世界では5Gのサービス提供が開始され、通信網がどのように変化していくか注目が集まっています。そういった環境の中で、産業分野での期待が高まっているのがローカル5Gです。ローカル5Gとはどのようなものか、普通の5Gとはどう違い、どのような場面での活躍が期待されているのかをご紹介します。

ローカル5Gとは

ローカル5Gとはどのようなものかを考える前に、5Gとはどのようなものかを振り返ってみましょう。

第5世代移動通信システム、すなわち5Gは、これまで歩んできた移動通信システムの進化をさらに加速させ、これからの時代に活躍できるシステムを目指したものです。その要件として、「高速・大容量」「低遅延」「多数同時接続」の3つを満たすことを前提としています。

5Gとは、新たに発明された通信手段ではありません。上の3つの要件を満たす通信システムを5Gと名付け、それを実現できる通信手段を確立することを目標として開発が始まったものです。よって、通信手段はこういった方法と決められているわけではなく、現在も3つの要件をより高効率に達成する手段を模索しています。しかし、まもなくサービス開始という段階ですので、すでに通信手段はある程度絞り込まれています。

こういった5Gの通信手段は、主に情報通信関連企業によってサービスが展開されますが、それらの企業の用意した通信網に依存せずに5Gを利用する方法もあります。それがローカル5Gです。ローカル5Gとは、情報通信関連企業に依存せずに5Gの通信環境を自前で構築し、産業全体で活用しようというものです。

ローカル5Gは会話やメールでの活用ではなく、産業分野での情報通信で活用されることを想定しています。特に、インターネット通信が前提であり大量のデータをやり取りする必要があるIoTやスマートファクトリーなどで期待されています。

ローカル5Gは従来の通信網や普通の5Gとどう違う?

このようにローカル5GはIoTを産業と結びつける上で大きな期待を集めています。しかし、多くの企業では、すでに事業所や工場ごとにネットワークを構築し運用しているのが現状です。こういった既存の無線LANやLPWAからの切り替えは、果たして必要なのでしょうか。

こういった疑問の声に対し、ひとつの回答となるのが「切り替えは必要がない」というものです。完全に切り替えるのではなく両立が進むと予想され、すでに整備されているネットワークとローカル5Gは住み分けが進むと考えられているのです。

さまざまなデバイスからの接続を考えたとき、無線LANはメリットが多く有利になります。しかし、セキュリティ面ではローカル5Gが有利です。

多数同時接続という面から考えると、LPWAも数km先から接続が可能で遅延も小さく十分に活躍できます。しかし、大量のデータが同時に送信されるとなると遅延が発生するためローカル5Gが有利となり、リアルタイム性の面でもローカル5Gが優秀です。

このようにそれぞれ利点があり、既存のネットワークとローカル5Gは住み分けが進む可能性があると考えられていますが、通常の5Gとローカル5Gでは何が違うのでしょうか。

5Gは国内キャリア4社を軸にサービス提供されます。この国内キャリアによる5Gは、順次サービス提供エリアを拡大していくと発表されています。つまり、最初から全国どこでも利用できるわけではなく、場所によってはいつサービスが提供されるかわからないということです。

一方で、ローカル5Gはこの提供範囲にとらわれることはなく自社内で構築でき使用開始が可能です。また、利用料金の面でも違いがあります。キャリアに支払うか、ネットワーク構築を依頼したベンダーに支払うかといった違いがありますが、一般的にベンダーの設定する料金のほうが低価格になると見られています。

ローカル5Gが求められる場所・必要な局面とは

ローカル5Gはどのような場所や局面で必要となるのでしょうか。その活躍が期待される3つの分野をご紹介します。

ものづくり分野―生産の現場で

生産の現場ではIoTが一般化し、今後扱うデータ量はさらに膨大になっていくことが予測されます。また、ロボットの動作を考えたとき、精度と効率を向上させるためには情報のリアルタイム性も重要となっていきます。

こういった課題に対し、ローカル5Gがソリューションとなる可能性を大いに持っています。自動化・人手不足解消といった大きな課題解決のほか、ケーブルレス化によるライン変更の容易化、AI活用による精度向上なども想定されます。

このように多くの恩恵が考えられるものづくり分野は、ローカル5Gの効果がもっとも期待されている分野といえるでしょう。

医療と健康―ヘルスケアの現場で

ヘルスケアの現場においても、ローカル5Gは大きな効果を生むと期待されています。

個人の健康状態に関する情報は、「究極の個人情報」と呼ばれるほど重要なものです。このため、ヘルスケアの現場では個人情報管理のセキュリティが非常に重視される時代です。同時に、医療データも高度化し、取り扱うデータ量も増大しています。

これらの面で課題解消につながると考えられているのがローカル5Gです。

患者データの転送システムや遠隔管理システムにより、医師を含む医療・介護従事者の不足を解消することも期待されています。また、多くの医療現場が直面しながらも解決できていない、煩雑な配線事情という現場レベルの課題解消にもつながります。

生活を守る―インフラ・プラントの現場で

ローカル5Gの利用が期待されるもうひとつの分野が、大規模プラントの現場です。

インフラを支えるような大規模プラントでは、より確実で精度の高い作業が求められます。作業の精度と確実性を求めた結果、制御システムには二重三重の安全対策が組み込まれ、膨大な数のセンサーが使われるようになりました。これにより、センサーから送られるデータ量、機器類との通信量は増大する一方で、機器の作動は俊敏さが求められ、リアルタイム性の重要度は高くなっています。

このような膨大なデータ通信、リアルタイム性の確保といった課題を解消する手段としてローカル5Gが期待されているのです。

作業の確実性を求めたとき、標準化と非属人化は必須ともいえる条件です。標準化と非属人化を達成するためにはどのような手段があるでしょうか。その手段として研究が進んでいるのが、AIを活用した監視システムによる自動化です。また、ロボットを活用することで人手不足の解消にもつながります。こういったAI活用やロボットの制御にも、ローカル5Gの特徴は適しています。

活用が期待されているのは自動化やロボットだけではありません。大規模プラントにおいて、人と人との連携をなくすことは不可能であり、連絡や報告といったコミュニケーションを怠れば大事故につながる可能性もあります。ローカル5Gにより、遠隔でもコミュニケーションをとれる仕組みの強化、それによる指示・伝達系統の精度・リアルタイム性向上も期待される効果に含まれているのです。

ローカル5Gは一般的な5Gと別の使われ方が期待される

ローカル5Gの特徴と一般的な5Gとの違い、今後活用が期待される分野についてご紹介しました。

5Gが次世代の移動通信システムとして期待される中、ローカル5Gは主に産業での活用が期待されています。すでにいくつかの企業がローカル5Gのサービス提供に名乗りを挙げ、参入を表明しています。一般的な5Gとは別の使われ方として注目を集めるローカル5Gは、産業の変化をさらに加速させていく可能性を持っています。

© 2020 Stratus Technologies.