「機械化のための出費を出し惜しんでも、 最終的には同程度の代償を支払うことになるだろう。しかも、機械は手に入らぬまま。」 – ヘンリー・フォード

産業オートメーションのことを熟知していたフォードは、彼の生産ラインを稼働させ続けるすべを心得ていました。本当に必要なものを得ることを先延ばしにす れば、必ず後悔することを経験から知っていたのです。倹約によって一時的には節約できたとしても、長い目で見れば、予測不能なコストが発生することでそれらは相殺されてしまいます。本当に必要なものは、必要なタイミングで買った方がよいのです。

このことは情報処理にも当てはまります。アプリケーションを実行できるサー バを探して、複数の見積もりをとり、一番安いものを選ぶのは簡単なことです。しかし、当初のコストが低くても、システムが予期せず故障した場合の生産性低下によるコスト、安価な機器を導入したために頻繁に交換が発生することによるコスト、顧客の信頼の喪失、罰金のコストなどは考慮されていません。それよりも、ビジネスのニーズを入念に分析し、長期的に最大の投資利益率を得られる機器を特定することが賢明な選択となります。真の総所有コストを確実に把握すれば、最適な決断を下せます。

ストラタスは 37 年間に渡り、いかなる状況でも中断なく稼働し続けるデータ処理をお客様に提供してきました。ストラタスの ftServer および V-シリーズのシステムは完全に冗長なシステム コンポーネントを独自の方法でデプロイし、システムのどこで障害が発生したとしても、システム可用性や処理に影響を与えたり、何よりも一番大事なデータの消失を招いたりすることなく、乗り切ることができます。加えて、この本質的に冗長なアプローチでは、コンピューティング サーバのセットアップ、保守、および修理が非常に簡単です。予期せぬダウンタイムが許容できないビジネス アプリケーションを使用する多くのユーザーたちが、危機を未然に防ぐために、ストラタスのシステムを検討しています。特に、最新のストラタス第 9 世代 ftServer 用 VMware vSphere 6.5 リリースでは、最先端の Intel® Xeon® 処理、およびサイズと性能が向上したメモリによって、膨大な量の計算とデータを扱えるようになりました。ftServer for VMwareの詳細はこちら

Chuck Hafemann, Senior Product Manager, Platforms, Stratus Technologies

About Chuck Hafemann, Senior Product Manager, Platforms, Stratus Technologies