リシールライセンス

ストラタステクノロジー ftServer ソフトウェアのエンドユーザー使用許諾契約書(EULA)や、システムとともにインストールされた他のソフトウェアのライセンスをリセットするために、ライセンスの再封印を行うことができます。これらの EULA は、インストールされたソフトウェアを使用するための条件を示しています。ライセンスを再封印すると、EULA がシステム起動時に再び表示されます。フォールトトレラントソフトウェアを有効にするには、ユーザーはEULAに同意する必要があります。

このウェブページでは、リセラーまたはパートナーが、ftServer システムのライセンスをリセットするために、各オペレーティング システム上で行う必要のある手順を説明します。 これらの手順は、OS および AUL ソフトウェアをインストールした後、システムをお客様に出荷する前に実行してください。 各手順により、Stratus の EULA および顧客サービス条件、およびその他の必要なソフトウェアの EULA が、手順を実行した後の次の起動時に表示され、エンドユーザがそれらを受け入れることができるようになります。 OS によって手順が異なることに注意してください。

Linux リセット手順

Red Hat® Enterprise Linux® オペレーティングシステムおよび Automated Uptime Layer forLinux-basedftServer システムの初期インストール時に、ユーザーがすべての EULA を受け入れると、以下のファイルが作成されます。

gpl.accepted
少ない方のgpl.accepted
redhat.accepted
ストラタスアクセプタンス
stratus_service_termms.accepted

次回システムが起動したときに EULA の質問を再度有効にするには、これらのファイルを削除する必要があります。 ファイルを削除すると、次回システムが起動したときに EULA の質問が表示されます。

EULA受諾ファイルを削除するには、rootでログインし、ターミナルウィンドウで以下のコマンドを実行します。

# rm /opt/ft/license/*.accepted

Windows 再封手続き

Automated Uptime Layer forWindows ベースのシステムでは、以下のいずれかの方法でライセンスを再封印することができます。どちらの方法でも、手順が完了してシステムがシャットダウンした後、ディスク イメージング ソフトウェア (Ghost など) を使用してブート ディスクのイメージを作成できます。このイメージを配布に使用することができます。

方法1.

Automated Uptime Layer の最初のインストール中に、[Perform Mini-Setup] オプションを選択し、Automated Uptime(TM) Layer のインストールを続行します。このオプションを選択すると、ライセンスの再設定を行うsysprepユーティリティが自動的に実行されます。このオプションの詳細については、Stratus Automated Uptime Layer forWindows-basedftServer システムを参照してください。システム:インストールと構成(R002W) を参照してください。

方法2.

以下のようにsysprepユーティリティを実行します。

  1. Automated Uptime Layerのインストールが完了したら、管理者権限でコマンドプロンプトを開きます。
  2. ディレクトリを以下のように変更します。
  3. そのディレクトリから、以下のコマンドを実行します。コマンドの実行が完了すると、ftServer システムはシャットダウンします。
    ftSys_sysprep.bat shutdown

ESX リセット手順

近日中に