従業員の退職によって、その従業員の持つ重要な知見が組織から失われてしまうことがよくあります

このような情報の損失は、長年にわたり培ってきた専門知識と業界固有の洞察を持つ熟練したチームメンバーが退職する場合に特に問題となります。このような混乱を緩和し、従業員が退職してもベストプラクティスを維持することは、ここ最近の問題ではありません。しかし、労働力の高齢化に伴う世代交代への準備が遅れていた組織は、ある世代の労働者がいっせいに退職する時期になって初めて、やらなければならないことが膨大であることに気づきます。

フィナンシャルタイムズの記事「Keeping the know-how of a retiring generation(引退世代のノウハウを守る)」の著者Andrew Baxter氏は、次のように述べています。「今後数年で7600万人から7800万人の米国の団塊世代の最年長世代が、退職年齢に達します。Accounting Ageによる統計情報によると、「米国では4500万人近くの団塊世代の人々が働いており、2015年現在の労働力の約29%を占めています。」要するに、労働力のかなりの割合は、まだ退職していないとしても、間もなく退職するというわけです。

公共事業業界は潜在的に非常に大きな知識の損失に直面している分野のひとつです

米国公営電力協会(APPA)が実施した労働力調査では、今後5年以内に公共事業会社の従業員の20%が退職の対象になると報告されています。このような見解があるにもかかわらず、多くの退職者により業界が影響を受ける時期を予測することは、以前ほど容易ではありません。ほとんどの年金が雇用主によって管理されていた時代には、いつ、そして何人の従業員が引退するかを予測することは簡単でした。しかし、今日、ほとんどのアメリカ人労働者は401(k)のような確定拠出個人年金制度を利用しているため、雇用主が退職日に関する信頼できるデータを得ることはより困難になっています。

歴史的に、組織は育成計画を開発し、年長の労働力が次世代を訓練できるようにしてきました。これにより組織的な知識だけでなく、長年の経験に伴う無形のノウハウを共有する機会を提供してきました。しかし多数の従業員が同時に退職することを考えると、これは現実的ではないことがわかります。さらに、この伝統的なアプローチを採用している業界は、従業員の離職による知識の損失に対しては相変わらず脆弱なままです。

自動化によってのみ、熟練メンバーを失う影響を軽減することができます

Emerging Technology: The Solution to Today’s Aging Workforce(最新テクノロジー:今日の高齢化する労働力に対するソリューション)」の著者John Fryer氏は次のように述べています。「監視、データ収集、分析などのタスクのための自動化システムを導入している企業は、新入社員が仕事を覚えるまでの期間が数年から数週間または数ヶ月レベルにスピードアップしていることに気付くでしょう。」

タスクを自動化することは、効率性だけでなく自由ももたらします。工業プラントの予知保全のような活動は、ワイヤレス監視機器を使って行うことが可能で、実際には時間とコストを50%削減することができます。自動化により、従業員は自分の職務に関する無形の知識を次世代に継承することも含め、重要な職務に集中することができます。

利用可能な最善のソリューションの1つがStratusztC Edgeです。Stratus ztC EdgeITスタッフの負担を軽減しながら業務効率を高め、重要な知識移転のような他の優先事項にもっと集中することを可能にします。

© 2019 Stratus Technologies.