エッジコンピューティングはIoTに欠かせない技術になりつつありますが、決して万能の技術ではなく、現状ではまだまだ課題があります。ここでは、エッジコンピューティングと比較されることの多い、クラウドコンピューティングと対比させながら、エッジコンピューティングのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

クラウドコンピューティングのメリット

クラウドコンピューティングのメリットとは何でしょうか? それは、柔軟で効率的なシステムを構築できる点にあります。たとえば、ソフトウェアのアップデートがあった場合、基本的にアップデートはクラウドサーバーのみで済む場合が多いです。設定にもよりますが、クラウドサーバーにソフトのアップデートを行えば、クライアント側は自動的にアップデートされるのが普通です。

また、クラウドサーバーのリソース(メモリやCPUの占有率)は余裕のあることが多く、仮想化技術を用いて複数のソフトウェアを1台のサーバーで実行することにより、ハードウェアのコストを下げることができます。逆にいえば、同じシステムならサーバーの台数を減らしてハードウェアの使用効率を上げることができるということです。これはハードウェアのコスト削減につながります。

さらに、クラウドサーバーはサーバーセンターに集中して配置されているのが普通なので、人の移動が少なくて済み、人的コストを下げることができます。

つまり、サーバーセンターに集中配置することにより人的コストを下げ、さらに、1つのハードウェアで複数のソフトを実行することにより、サーバーの台数を減らすことができるので、ハードウェアのコストを下げることができます。管理コストを下げつつ柔軟なシステムを構築できるのがクラウドコンピューティングのメリットといえるでしょう。

クラウドコンピューティングのデメリット

次に、クラウドコンピューティングのデメリットを考えてみましょう。クラウドコンピューティングではデータはクラウドサーバーにあり、クライアントは常にネットワークを介してデータをダウンロードすることになります。したがって、ネットワークにトラブルがあるとシステム全体が使えなくなってしまうリスクがあります。

また、重要なデータがクラウドサーバーに集中するため、このデータを狙った外部からの攻撃が来ることも考えられるでしょう。怖いのは、集中的にデータが保管されている分、一旦クラウドサーバーのセキュリティが破られると、データがすべて外部に流出してしまう可能性があるということです。

加えて、クライアント側との通信が常時発生することやクラウドサーバーで多様な処理を行う必要があることから、スピードが低下することもデメリットといえます。また、一概にはいえませんが、システム構築のプランニングを誤ると、意外とコストがかかる場合があります。

つまり、クラウドコンピューティングの主なデメリットは、セキュリティとスピードの点で不利になる場合があることだといえるでしょう。

エッジコンピューティングのメリット

それでは、エッジコンピューティングのメリットは何でしょうか? エッジコンピューティングでは、デバイスとネットワークの端(エッジ)で処理をします。つまり、デバイスとネットワークの交わるところで分散して処理を行うわけです。したがって、クラウドコンピューティングに比べてスピードの点で圧倒的に有利といえるでしょう。

また、デバイスからのデータは基本的にエッジサーバーに蓄積されます。つまり、すべてのデータがクラウドに送られるわけではなく、データが分散して蓄積されます。したがって、一か所のサーバーのセキュリティが破られても、必ずしもシステム全体のデータの流出にはつながりません。

以上のことから、エッジコンピューティングは、分散という特徴から特にスピードの点でクラウドコンピューティングに比べてメリットがあるといえるでしょう。

エッジコンピューティングのデメリット

反対に、エッジコンピューティングのデメリット、つまり課題について考えてみましょう。基本的には、ラインや拠点の数だけエッジサーバーが必要になるので、サーバーの数が多くなり、システムが複雑化します。したがって、ハードウェアの数も多くなり、サーバー数の増大やシステムの複雑化に伴ってシステム開発、および運用のハードルが上がってきます。以上のことから、ハードウェアのコストやソフトウェアのコスト、管理コストが、クラウドコンピューティングよりも高くなりがちです。

また、エッジサーバーの記憶容量には限界があり、過去からのすべてのデータが永遠に記憶されているわけではありません。ある一定期間経過するか、分析結果をクラウドサーバーに送った後は、分析に使ったデータは消されてしまうことが多いのです。

以上のことから、コストの高さ、特にイニシャルコストの高さがエッジコンピューティングの主な課題といえるでしょう。

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの使い分け

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティング、双方のメリット・デメリットについて見てきました。エッジコンピューティングのメリットはスピード、デメリットはコストの高さということが理解できると思います。これは、クラウドコンピューティングのメリット・デメリットと、ちょうど逆のパターンともいえるでしょう。つまり、コストと効率を重視するならクラウドコンピューティングを選択し、スピードが要求されるならエッジコンピューティングを選択するのがベストな選択と考えられます。

たとえば、営業の事務作業の省力化はできるだけコストを下げて効率を上げる必要がありますが、事務作業にはミリ秒単位のスピードは要求されないのが普通です。つまり、スピードはあまり重視されません。このような場合にはしっかりプランニングされたクラウドコンピューティングを選択した方がコストを下げることができるでしょう。その方が実用的なスピードを維持しつつ効率を上げることができるはずです。

これに対して、生産現場ではミリ秒単位でのデータ収集が要求されるようになっています。このような場合にクラウドコンピューティングを選択すると、スピードの点で要求した水準に達しない場合が多いかもしれません。この場合は、エッジコンピューティングを選択した方が、要求スピードを満たす可能性が高いといえるでしょう。なお、コストの問題も、イニシャルコストの高さにうろたえることなくエッジコンピューティングを導入して、生産ラインの効率化・IoT化を図った方が、長い目で見たときには、きちんと採算がとれる場合があるようです。

エッジコンピューティングの導入は、長い目で見るとよい。

今回は、クラウドコンピューティングと比較しながらエッジコンピューティングの課題についてご紹介しました。現状では、特にコスト面がエッジコンピューティングの大きな課題といえますが、システム開発の開発手法の改善や、ハードウェアの低価格化によって、少しずつ改善していくことも期待されます。本文でも述べたように、重要なのはシステムが導入される場所と目的で、やりたいことや期待することを明確にして最適な選択を行なっていきましょう。

© 2019 Stratus Technologies.