IoTの普及とともに注目されるようになったエッジコンピューティング。このエッジコンピューティングは、クラウドと相対するものとして考えられることもありますが、実際は完全に反対のものではありません。エッジコンピューティングとクラウド、そして従来のオンプレミスとの違いはどこにあるのでしょうか。エッジコンピューティングがなぜ注目されるのか、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

エッジコンピューティングの時代へ

注目されるエッジコンピューティングとはどのようなものでしょうか。その意味から見てみましょう。

エッジコンピューティングとは

モバイルコンピューティングやIoT(モノのインターネット)といった技術は、今や多くの産業に欠かせないものとなっています。これらの技術において最も重要なのは情報の伝達と処理、すなわちITです。こういった、情報のリアルタイム性が重要視されるテクノロジーを実現するための、分散型オープンITアーキテクチャーがエッジコンピューティングです。

エッジコンピューティングの特徴は分散処理能力にあるとされています。エッジコンピューティングではデータを遠く離れたデータセンターへと送信しません。そのデバイス自体、またはデバイスに近い場所にあるコンピューターまたはサーバーでデータを処理します。こうすることにより、負荷を分散し、通信の遅延を限りなく小さくすることを目的としています。

エッジコンピューティングの「エッジ」とは、コンピューターネットワークの端(はじ)や縁(へり)を意味します。ネットワークの中央がデータセンターのようなクラウドだとすると、エッジ(端)にあるのはスマートフォンやタブレットのようなインターネットに接続しているIoT機器です。こういったエッジ(端)に近い場所でデータの処理を行うことで、ネットワーク経路やデータセンターに負荷が集中するのを防ぎます。これにより遅延が少なくなり、データを処理する上でより効率を高めることができるのです。

エッジコンピューティングに注目が集まる理由

このように「データを近くに置く」ことの重要度が高くなっているのはなぜでしょうか。

IoT時代の到来により、さまざまな機器が扱うデータの量は爆発的に増えています。それとともに、求められる処理のスピードとレスポンスもより高いレベルになってきているといえるでしょう。大量のデータを扱うためには、大規模なデータセンターが必要です。そういった理由からクラウドコンピューティングが注目されました。しかし、インターネットを介してクラウドへとデータを送り、それを処理して戻すという過程では若干のタイムラグが生じてしまうのです。

ロボットや産業機器のセンシング技術は日進月歩で進化し、その瞬間の状況を正確に捉えられるようになっています。しかし、データの処理とレスポンスにライムラグがあるとしたら、高度化したセンシング技術も意味のないものになってしまいます。

精密で複雑な動きをする機器には、精度の高いIoTが求められます。これに対応するには、できる限りリアルタイムに近い情報のやり取りが必要です。それを実現するエッジコンピューティングは、IoTが次の段階へと進むために必要な技術として注目されています。

エッジとはどこか―クラウドとオンプレミス

では、エッジコンピューティングの「エッジ(端)」とは、正確にはどこを指すのでしょうか。
そもそもエッジコンピューティングは、情報分析とそのレスポンスの遅延をなくしリアルタイム性を上げることを目的としています。そのために、クラウド側ではなく「現場の最前線」で情報を処理するのがエッジコンピューティングです。

このことから、集中処理型であるクラウドコンピューティングに対して反対の性質を持つのがエッジコンピューティングだと思われることもあります。しかし、本来の意味では、クラウドと対比されるものはオンプレミスです。

では、エッジコンピューティングと従来のオンプレミスはどう違うのでしょうか。

エッジコンピューティングでは、全てのデータをオンプレミスで処理するわけではありません。エッジ側でやれることと、クラウドに送った方がよいものを分けることによって、それぞれのメリットを最大限に活かす、使い分けをするのが最大の目的です。

大量のデータを的確に処理しなければならないときや、よりリアルタイム性の求められる情報はエッジ側、つまりオンプレミスで行います。一方、大規模な連携や集約が必要な情報や、処理速度の影響が少ない情報はクラウドで行うことで、データの管理にメリットが生まれます。こういった「情報をどこで処理するかの役割分担を的確に行う」のが、エッジコンピューティングの本来の姿だといえます。

エッジコンピューティングがもたらす5つのメリット

では、エッジコンピューティングによって具体的にどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。次の5つはエッジコンピューティングの代表的な効果です。

  • 遅延の少ないリアルタイムなデータ処理
    クラウドにアクセスする場合、データを送信してから処理して受信するまで、数百ミリ秒から数秒のタイムラグが発生します。リアルタイム性が求められるデータについてはエッジコンピューティングを使用することで、タイムラグを小さくすることができます。これによりデータのやり取りにかかる遅延を小さくし、リアルタイムなデータ処理が可能です。
  • トラフィックの最適化と安定化
    IoTの進化と普及は、今後さらにデータ通信量を増加させていくでしょう。これらのデータを全てクラウドに集約させるとすると、その通信経路やデータセンターにおいて「データの渋滞」が発生する可能性が予測されます。こういったデータの渋滞は、データ送受信の遅延だけでなく、クラウドサービスに何らかの障害を発生させるリスクもはらんでいます。
    エッジコンピューティングを併用することで全てをクラウドに集約せず、処理可能なものはエッジ側でデータを処理するようにすれば渋滞の解消につながります。こういった、データトラフィックの最適化と安定化もエッジコンピューティングの大きなメリットの1つです。
  • 通信コストの削減
    大量のデータをクラウドに転送する場合、当然、通信量が多くなります。そうするとデータ転送にかかるコストが多くかかってしまうでしょう。エッジコンピューティングを併用することで、クラウドに送らなければならないデータや通信量の削減につながるため、通信コストを削減することも可能です。
  • 情報セキュリティの強化
    多くの企業情報や個人情報をクラウドに蓄積する場合、そこには常に漏洩や外部からの攻撃といったセキュリティリスクが付きまといます。しかし、エッジコンピューティングにおいて、エッジ側でデータを処理する場合にはクラウドとデータを送受信する必要がないため、漏洩リスクの軽減につながります。
  • BCP
    エッジコンピューティングはBCP(事業継続計画)にもなります。もし全てのデータをクラウドで取り扱い、そのクラウドサービスがダウンしてしまったらどうでしょう。そのデータを必要とする事業の多くが立ち行かなくなってしまうこともありえます。
    エッジコンピューティングにおいて、エッジ側で必要なデータを取り扱っていれば、クラウドサービスがダウンしたとしても稼働を継続できます。つまり、有事の際に優先して復旧、継続すべき事業にエッジコンピューティングを導入しておくことが、BCPにつながるのです。このように、エッジコンピューティングを有効に利用することで、事業の持続可能性を高めることもできるのです。

このように、エッジコンピューティングを適切に構築・運用することでさまざまなメリットが得られます。大切なのは、、どこでどのように処理するのが最もメリットが大きいかを見極めることです。

エッジコンピューティングが支えるこれからの産業

エッジコンピューティングとはどのようなものか、また、それを使うことによってどのような効果が得られるかをご紹介しました。IoTがさまざまな分野・産業において重要となっていくのと同時に、エッジコンピューティングに対する期待と注目も高まっています。これからさらにIoTが浸透し、常識となっていくでしょう。そのとき、それを支えるのはエッジコンピューティングなのです。

参考:

© 2019 Stratus Technologies.