everRunの適用分野

ストラタスのeverRunならば一般のPCサーバを2台、利用しフォールトトレラントな環境を実現しますので、サーバのハードウェアの障害による業務中断、業務停止、貴重なデータの損失を防ぐことが可能です。(FTモード利用時)シンプルな構成で、運用・保守も非常に簡単です。

電子カルテ(医療)

生産ライン制御・管理(製造)

受発注システム(流通)

ビル管理システム

IP-PBX

各種モニタリングシステム

電子カルテ(医療)

現在の病院は複数のコンピュータシステムから成り立っているといっても過言ではありません。
手術用のシステム、検査・検診用システム、画像システム、薬剤のシステムなど様々な部門で利用されており、そのどれもが非常にクリティカルなシステムです。患者様の健康、生命にかかわるシステムだからです。
その中でも、中心的な位置づけにあるのが電子カルテのシステム。各部門のシステムと接続され、患者様の重要なデータを蓄えるシステムです。
診察中に利用できなくなったり、過去の治療履歴のデータがなくなるようなことが許されないシステムです。

生産ライン制御・管理(製造)

生産効率を向上するためにIndustrial 4.0やIIoTといった新たな概念の実現が加速している製造業。
そのためには生産ラインの停止を避けるため、例えば製造設備の故障予知など様々な新しい仕組みが検討されており、生産ライン制御・管理を行うコンピュータシステムも従来と比較し桁違いの情報量を取り扱うこととなってきています。
PLCを制御するSCADAや生産実行システムのMESは、リアルタイム性が必要で指図、実績等の情報の欠損は許されません。
従来パソコンを利用していたシステムではサーバを使うようになってきていますが、それだけでは可用性は得られません。
より少ない設備投資でより高い堅牢性を実現することが求められています。

受発注システム(流通)

24時間営業のコンビニエンスストアや早朝から深夜まで開店しているGMSやファーストフード店。
消費者の利便性を図り、激戦区では店舗数も1区画に数十店というところも。
そんな状況ですので、利用者の欲しいものがその場になければ即、機会損失。他店に移ってしまいます。
また常に新鮮な商品を販売するために1日に複数回の発注が行われます。
もし、その発注ができなかったら。。。また発注したものが予定通りに納品されなかったら。。。
1商品数円、数銭の利益で行われているビジネスで、これは危機的な状態です。
そのためにもセンター側の受発注システムは非常にミッションクリティカルなシステムと言えます。

ビル管理システム

様々な目的で利用されるビルの、エレベータやエスカレータ、空調設備や防災監視機器、これらもコンピュータシステムで制御、管理されています。
また立ち入りが制限されているエリアでは入室、退室にはカードリーダが使われ、IPカメラで監視されいています。
このカードリーダやIPカメラもコンピュータシステムで管理されています。
このシステムに問題があると、公共性の高いビルほど影響が大きくなります。
また高度なセキュリティが要求される施設、例えば空港や発電所のような場所では24時間での人の出入りの監視は必須です。
また過去の履歴といった情報も損失することは許されません。

IP-PBX

従来のPBXにかわり、PCサーバにソフトウェアベースのPBXをインストールして利用するIP-PBX。
電話はビジネスにおけるコミュニケーションツールとして必要不可欠なもの。
電話が通じないということは、その会社は休業と同じことなので、IP-PBXとして利用するPCサーバの可用性は非常に重要です。
しかし、処理能力はそれほど必要とはしないため、安価にかつ可用性を実現できないとコストバランスの悪いシステムとなってしまいます。

各種モニタリングシステム

セキュリティモニタリング、パフォーマンスモニタリング、システムモニタリング等々、様々なモニタリングシステムの必要性が増している昨今、収集するモニタリング情報の量も拡大し、情報の欠損は継続的なモニタリングを阻害します。
モニタリングシステムは全体システムの目であり耳となります。
セキュリティ違反はないか、パフォーマンスは維持できているか、システムに故障等の問題はないか。
24時間365日、常に監視しつづけ、どんな事象も取りこぼすことなく記録し、報告しなければいません

ログイン・会員登録
見積依頼、資料ダウンロードにはログインまたは新規会員登録が必要です。

関連情報

導入事例

パートナーリスト

セミナー・教育

ブログ (日本語版)