COVID-19:お客様・パートナー様へのご支援と備え

COVID-19のパンデミックを考えると、多くのビジネスリーダーが新たな市場の状況に適応しながら、さらなる市場の変化に備えていることがわかります。一時的に業務を縮小している企業もあれば、より緊急のニーズを満たすために生産を新たな目的にシフトしている企業もあります。

これは、リーダーが自社の業務を総合的に見て、改善点を探すためのまたとない機会を提供しています。リーダーは、リスクを軽減し、将来のプロセスを検証するために、業務をデジタル化する機会を模索しているかもしれません。当社は、40年以上にわたり企業の貴重なデータを安全かつリモートで保護するための支援を行ってきた経験に基づき、ビジネスに不可欠な業務を簡素化、保護、自動化し、将来に備えるために、デジタルトランスフォーメーションを採用するためのベストプラクティスを以下のリソースにまとめました。

ストラタス "Lend a Hand"
サービスプログラム

このような困難な時期にあなたを助けるためのサポートとサービスの提供。

オファーの詳細はこちら

事業継続性

危機時の事業継続性を重視

組織は災害復旧に膨大な時間を費やしていますが、多くの場合、災害から復旧しようとするよりも、災害を未然に防ぐことの方が望ましいし、費用対効果も高いのです。事業継続は、危機時に事業運営を維持するための方法を推進するものであり、本質的には、危機後も競争力を維持するために事業を自動化し、近代化することです。

最新のSCADAインフラストラクチャで運用効率を向上

現在の健康危機に直面して、多くの産業は、歴史上最も変革的な時期の一つを通過することになるだろう。経済成長の鈍化、新しいエネルギー代替、ポストCOVID-19に関連する需要の懸念は、業界が将来のために最大限の効率性を構築するために、そのエッジと技術インフラを再考する原因となるだろう。

産業用オートメーションの成長は遅れているが、IIoTは早期導入者にチャンスを提供しているエッジ コンピューティング

ストラタス・テクノロジーズの最高収益責任者であるジェイソン・ディートリッヒ氏は、デジタルトランスフォーメーションを採用し、エッジ コンピューティング テクノロジーを採用している企業にとってのメリットの概要を次のように述べています。"デジタルトランスフォーメーションを行い、現状を打破しようとしている賢い企業は、今すぐに設備投資を行うことでメリットを享受し、市場が回復したときの需要と機会の増加に備えることができます。

スマートマニュファクチャリングが勢いを増している

このブログでは、現在の運用やインフラの稼働を維持するために、新しい技術や既存の技術を採用するための戦略を定義する際の重要な推奨事項を紹介しています。

デジタルトランスフォーメーションの旅でインテリジェントなエッジを構築する

エッジ コンピューティング が組織にどのようにフィットするかを理解し、IT/OT/CT コンバージェンスにどのように対処するかを理解した上で、デジタルトランスフォーメーションの旅を開始する方法を学びましょう。これらのベストプラクティスは、あなたがデジタルトランスフォーメーションの旅を始めるのに役立ちます。

常時接続の世界に向けてインフラストラクチャを準備

復旧だけを計画するのではなく、ダウンタイムを防ぐことが正しいアプローチです。リアルタイムの監視制御と資産パフォーマンス管理をサポートするインフラストラクチャは、ビジネスクリティカルなオペレーションの高可用性を確保します。

製造業におけるサーバー仮想化

企業のデータセンターにおけるサーバ仮想化のメリットは説得力がありますが、エッジでライフサイクル管理の問題に対処できることから、仮想化は産業オートメーションや生産の近代化プロジェクトに理想的なものになるかもしれません。仮想化のベストプラクティスは、組織が危機後の世界に向けて自らのポジションを確立するのに役立ちます。

セキュリティと保護

エッジセキュリティ戦略の構築

エッジ コンピューティング や産業用オートメーション・ソリューションを導入する際の主な懸念事項の一つは、データセンターの外で動作するため、セキュリティです。これらは、エッジ・セキュリティ戦略を作成する際に考慮すべき点をいくつか挙げています。

将来を見据えた自律型作業環境

アプリケーションとアナリティクスのための運用アーキテクチャの実現

分散コンピューティングや仮想化サーバを活用した戦略の柔軟性を備えた運用アーキテクチャを確立することで、将来性のある生産環境を実現するための全体的なアーキテクチャに適合しながら、人、プロセス、技術をスケーラブルに活用できる生産環境を構築します。

ストラタスのアプローチにより、計画外のダウンタイムを削減し、将来の自動化システム資産の保護に貢献します。

このARC Viewでは、仮想化を使用することで、柔軟性を最大化して管理を簡素化しながら、計画外のダウンタイムを最小化する方法を詳しく説明しています。さらに、これまで別々に存在していたOTとITの世界が融合し、計画外のダウンタイム、セキュリティ、およびプラットフォームの効率性に関する共通の基盤を提供します。

追加リソース

既存のお客様

サービスポータルにログイン

ログイン
その他のお問い合わせ

お問い合わせ

私達とチャット