定評のあるマーケティング調査会社である IDC は、エッジ コンピューティングが 2021 年までに 34 億ドルの市場機会を提供するであろうと述べています。これは、エッジ コンピューティングが単なる流行ではなく、多数の製造会社にとって不可欠な取り組みになっていることを意味します。

ストラタスが今年の上半期に掲載した 4 つのトップ記事は、エッジ コンピューティング、そしてそれが業界にもたらす近代化のメリットへの関心が高まっていることを示しています。

エッジで実行

製造業界は、クラウド コンピューティングの原則やエッジ コンピューティングの採用など、インフラの近代化をますます重視するようになっています。ストラタスの社長兼 CEO、デビッド・ローレロが、IIoT によるリアルタイムのデータ収集が行われる中、従来のデータ サイロがどのように崩壊しているかについて語ります。

「電力会社では長大なパイプラインからの情報を何千ものセンサーにより収集し、ビール会社ではデータ分析と優れた経済計算に基づいて季節にあったビールをスケジュール通りに配送しています」

デビッド・ローレロは、ビジネスクリティカルなアプリケーションを工場の現場レベルで実行するための新しいアプローチについて説明し、ストラタスの新しい ztC Edge 製品、「運用技術 (OT) 部門が毎日安心して使用できる IT フレンドリーなプラットフォーム」を紹介しています。

IIoT コストのトレンドがクラウドとエッジ戦略に与える影響

エッジ戦略の導入計画を進める製造企業が増える一方、コストに対する懸念の重要性も急激に高まっています。ストラタスの Senior Director of Industry Solutions (工業ソリューション上級ディレクター) のジョン・フライヤーがこれらの懸念について解説し、組織がエッジ コンピューティングなどの IIoT 戦略を導入した場合に予測されるコストと ROI について説明します。

ジョン・フライヤーは、クラウドベース ネットワークの進化と、エッジ コンピューティングの創造の原動力となった問題点について順を追って説明します。この投稿では、エッジの成長にともない、自動化されたタスクが工場の現場に徐々に浸透し、フェイルセーフで管理が簡単なエッジ システムへの依存が高まるしくみについて解説しています。

エッジ コンピューティング インフラストラクチャ設計のためのベスト プラクティス

グローバル インテリジェンス企業、IDC の Group Vice President (グループ バイス プレジデント)、アシッシュ・ナドカルニ氏が、製造企業の近代化の取り組みにおいてエッジ コンピューティングがどのような役割を担うかについて説明します。この記事では、CIO やその他の IT リーダーがエッジ戦略のデプロイを成功させる方法について説明しています。デュー ディリジェンス推奨事項のリストも含まれます。

ナドカルニ氏は、「一見するとエッジ コンピューティングは非常に均質に見える」が実際は「さまざまなアセットの複数のティア」であり、フィールド デバイスとコア システムとの重要なリンクとしての役割を担うことについて解説しています。この複雑さ、そして業界全体としの標準が存在しないことが理由で、カスタムで構築するエッジ ソリューションが必要になっています。

ナドカルニ氏のブログでは、ストラタスの ztC Edge などの製品を使用してゼロから構築することを推奨しています。次に、エッジ デプロイメントを成功させるために必要な要件をリスト形式で詳細に説明しています。

ダウンタイムが論外である理由 (英語の動画)

バージニアに拠点を置くニュー ケント群公益事業部門の Operations Superintendent (オペレーションズ最高責任者)、ハロルド・ジョーンズ氏が、ダウンタイムの脅威を排除する仮想システムに移行することが必須だった理由を説明します。

ニュー ケントの上下水管理を行う組織として、フェイルセーフなシステムの導入は優先事項でした。ビデオの中でジョーンズ氏が述べているように、「ダウンタイムは論外です。完全にダウンしてしまう場合の悪影響は大きすぎます。」

公益部門は、第 2 のバックアップ サーバを含む複雑なサーバ システムに依存していました。問題は「何か不具合があったときには、悪影響が出た後にその不具合が見つかることです。」このケース スタディのビデオでは、組織が、簡単に使えて、ダウンタイムの脅威を排除する仮想環境にどのように移行したかを説明しています。