世間を驚かせたミシガン州フリントの水道問題、カリフォルニア州の水危機、そしてハリケーンサンディーやマシューのような予期せぬ災害が引き起こしたニュージャージー州とノースカロライナ州の上下水道の流量増加などは、上下水道業界の重要な問題を浮き彫りにしています。これらは、老朽化した上下水道インフラストラクチャーの更新や交換(R&R)が行われていないこと、社会資本を改善するための資金調達が不十分なことなどが複合的要因としてありますが、その結果として引き起こされる予定外のダウンタイムは水道設備へ重大な問題をもたらします。 SCADA制御が止まることによって、いくつもの問題が発生します。たとえば、

  • 遠隔地にあるシステムを制御できない
  • 高信頼性システムとの連携が切断される
  • データの紛失/レポート生成の停止
  • 「可視性の喪失」:これは単独のプラントレベルから都市全体まで様々な規模に影響を及ぼします

しかし、老朽化した制御システムを刷新することによって、直ちに効果を出し、将来の用途に備えることができます。

従来の監視制御資産の課題は、ハードウェアや旧式/旧バージョンのオペレーティングシステムおよびソフトウェア、そして人員にあります。従来のハードウェアには通常、複数の単一障害点があり、故障発生率とサポートコストは5〜7年後に急激に増加します。旧式/旧バージョンのオペレーティングシステムとソフトウェアには、通常、サイバーセキュリティーの脆弱性が存在するため、長時間のダウンタイムが発生し、アップグレードを行おうにもこれは困難でコストも高くなります。人的な課題の中には、老朽化したインフラストラクチャーについての知識を維持しなくてはいけないということも含まれます。

これらの課題に対する解決策は仮想化にありますが、これはL2/L3モダナイゼーションを行う上で重要な要素です。仮想化テクノロジーをSCADAシステム上で実行するように実装することで、複数のアプリケーションが稼働するハードウェアプラットフォームの数を減らすことが可能です。さらに、コスト削減、運用上の改善、生産性の向上が実現できます。

ただし、仮想化はITの世界で広く受け入れられていますが、自動化分野のOT担当者はそれほど早くは決断できません。これは、従来のアーキテクチャーでは、仮想化システムのハードウェア障害が致命的だからです。つまり、単一の物理マシンは潜在的な単一障害点であるからです。

では、どうすればこれを防ぐことができるでしょうか?仮想化システムを保護するサービスは数多くありますが、Stratusは継続使用でき、運用が簡単で、さらに費用対効果の高いソリューションを提供しています。 StratusのftServerには、自動化されたアップタイムレイヤーと障害検出機能が提供されています。 プラットフォームの両方のレイヤーは厳格なロックステップで実行されます。一方のレイヤーに問題が起きた場合でも、データを損失することなく、シームレスに動作します。 Stratusは、詳細なシステムヘルスモニタリング、専門の可用性エキスパート、そしてシステムモニタリングと診断などを含む24時間365日の保守サービスも提供します。

SCADAインフラストラクチャーの近代化に関しては、既存資産の近代化とともに近代化計画の策定から始めてください。 次に、将来のためのIIoT計画を策定して実行します。

SCADAシステムを実行しているプラットフォームが全体的なパフォーマンスを劇的に向上させる方法の詳細については、Stratusの産業ソリューション シニアディレクター ジョン・フライヤー (John Fryer)、およびLogic Inc.のウェブセミナー(英語)をご覧ください。