Stratus ztC Edge ソリューション

社会に浸透する「スマート化」は加速し続けています。製造業でのモノのインターネット (IoT) 採用に伴い、これらの新しいつながりが無数のデータ ポイントをもたらし、運用と経済の両面で効率化を進める可能性が開けました。ところが データ分析はデータ収集のスピードに追いついていません。エッジではリソースが不足し、企業ネットワークから離れているため、コンピューティングの管理が非常に難しいことがその理由です。しかし 状況は変わりました。ゼロタッチの、仮想化された、自己保護型コンピューティング プラットフォーム、Stratus ztC Edge は、産業分野のエッジ環境専用に開発されました。