「一オンスの予防は一ポンドの治療に匹敵する (備えあれば憂いなし)」

– ベンジャミン・フランクリン

フランクリンは頭脳明晰でした。危機回避は、危機が当然引き起こす混乱の収集よりもはるかに好ましいことを知っていました。

これは情報処理にも言えることです。37 年間にわたり、ストラタスはコンピュータ業界において、危機を未然に防ぎ、危機の後に訪れる混乱を収拾しなくて済むようにしてきました。ストラタスの ftServers システムと V-Series システムでは完全にシステム コンポーネントを冗長化し独自の方法でデプロイし、システムのどこで障害が発生したとしても、システム可用性や処理に影響を与えたり、データの消失を招いたりすることなく、乗り切ることができます。

ストラタス システムのユーザは、コンポーネントが故障してもシステム可用性を失うことが決してありません。加えて、この本質的に冗長なアプローチでは、コンピューティング サーバのセットアップ、保守、および修理が非常に簡単です。ダウンタイムを許容できないアプリケーションを使用するビジネスは、危機を未然に防ぐために、ストラタスのシステムを検討しています。

特に、本日リリースされた最新のストラタス第 9 世代 ftServer は最先端の Intel® Xeon® 処理、およびサイズと性能が向上したメモリによって、膨大な量の計算とデータを扱えるようになりました。ストラタスの社内ベンチマークでは、旧バージョンと比較してアプリケーションの速度が 34% 向上しました。他の機能改善によって、起動時間が短縮され、遠隔管理の応答性が高まりました。