ftServerの特長

シングルシステム

ハードウェアの冗長化によるシンプルなシステム

ストラタスのftサーバ(ftServer)はハードウェアで冗長化してあり、OSやソフトウェアからは単一のシステムと同様に認識します。クラスタのようにアプリケーションを変更したり切り替え処理を組み込んでテストする必要はありません。また、バックアップ用にソフトウェアのライセンスを購入する必要もありません。

あくまでも1台のサーバ=容易なシステム構築・運用

ftServerでは、CPUボード(CPU、メモリ、電源を搭載)が二重化され、2つのCPUが同一命令を常に同じタイミングで同期をとりながら処理の実行を行っています。(「ロックステップ」と呼んでいます)
これにより、OSやアプリケーションからは、1台のハードウェアとしてしか見えません。
(2台のサーバをソフトウェアで制御して切替えるクラスタシステムとは大きく異なります)

もちろん、インストールするOSやパッケージ・ソフトウェア/アプリケーションは1本だけです。

仮に1つのCPUボードに障害が発生した場合、当該ボードをシステムから切離しても、もう1つのCPUボードが処理を継続していますので処理は中断せず稼動し続けます。
また、OSやアプリケーションにも全く影響を与えることはありませんのでOSやアプリケーションからは正常にハードウェアが稼動しているようにしか見えません。

I/Oとストレージは完全二重化になっています。PCIバス、通信アダプタ、ストレージ・アダプタ、ディスク装置の障害を自動検出し、残りのコンポーネントを使用して処理を継続します。

Windows/Red Hat Enterprise Linux/VMware オペレーションシステムに手を加えることなく搭載しておりますので、一般に流通している市販アプリケーション・パッケージがそのまま稼動します。また、クラスタシステムのような複雑なスクリプトの記述・アプリケーションの設定などは一切必要ありません。

ログイン・会員登録
見積依頼、資料ダウンロードにはログインまたは新規会員登録が必要です。

関連情報

導入事例

パートナーリスト

セミナー・教育

ブログ (日本語版)