Stratus Technologies

予測・予兆判定で

「止めない」生産ラインを実現する術

これまで、製造業の現場における品質管理は、製造過程で造り出された部品や製品をチェックして、水準以上の品質を保っているかを判断するしかありませんでした。 しかし近年、IoT の普及によって蓄積されたデータから品質低下が起こりうる可能性を伝える「予測・予兆判定」の技術が現場に取り入れられつつあります。 予測・予兆管理の精度が上がれば、不良品の発生による歩留まり悪化の改善や検査簡略化によるコスト削減など、さまざまなメリットをもたらします。 そこで本ホワイトペーパーでは、現場において予測・予兆管理がどのように運用されるのかと、運用を進める上で特に重要となる「止めない」ための手法について イラストを交えストーリー風に紹介します。

例えば「止めない」生産ラインを実現するには?

生産品の品質低下や生産ラインのトラブル発生の予兆を効果的に感知できれば迅速に対処できます。そこで、AI と連携し、蓄積された過去の情報と照らし合わせ精度の高い予測・予兆判定を実現できるソリューションがあります。

ホワイトペーパーの入手には以下項目を入力して
ボタンをクリックください

Stratus Technologies
© 2019 Stratus Technologies. All Rights Reserved. Privacy Policy