なまえばんごう
 09-07-20 15:36:51.31266 / 0.87 / 09-07-20 15:33:49 / OSL_SERVER1 / 52
 09-07-20 15:36:51.31484 / 1.32 / 09-07-20 15:33:50 / osl_server5 / 56
 09-07-20 15:36:51.59513 / 0.81 / 09-07-20 15:33:49 / osl_server3 / 54
 09-07-20 15:38:19.98936 / 2.51 / 09-07-20 15:33:50 / osl_server6 / 57
 09-07-22 08:54:17.46376 / 1.59 / 09-07-20 15:33:49 / osl_server2 / 53
 09-07-22 15:26:35.14511 / 2.77 / 09-07-20 15:33:49 / osl_server4 / 55
例 1 - すべてのプロセスがある程度の CPU 時間を持っているが、それ以上追加する必要はない

例 2 では、モジュールは 40 の osl_server プロセスを実行しています。13 のプロセスは 7 ヶ月以上前にモジュールが起動されてから実行されていないので、多くのプロセスが実行されています。

osl_server_times.cm は %XXXXX#m1 で実行されました。

      time_last_run CPUログイン時間プロセス
                                                       なまえばんごう
 10-08-01 07:45:02.68817 / 0.02 / 10-08-01 07:45:02 / OSL_SERVER1 / 84
 10-08-01 07:45:06.45556 / 0.00 / 10-08-01 07:45:06 / OSL_SERVER2 / 85
 10-08-01 07:45:10.47752 / 0.00 / 10-08-01 07:45:10 / OSL_SERVER3 / 86
 10-08-01 07:45:14.51074 / 0.00 / 10-08-01 07:45:14 / OSL_SERVER4 / 87
 10-08-01 07:45:18.53199 / 0.00 / 10-08-01 07:45:18 / OSL_SERVER5 / 89
 10-08-01 07:45:22.62286 / 0.01 / 10-08-01 07:45:22 / OSL_SERVER6 / 92
 10-08-01 07:45:26.67370 / 0.01 / 10-08-01 07:45:26 / OSL_SERVER7 / 93
 10-08-01 07:45:30.70518 / 0.00 / 10-08-01 07:45:30 / OSL_SERVER8 / 94
 10-08-01 07:45:38.26467 / 0.02 / 10-08-01 07:45:34 / osl_server9 / 95
 10-08-01 07:45:38.77099 / 0.01 / 10-08-01 07:45:38 / OSL_SERVER10 / 96
 10-08-01 07:45:42.80245 / 0.01 / 10-08-01 07:45:42 / OSL_SERVER11 / 97
 10-08-01 07:45:46.82534 / 0.00 / 10-08-01 07:45:46 / OSL_SERVER12 / 98
 10-08-01 07:45:50.85063 / 0.00 / 10-08-01 07:45:50 / OSL_SERVER13 / 99
 11-03-18 14:33:15.59938 / 9514.24 / 10-08-01 07:46:15 / osl_server19 / 105
 11-03-18 14:43:22.17904 / 30208.59 / 10-08-01 07:46:19 / OSL_SERVER20 / 106
 11-03-18 14:45:00.93608 / 19494.54 / 10-08-01 07:45:58 / osl_server15 / 101
 11-03-18 19:29:54.04067 / 37248.83 / 10-08-01 07:46:55 / osl_server25 / 111
 11-03-20 00:19:10.75480 / 28961.64 / 10-08-01 07:46:10 / osl_server18 / 104
 11-03-20 04:13:02.01803 / 667.23 / 10-08-01 07:45:54 / osl_server14 / 100
 11-03-20 07:51:16.66950 / 40151.59 / 10-08-01 07:46:51 / OSL_SERVER24 / 110
 11-03-20 08:10:21.71397 / 16944.88 / 10-08-01 07:46:02 / OSL_SERVER16 / 102
 11-03-20 08:12:03.16114 / 39066.37 / 10-08-01 07:46:23 / OSL_SERVER21 / 107
 11-03-20 08:12:56.92729 / 37474.92 / 10-08-01 07:46:31 / osl_server23 / 109
 11-03-20 08:12:56.94239 / 6425.76 / 10-08-01 07:46:06 / OSL_SERVER17 / 103
 11-03-20 08:12:59.07991 / 33316.21 / 10-08-01 07:46:27 / OSL_SERVER22 / 108
 11-03-20 08:13:03.05792 / 0.02 / 11-03-20 08:12:59 / OSL_SERVER26 / 2317
 11-03-20 08:13:16.25518 / 0.02 / 11-03-20 08:13:06 / OSL_SERVER28 / 2319
 11-03-20 08:13:16.25527 / 0.01 / 11-03-20 08:13:03 / OSL_SERVER27 / 2318
 11-03-20 08:13:21.606888 / 0.02 / 11-03-20 08:13:16 / OSL_SERVER30 / 2321
 11-03-20 08:19:09.81250 / 0.15 / 11-03-20 08:13:20 / OSL_SERVER31 / 2322
 11-03-20 08:50:04.73651 / 0.45 / 11-03-20 08:13:30 / osl_server33 / 2324
 11-03-20 21:02:34.17459 / 68.30 / 11-03-20 08:50:49 / osl_server39 / 2406
 11-03-21 15:20:20.30186 / 170.07 / 11-03-20 08:50:55 / osl_server40 / 2407
 11-03-21 15:32:56.10295 / 211.96 / 11-03-20 08:50:45 / osl_server38 / 2405
 11-03-21 15:32:56.10362 / 124.29 / 11-03-20 08:13:10 / OSL_SERVER29 / 2320
 11-03-21 15:32:59.99746 / 202.52 / 11-03-20 08:13:24 / osl_server32 / 2323
 11-03-21 15:33:01.02978 / 175.24 / 11-03-20 08:13:37 / osl_server35 / 2326
 11-03-21 15:33:01.35322 / 211.63 / 11-03-20 08:13:33 / osl_server34 / 2325
 11-03-21 15:33:01.38417 / 201.76 / 11-03-20 08:50:38 / OSL_SERVER36 / 2403
 11-03-21 15:33:01.46699 / 194.44 / 11-03-20 08:50:41 / osl_server37 / 2404
例 2 - 起動時から実行されていないプロセスがあるので、追加する必要はありません。

この最後の例は、より多くの osl_servers が必要な場合を示しています。モジュールは20台のサーバーを実行していますが、20台すべてがマクロを実行してから24時間以内に使用されていました。

osl_server_times.cm は %XXXXX#m11 で実行されました。

      time_last_run CPUログイン時間プロセス
                                                       なまえばんごう
 11-03-20 18:37:18.97851 / 3079.12 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 56
 11-03-20 18:37:18.97999 / 5044.43 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 48
 11-03-20 18:37:22.37568 / 2485.06 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 51
 11-03-20 18:37:26.99446 / 3637.60 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 52
 11-03-20 18:37:26.99464 / 3329.56 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 62
 11-03-20 18:38:04.86495 / 3556.72 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 54
 11-03-20 18:38:48.53218 / 2509.57 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 63
 11-03-20 18:39:06.44256 / 3434.27 / 10-09-10 08:04:39 / osl_server / 67
 11-03-20 18:39:06.44291 / 4478.29 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 64
 11-03-20 18:39:06.45211 / 2918.82 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 49
 11-03-20 18:39:06.45213 / 3131.79 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 53
 11-03-21 03:00:35.69830 / 2477.28 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 58
 11-03-21 03:00:35.74118 / 3411.54 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 59
 11-03-21 03:00:36.86657 / 3225.85 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 61
 11-03-21 12:14:28.10003 / 2897.49 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 60
 11-03-21 12:14:28.10185 / 3983.01 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 57
 11-03-21 15:07:43.19355 / 2736.61 / 10-09-10 08:04:37 / osl_server / 50
 11-03-21 15:12:11.08222 / 2892.31 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 66
 11-03-21 15:12:13.61254 / 4489.65 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 65
 11-03-21 15:48:52.71038 / 3601.19 / 10-09-10 08:04:38 / osl_server / 55
例3 - より多くのサーバーが必要な場合

2つの設定ファイルを編集、コンパイル、インストールすることで、OSLサーバーの数を増やす(または減らす)ことができます。これらの変更は次回の再起動時に行われます。 OSLサーバの数を制御するチューニングパラメータは、new_modules.tinとnew_backbone_systems.tinのmax_open_serversの値です。module_start_up は max_open_servers の値を使用して、起動する osl_server プロセスの数を計算します。モジュールがブリッジモジュールでない場合は2 * max_open_serversを開始し、ブリッジモジュールの場合は4 * max_open_serversを開始します。

module_start_up.cm で ADDITIONAL_OSL_SERVERS の値を設定することで、デフォルトの max_open_servers の 2 倍か 4 倍の値よりも多くの OSL_SERVERS プロセスを起動することができます。また、再起動せずにコマンドラインからより多くのプロセスを起動することもできます。この記事の最後にある start_more_osl_servers.cm マクロを使うと、より多くのプロセスを簡単に起動することができます。

もし多くの osl_server プロセスを実行している場合、それらを停止することができますが、もし必要になった場合には、それらはそこには存在しません。一般的に、余分な osl_server プロセスを実行していても、かなりの量のリソースを使用することはありません。しかし、余分なプロセスを停止したい場合は、stop_process コマンドを使うべきではありません。osl_server プロセスには、現在のトランザクションを完了した後、優雅に終了するように指示するスイッチがあります。stop_sw という名前のスイッチは短く、-1 に設定する必要があります。

as: プロセス -process_name osl_server1
非実行中のプロセスを使用しています。
現在のプロセスは 52, ptep 8D82E500,seer.System (osl_server1) です。
as: set_word stop_sw -1
からのアドレス
000730F4 0000 0000 FFFF
として。
図 2 - osl_server プロセスの停止

プロセスは現在のトランザクションが完了した後にのみ終了するので、最後に実行されたプロセスに設定する必要があります。

& osl_server_times starts here
&
& osl_server_times.cm
& version 1.0 09-07-10
& version 1.1 09-07-17 check to make sure that the data is on the
&                      expected line of output, if not adjust down 1 line
&                      and correct parsing for process name
& version 1.2 09-07-20 added a parameter for matching the osl_server
&                      process name instead of assuming that the name
&                      will be osl_server
& version 1.3 10-06-23 added &echo so macro can be used as started
&                      process. Note be sure that the name of the started
&                      process does not match the name of the osl_server
&                      processes or macro will abort. For example,
&                      osl_serverN for the osl_server processes and
&                      osl_server_times for the process running this
&                      macro will cause the macro to abort.
& version 1.4 11-03-21 cleaned up some comments prior to publication
&
& Noah Davids Stratus CAC noah.davids@stratus.com
&
&
&begin_parameters
MATCH match_name:string,required,=osl_server
&end_parameters
&
&
&echo no_input_lines no_command_lines no_macro_lines
&
&set_string PD (process_dir)
&set_string PL &PD&>process_list
&set_string LR &PD&>last_run
&set_string LI &PD&>login
&set_string CPU &PD&>cpu
&
&set_string TABLE &PD&>osl_server_times
&
&
& Create a new file or write over an existing file
attach_default_output &TABLE&
detach_default_output
&
&
&attach_input
analyze_system
&
&
& build a file containing a list of all the osl_server processes
..attach_default_output &PL&
match &MATCH&; who
..detach_default_output
&
&
& The first line has an "as: " prompt before the output which has to be
& stripped. Also the process name is name is in () which gives the
& command processor problems since it thinks it is a command function
& so translate the ()s to []. Finally translate spaces to underscores so
& I don't have to keep using the quote command function.
&set LINECOUNT 1
&set_string LINE &+
   (ltrim (substr (translate &+
      (contents &PL& &LINECOUNT& -hold) '[]' '()') 4))
&set_string LINE (translate (quote &LINE&) '_' ' ')
&
&
& LOOP until we hit a line that is just the as: prompt
&while X&LINE&X ^= Xas:X
&
&
& The first space will delimit the process number
&set I (calc (index &LINE& '_') - 1)
&set PROCESS (substr &LINE& 1 &I&)
&
&
& Look for the [] characters, everything between them is the process name
&set I (calc (index &LINE& '[') + 1)
&set J (calc (index &LINE& ']') - &I&)
&set_string NAME (substr &LINE& &I& &J&)
&
&
& create a temporary file and put the output of the analyze_system
& request dump_pte in it. We match on time_last_run so there is only a
& few lines in the output file
..attach_default_output &LR&&PROCESS&
process &PROCESS&
match 'time_last_run' ; dump_pte
..detach_default_output
&
&
..attach_default_output &LI&&PROCESS&
match 'login' ; dump_pte
..detach_default_output
&
&
..attach_default_output &CPU&&PROCESS&
match 'cpu_time:' ; dump_pte
..detach_default_output
&
&
& The time is in line 4. Even though the time is in ()s we don't have
& to translate because we are going to extract out the time before the
& command processor has a chance to get confused
&if (substr (contents &LR&&PROCESS& 4) 2 4) = 'time'
&then &set_string LRTIME (substr (contents &LR&&PROCESS& 4) 45 23)
&else &do
&set_string LRTIME (substr (contents &LR&&PROCESS& 5) 45 23)
..display_line
..display_line process &PROCESS& last run shifted by 1 line
&end
&
&
& Now get the login time
&if (substr (contents &LI&&PROCESS& 2) 2 5) = 'login'
&then &set_string LITIME (substr (contents &LI&&PROCESS& 2) 36 17)
&else &do
&set_string LITIME (substr (contents &LI&&PROCESS& 3) 36 17)
..display_line
..display_line process &PROCESS& login time shifted by 1 line
&end
&
&
& Finally get the CPU time
&if (substr (contents &CPU&&PROCESS& 2) 2 3) = 'cpu'
&then &set_string CPUTIME (translate &+
        (contents &CPU&&PROCESS& 2) '[]' '()')
&else &do
&set_string CPUTIME (translate &+
        (contents &CPU&&PROCESS& 3) '[]' '()')
..display_line
..display_line process &PROCESS& cpu time shiffed by 1 line
&end
&set_string CPUTIME (translate (quote &CPUTIME&) '_' ' ')
&set I (calc (index &CPUTIME& '[') + 1)
&set_string CPUTIME (substr &CPUTIME& &I&)
&set I (calc (index &CPUTIME& '_') - 1)
&set_string CPUTIME (substr &CPUTIME& 1 &I&)
&
&
& Now add a line to our table time - process name - process number
..attach_default_output &TABLE& -append
..display_line &LRTIME& / &CPUTIME& / &LITIME& / &NAME& / &PROCESS&
..detach_default_output
&
&
& increment the line count, read another line from the process list and
& translate the ()'s and spaces
&set LINECOUNT (calc &LINECOUNT& + 1)
&set_string LINE (translate (contents &PL& &LINECOUNT& -hold) '[]' '()')
&set_string LINE (translate (quote &LINE&) '_' ' ')
&end
&
&
& exit analyze_system
quit
&
&
& The table has a bunch of lines that are nothing but as: prompts. The
& sort -duplicate_path gets rid of all but the first as: line and also
& sorts the rest of the lines so that the process last run longest ago
& is first.
sort &TABLE& -duplicates_path &PD&>extra
&
&
& use line_edit to remove the as: prompt from the table and also add
& column headers
&set_string H &+
   osl_server_times.cm run on (current_module) at (date).(time)
&attach_input
line_edit &TABLE& -no_keystrokes -no_backup -no_verbose
insert
         &H&

      time_last_run        CPU       login time           process
                                                       name    number
.
change * !as:  ! ! *
write
quit
&detach_input
&
&
& copy the table out of the process_dir and into the current dir.
&set_string DT (date)
copy_file &TABLE& osl_server_times.&DT& -delete
display_file osl_server_times.&DT&
&
& osl_server_times ends here
図3 - osl_server_times.cm
& start_more_osl_servers starts here
&
& start_more_osl_servers.cm
& version 1.0 09-07-21
&
& Noah Davids Stratus CAC noah.davids@stratus.com
&
&
&begin_parameters
BASE base_name:string,required,=osl_server
START starting_index:number,required
END   ending_index:number,required
&end_parameters
&
&
&  ********** If this is a bridge module, the -super switch should be
&  ********** given to each osl_server process.
&  ********** Redirect the output of the osl_admin request to a temp file
&
attach_default_output (process_dir)>foo
osl_admin -quit -request_line 'get i_am_bridge'
&set bridge (command_status)
detach_default_output
&
&if &bridge& ^= 0
&then &set OPTS (string -super -syserr)
&else &set OPTS (string -syserr)
&
&
&  **********  Use a loop to start the desired number of servers.
&
&set COUNT &START&
&label LOOP
&
&set OUT &BASE&&COUNT&.out
&set CMD (string osl_server &$OPTS& -server_suffix &COUNT&)
&
&
&  ********** If it exists, save the old output file.
&
&if (exists &OUT&) ^= 0
&then !rename -delete &OUT& *.old
&
&
&  ********** Create a new output file and turn on implicit locking. This
&  ********** will allow the file to be displayed while the osl_server is
&  ********** still running.
&
!create_file &OUT&
!set_implicit_locking &OUT& on
!start_process &$CMD& -privileged -output_path &OUT& -priority 9 &+
   -process_name &BASE&&COUNT&
&
&
&  ********** Loop back around until enough osl_server processes have
&  ********** been started.
&
&set COUNT &COUNT& + 1
&
&if &COUNT& <= &END&
&then &goto LOOP
&
&
& start_more_osl_servers ends here
図 4 - start_more_osl_servers.cm

 

メニューを閉じる

© 2020ストラタステクノロジー.