COVID-19ウイルスに関するお客様とパートナーのためのヘルプと備え

COVID-19(新型コロナウイルス)の大流行を受け、多くのビジネスリーダーが新たな市場の状況に適応しつつ、さらなる市場の変化に備えています。一時的に業務の規模を縮小している企業もあれば、より緊急性の高いニーズを満たすために生産を新たな目的にシフトしている企業もあります。

このような状況は、リーダーが自社の業務を総合的に顧みて、改善点を探すためのまたとない機会となっています。リーダーは、リスクを軽減し、プロセスが時代遅れにならないように、業務をデジタル化する機会を模索しているかもしれません。ストラタスは、企業の重要なデータを安全かつリモートで保管するための支援を行ってきた40年の経験に基づき、ビジネスクリティカルな業務を簡素化、保護、自動化し、将来に備えるために、デジタル トランスフォーメーションを導入するためのベスト プラクティスに関する以下のようなリソースを開発しました。

Stratus “Lend a Hand”
Services program

Support and services offerings to help you during these challenging times.(日本対象外)

Learn more about our offers

ビジネス オペレーションの継続性

危機的な状況下でのビジネスの継続性を重視

組織は災害復旧に膨大な時間を費やしていますが、多くの場合、災害から復旧しようとするよりも、災害を未然に防ぐことの方が望ましく、費用対効果も優れています。ビジネスの継続性は、危機の発生時にビジネス オペレーションを維持する方法を推進します。つまり、危機発生後も競争力を維持するため、ビジネスを自動化し最新化します。

最新のSCADAインフラストラクチャーによる運用効率の向上

現在危機に直面している多くの産業は、歴史上で最も変革を余儀なくされる時期を経験しているといえます。経済成長の鈍化、代替エネルギー、ポスト新型コロナウイルスに関連する需要への懸念から、業界は将来に向けて最大限の効率性を確立するために、エッジおよびテクノロジーインフラを再考する必要に迫られています。

産業オートメーションの成長が遅れる一方、IIoTがエッジコンピューティングの早期導入者にビジネスチャンスを提供

米ストラタステクノロジーの最高売上責任者であるJason Dietrich(ジェイソン・ディトリッヒ)は、デジタル トランスフォーメーションを採用し、エッジ コンピューティングを活用している企業のメリットについて、次のように述べています。「デジタル トランスフォーメーションと現状打破を目指すスマートな企業は、今すぐ設備投資を行うことでメリットを享受し、市場回復後の需要とビジネス機会の増加に備えることができます」

勢いを増すスマート マニュファクチャリング

このブログでは、現在のオペレーションやインフラの稼働を維持する目的で、新しい技術や既存の技術を採用するための戦略を明確にするにあたっての重要な推奨事項を紹介しています。

デジタル トランスフォーメーションの過程でインテリジェントなエッジを構築

企業で最適なエッジ コンピューティングの導入を実現するにはどうすべきか理解した上で、IT/OT/CTのコンバージェンス(融合)、さらにはデジタル トランスフォーメーションをどのようにスタートさせるか解説します。ご紹介するベストプラクティスは、デジタル トランスフォーメーションを開始する際に役立ちます。

「Always-On World」環境に対応するインフラの整備

障害後のリカバリー計画を確立するだけではなく、ダウンタイムを防ぐことが正しいアプローチです。リアルタイムの監視や制御、アセットのパフォーマンス管理をサポートするインフラによって、ビジネス クリティカルなオペレーションの高可用性が担保されます。

製造業におけるサーバー仮想化

企業のデータセンターでは、サーバー仮想化のメリットが大きいことに加えて、エッジでのライフサイクル管理の問題に対処できるため、この技術は産業オートメーションや生産の最新化プロジェクトに理想的だといえます。仮想化のベストプラクティスは、現在の危機後に自社のポジションを確立するために役立ちます。

セキュリティと防御

エッジ セキュリティ戦略の構築

エッジ コンピューティングと産業オートメーションのソリューションは、データセンターの外部で稼働するためセキュリティが主な懸念事項の1つとなります。このブログでは、エッジ セキュリティ戦略策定における検証事項について説明します。

将来性のある自律型の職場環境

アプリケーションとアナリティクスのための運用アーキテクチャーの実現

分散型コンピューティングと仮想化サーバーの活用戦略において、柔軟性のある運用アーキテクチャーを構築することで、人材、プロセス、技術の拡張性を担保すると同時に、将来性のある本番環境に適合させることができます。

計画外のダウンタイムを削減し、将来にわたって活用できるオートメーション システムを支援するストラタスのアプローチ

この「ARC View」では、仮想化を使用することで柔軟性を最大限に高め、管理を簡素化するとともに計画外のダウンタイムを最小限に抑える方法について詳しく説明しています。また、以前は別々に存在していたOTとITが融合がはじまっており、計画外のダウンタイム、セキュリティ、プラットフォームの効率性に関する共通の基盤が生まれていることについても解説します。

その他のリソース

Existing customers

Log into Service Portal

Log In
Other inquires

Request a quote

Chat with us