IOT Journal 特集記事 (英語)

飲料メーカー、特にビール会社は、計画と物流において非常に複雑な課題を抱えています。まず、予測可能な変動として、秋のパンプキンビールやクリスマスシーズンに合わせたブレンドなど、季節やホリデーにより発生するものがあります。これに加え、予測不可能な変動もあります。たとえば、レモン農園で遅霜の被害が出たため、夏に人気のシャンディーで使用するレモンが入荷できない場合や、他社の新製品の登場により需要に影響が出る場合などがあります。さらに、消費者の好みの変化も戦略に大きな影響を与えることがあります。特に、今日のように多くの新規企業が参入し、既存の市場を揺るがしている状況ではなおさらです。

これら、予測可能な課題と予測不可能な課題の両方に対し、ビール会社はどのように対応すればよいのでしょう。まず、不測の事態に対する事前対応型の計画と、重要な生産設備の管理が必要です。ビール業界は、多くの重要な側面で新しい IIoT (産業分野のモノのインターネット) テクノロジーを有益に活用できるという、非常に独特な立場にあります。

ビールの安定的な生産

年間を通じて、重要な生産用およびパッケージング用設備を最大の効率で稼働し続けることは、生産の要求を満たす上で極めて重大です。これら設備の仮想環境を作成し、生産およびパッケージングの環境全体に IIoT センサーを設置することで、収集したデータを処理するための高度な分析機能を導入したビール会社は、生産が停止する前に機器の遅滞や故障を予測することができます。最悪の場合でも、センサーが問題の根本原因を特定するための重要な情報を提供してくれるため、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

また、この情報をサプライチェーンのすべてのサプライヤーと共有して、発生する可能性のある問題を避けることができます。たとえば、レモン農場の IIoT 分析によりレモンの品不足が予測され、製品の生産に遅れが生じる可能性がある場合、この情報はほぼリアルタイムでビール会社に提供されるので、ビール会社は対応計画を迅速に開始して、品不足による利益への影響を防ぐことができます。

生産効率の向上

ビール会社は効率的なシステムを運用しています。小規模なビール会社は通常 1 つまたは 2 つの生産システムで、4 種類から 8 種類の異なる風味のビールを生産しています。ベーカリーが同じオーブンでマフィンやクッキーを焼くのと同様に、ビール会社は同じラインを使用して、同じ設備で幅広い風味のビールを生産しているのです。また、優れた効率性に加え、生産プロセス全体を通じたデータの保護と、データの信頼性の確保も必要です。

ビール業界のようにサイクルの長い業界では、信頼性の高いデータに基づいた堅実なプロセスが必要です。データが損なわれても製造バッチ全体を廃棄しなければならないとは限りませんが、ビール会社は不良なデータと分析に起因する不確実性に直面します。さらに、データが損なわれると、運用を再開してシステムの効率性を最高の状態に戻すために必要な、高度な保守機能とサポート機能の重要性が認識されるようになります。このため、ビール会社は障害の起きないシステムに進んで投資し、その必要性を認識しています。

いつも変わらない最高の味わいを

ビール業界では、消費者の好みに合わせた製品を提供することが成功の鍵となります。消費者は、いつも変わらない最高の味わいを期待しています。このようなニーズを満たすために、ビール会社は、年間を通じて厳格な品質管理プロセスを実施する必要があります。しかし、需要が増加する季節や急激に需要が増加する時期に生産量を拡大すると、品質管理は非常に困難になります。IIoT は、リアルタイムのインライン分析で品質の維持を支援します。化学/分光分析を使用して生産ライン上でリアルタイムのサンプル テストを実施し、テストデータは IIoT を通じて一元化された品質管理システムへ即時に提供されます。これによって、発生する可能性のある品質上の問題を早期に発見でき、品質の問題による潜在的なリスクとコストを最低限に抑えて、ブランドに対するダメージを防ぐことができます。

また IIoT テクノロジーでは、生産プロセス全体を通じてデータを収集することにより製品の追跡とトレーサビリティを向上させ、リアルタイムの問題対応、および履歴データによる傾向分析と修正措置の両方を向上させることができます。これによって、消費者の期待どおりの、いつも変わらない最高の味わいを提供することができます。

トレンドの変化に対応できる俊敏性

わずか数年前に、パンプキン ビールの人気がこれほどまでに盛り返すと予測した人は一人もいなかったでしょう。しかし、現在ではおびただしい種類のパンプキン ビールが生産されています。ビール会社にとって、ビジネスの俊敏性は今後ますます必要不可欠なものになっていきます。IIoT テクノロジーとデータ分析のメリットを最大限に活用すれば、重要な資産の管理に加え、品質保証、予測の精度、物流の調整を継続的に向上させることができます。

また、このようなシステムを導入するビール会社は、製造工場におけるインテリジェンスをクラウドベースのアプリケーションと組み合わせるようになるため、工場側のシステムが連続可用性を備えていること、および特別な訓練を受けた IT サポートを必要とせず、既存の工場の従業員で簡単に管理できることが重要です。大手ビール メーカーか、地ビール メーカーかに関わらず、このことが事業の俊敏性につながります。サプライチェーンと生産プロセスの全体に対する可視性を高め、リアルタイムで対応可能な情報として受け取れるようにすることで、今日の予測が難しい、消費者主導型の市場で競争に勝ち残るために必要なインテリジェンスを獲得することができます。