今日、爆発的に増加する IoT デバイスからデータを収集して処理する方法を向上させるためにエッジ コンピューティング システムに注目する会社は増え続けています。その数は驚異的です: Cisco の調査によれば、IoT データは 2019 年までに 507 ゼタバイトを超える可能性があります(1 ゼタバイト = 1 兆ギガバイト)。

しかし、エッジシステムに移行しようとすると、いくつかの課題に直面することになります。従来の方法でさえも、リモート データ センターやクラウドにおけるデータ収集、処理、分析には困難が伴います。このようなコンピューティング モデルに利点もあるもの、IT スタッフが限られている、接続の質がよくない、または時間的制約のある環境での対応にはあまり適していません。まさにこれが通常のエッジで見られる状況なのです。

オペレーション テクノロジー (OT) スタッフにとっては特に難しい条件です。ほとんどの場合、IT 部門はすでに非常に多忙で、エッジ システムの優先順位は高くありません。このため、エッジ環境を運用する会社は、OT 専門家に依存することが多くなります。しかし、問題が発生したときに、それを解決するために誰かを派遣するのは、時間や費用の観点から、好ましくありません。

エッジ コンピューティングの詳細について、また、特にエッジ コンピューティングから最大のメリットを得られるさまざまな例、産業、ユース ケースについてご興味をお持ちですか?