産業分野のモノのインターネット (IIoT) およびインダストリー 4.0 の進歩は、産業オートメーション(英語ポッドキャスト)の世界を大きく変革させています。データ収集とビッグ データ アナリティクスの大幅な増加がエッジで起こっています。それは工場の現場やさらに遠隔のサイトなど、多くはデータ センターや専門の IT スタッフから遠く離れた場所です。ローカル サイトのオペレータは、リアルタイムのフィードバックを利用して微調整を加えることにより、生産ラインの速度と効率を高め、故障を防止することができます。

これらのトピックは、Automation World 誌と、ストラタスの産業ソリューション上級ディレクターであるジョン・フライヤーがホストした最近の Web セミナー「インダストリー 4.0 と IIoT 戦略を成功裏に開始する方法 (英語ウェビナー)」で詳細に説明されています。以下でご紹介する、この Web セミナーの要点をご覧になると、スマート マニュファクチャリングと IIoT に関するいくつかの疑問に対する答えが見つかるかもしれません。

1) なぜ今すぐ近代化しなければならないのですか?スマート マニュファクチャリングはもはや単なるビジョンではなく、さまざまな業界のビジネスに大きな利益をもたらし始めています。IIoT は基本的に、生産の品質、一貫性、効率、信頼性を向上させることに焦点を置く、実績のある産業オートメーション(日本語動画)の原則を拡張したものです。事実、顧客のひとつであるガス パイプラインの敷設会社は、予測型メンテナンスでダウンタイムを排除することにより、1 千万ドルの経費削減に成功しました。

2) IIoT を試そうと考えていますが、大規模な改修と置き換えが必要ですか?いいえ、決してそのようなことはありません。クラウドと仮想化を柔軟に使用することで、IIoT を一歩ずつ段階的に導入し、次の段階に移る前に目に見える成果を確認することができます。実際、まずは IIoT のパイロット プランを実施して、メリット、スキルセット、時間枠を特定してから次の段階に進むことをお勧めします。

IIoT を最初に適用する分野を特定し、予想される KPI を特定したら、制御インフラのための IT ソリューションを計画してデプロイします。予算に対して最大の効果を得られるように、以下のテクノロジーとベスト プラクティスをお勧めします。

1) 仮想化機能が組み込まれているソリューションを使用する。すべてが格段に簡単になり、データとアプリケーションの管理、デプロイ、保護、拡張の費用対効果が高くなります。また、クラウドに接続して企業全体でデータを共有する仕組みを最適化できます。

2) ダウンタイムを防止し、回復までの時間を短縮し、データが失われないように保護するソリューションを選択する。すなわち、統合された冗長な自動化サービスとリモート監視により、センサー、PLC、その他デバイスからのテータ ストリーミングが常に利用可能になるようにします。

3) 最適な総所有コストを確保するために、現在使用中の環境に簡単に統合できるソリューションを探す。IIoT には、自動化システムと IT システムとの間の通信と相互運用性、およびアプリケーションが両方の環境で簡単に拡張できるようにするための機能が不可欠です。

4) 運用の簡単さは必須。運用技術チームが 1 時間でシステムの設定を完了し、稼働状態に移行できるよう、事前構成済みのシステムであることが望まれます。IT 管理タスクは自動化され、バックグラウンドで実行される必要があります。

Kristin Schepici

About Kristin Schepici