デジタルの時代、ソフトウェアは最大の注目を集めています。しかし、ソフトウェアの性能がいくら優れていても、サーバおよびそれが実行されるネットワークの性能を超えることはありません。ソフトウェアがブロードウェイのショーならば、サーバはステージです。ステージが暗ければ、誰もショーを見ることはできません。

ソフトウェアによる製造の力を引き出すには、堅牢、セキュア、かつダイナミックな基盤が必要なのです。こうしたサーバ ネットワークを開発するにあたり、システム インテグレータは、信頼性が高いだけでなく、ネットワークの問題を自己診断できるカスタム ソリューションを提供する必要があります。この「ゼロタッチ コンピューティング」では、ラインの作業者とメンテナンス チームが自分自身のスキルと主要な任務に集中でき、ネットワーク技術者の仕事を行うよう要求されることはありません。

アナリティクス用の工場データを用意するクラウド コンピューティングの場合も、機器自体に近い場所でデータ管理速度を高めることのできるエッジ コンピューティングの場合も、サーバ ネットワーク、およびそれを提供するインテグレータは、私たちが今日知っている SCADA の世界を超えて、高速、インタラクティブ、かつ強力な運用管理ツールに移行するための方法を提供します。

以下のビデオでは、エッジ コンピューティングの基本について説明し、システム インテグレータその他の事業者がストラタスを使用してデータ可用性を高めている方法を示し、機器だけではなく公共の安全も保護する「ゼロタッチ コンピューティング」の実例を紹介しています。この情報は、適切な産業コンピューティング プロバイダの能力と可能性をよりよく理解するための、優れたロードマップとなります。

ファシリティコネックス (FacilityConnex)

インテリジェント監視システムプロバイダのファシリティコネックスが、オンサイト Historian で収集したデータを新しい分析ソフトウェアで処理するための最適な方法を調査していたときに注目したのは、エッジにシンプルさと信頼性をもたらすストラタスの最新 ztC Edge でした。