新光証券

Hardware

ftServer の採用により新しい債券フロントシステム導入時の命題となっていた「信頼性」、「低コスト」をハードウェア面でも実現しました。また実装・運用面においてもクラスタ構築で生じるアプリケーションの修正、複雑な障害復旧手順といった課題を克服しています。